釣りの前に参議院選挙に行こう!!

今日は参議院選挙の日です。


朝から毎年恒例のクマゼミの大合唱



すぐ傍から響き渡るのでベランダに出てみると、彼がそこで鳴いていた。


006_201607100930389f5.jpg


うるさいはず!!(苦笑)



007_201607100930394e5.jpg
(この画像の中に5匹いる!)



アゲハの幼虫くんたちもミカンの葉っぱをモグモグと食べて、見るたびに大きくなっている。 ^^;




さて、「政治家なんて・・誰がなっても一緒!!」と言う言葉が若い頃から嫌いだった。



確かにそう思うことは多々ある。



しかし、当たり前のように参政権があることが重要なのです。



社会を鳥瞰すると、いたるところに問題山積。



不平や不満は探せばいくらでもある。



あなたや私が「こうあって欲しい!」と願うことを叶えてくれそうな立候補者を選ぶことができる。


・アベノミクスの効果が地域経済に行き渡っているか?
・地方創生はどうなっているのか?
・貧困の連鎖を食い止められるのか?
・膨らみ続ける社会保障費の給付と負担は今のままで良いのか?
・・・。


せっかく貰った権利を棄ててはダメだ。


009_20160710093040d72.jpg



たった1枚の紙切れかもしれないが、この紙切れが数万にもなると、もしかしたら閉塞感溢れる政治に風穴を開けることもできるかも知れない。



私はこの記事を書く前に投票所に行ってきました。


010_20160710093042e7f.jpg


投票した立候補者が当選した後も、本当に言っていたことを実行するのかどうか監視することも必要です。



当選したら、手のひらを返したような言動をする政治家を何人も見てきました。



残念ながら国会議員に対するリコール制度がありませんし、憲法で保障されている議員特権もあります。



だから監視しないといけないのです。



立候補する際の文言の3分の1ぐらい実行できれば、たいしたものです。



ほとんどの方が何一つやらない。



うそつきは泥棒の始まり」と言われますが、こういう方は税金を掠め取ったり、袖の下を貰うことばかりを考えているような気もいたします。



立派なことは誰でも言えるのですが、実行できる方は極々僅か。



だからこそ、投票して監視する。



今日は天気も良く、釣りに行く前に最寄の投票所で投票してから釣りに行きましょう!!
釣りから帰ってきてからでもいいんですけど・・。^^;



「誰に入れても一緒!!」・・・などと刹那的なことを言わずに投票所に行きましょう!!



もしかしたら、「アオムシを100グラム350円にします!」なんて、嬉しいことを言ってくれる政治家が現れるかも??






















スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示