岩ガニを食ってくれるクロダイはいなかった博多湾の鉄板ポイント

夕方から須崎埠頭に出向きました。


岩ガニ10匹とアオムシ50グラムを購入して、まずは岩ガニをエサにしていつもの場所で探ることと致しました。


011_2016070121370851d.jpg


ハリは私が好きなカニ専用のハリで、今現在はポイントやキャスティングにも売られていません。(涙)


このハリにイトオモリを巻き巻き。


010_20160701213707573.jpg


エサの岩ガニが元気なようにハリを刺すのが、いつまで経っても老練釣り師になれない私の一縷のワザ?


012_20160701213709f22.jpg


カラス貝の層付近を探りましたが、まるっきりアタリなし!!


013_20160701213711ed0.jpg


岩ガニやカラス貝をエサにするとそれなりのチヌがいないと・・・、悲惨な目に遭います。



なので、すぐに場所を移動しました。


014_201607012137121cc.jpg


でも、・・・ここもダメでした。



018_20160701214617e56.jpg


ここもサッパリ・・でした。


019_20160701214619f51.jpg



爆買いフェリーの大きさに改めて驚いただけ!!


なので、箱崎埠頭に向いました。


020_2016070121461966c.jpg


ここでもカニを使いました。


022_20160701214621c6d.jpg


歩くこと数百メートル。


竿先にコツリ!!とのアタリもないままに時間がイタズラに過ぎていきます。


ハリとオモリを換え、エサをアオムシにしてもまるでアタリがありません。



大雨続きで海のコンディションは良くないのかも?と思いつつアオムシの付いたハリを落としては引き上げ、落としては引き上げていると本日初めてのアタリが竿先に!!



結構引くのですが、トルクフルな市販品の落とし込み釣り用の竿ですから、引きを愉しむまもなくブリ上げたのがこちら。


024_201607012149207e1.jpg

023_20160701223636f7e.jpg


23センチほどのナイスバディのプリプリしたタケノコメバルですが、リリース。


これまで多くのタケノコメバルを釣ってきましたが、お世辞にも美味しい魚とは言い難く、我が家ではすでにメイタ~チヌ以上に「もって帰れない魚」に指定されつつあります。  ^^:



塩焼きや煮付けにしても、かなり・・・まずい魚です。(涙)



口に入れた途端に舌を刺すような危さを感じるのです。



釣れる分は面白いのですが、食べることはパスとしました。



さて、その後も箱崎埠頭の数箇所を探りましたが、まるでアタリがありません。



海のコンディションが良くないとは言え、あまりに良くなさ過ぎます。



昨年以上に今年はメイタ~チヌが少ないような気もしないではありません。









スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示