イギリスのEU離脱でアオイソメは安くなるのか?

相変わらず悪天候が続いていて、釣りどころではない天候が続いています。


001_20160624235410907.jpg



とある場所にコスモスが咲き乱れていました。



コスモスって、「秋桜」と書くような記憶がありましたが、釣りバカの勘違いかもしれません。


イギリスがEUを離脱し、パナマ文書に名前が上がっていたキャメロン首相が辞任いたしました。


辞任してパナマ文書の件について、ウヤムヤにしたかったのかもしれません。
(凡夫の私の勘違いかもしれません)


さて、世界経済はリーマンショックに匹敵する、いやそれ以上の混乱が予想されるなどと言う自称経済評論家もいますが、本当にそうなんでしょうか?


日経平均は16年ぶりぐらいに1日で1200円以上も値が下がり、円も100円を割り込む展開となりました。


ですが、ご安心下さい。


明日や来月にも私やあなたの生活が激変するなどということもないはずです。


このイギリスのEU脱退によってドイツのメルケル首相は支持率が下がるかもしれませんし、事実ヨーロッパ各国でもEU離脱を唱える政党が勢いづいているそうです。


でも、ご安心下さい。


もしも、フランスやドイツがEUを脱退し、世界経済が混乱しても日本の9割以上の方は困りません。


アベノミクスの恩恵など、そもそも何一つ受けるどころか、ひどい目にあっている方がほとんどですから・・。


むしろ、円高が進行すれば原材料のほとんどを輸入に頼るような企業群は、為替の差益だけで儲けが出ます。


政治献金をしているような輸出関連企業が困るだけで、9割ぐらいはデフレに戻りハッピーになれます。


トリクルダウンなど・・何もなかったはずですし、格差がより広がっただけです。


都合の良いデタラメな数字を国民に示して、成果があった!!などという誤魔化しにはうんざりしているはずです。


この数年間で、
・待機児童の問題が解消されました?
・老人福祉・老人医療の問題が進展しました?
・沖縄の基地問題がどうにかなりました?
・拉致問題の解決の糸グチが見つかりました?
・北方領土の返還の糸グチを見出しました?
・尖閣諸島周辺部から中国が出て行きました?
・政党交付金があるのに政治資金を貰わないようになりました?


問題山積ですし、たくさんありますが、そもそも解決する意思すらなく、在職中に次の選挙のことを考えて、蓄財することと我が身の保身しか考えていない人に限って、歯の浮くような立派なことをいう傾向があるように思えます。


全く守られなくても、なんらお咎めもない選挙公約やマニュフェストを選挙権がこれからある18歳の青年達にどう説明すればよいのでしょうか?


18歳から選挙権があると言っても、選ぶべき政治家がこの体たらくでは選び様がありません。


私は袖の下を貰えるような地位にはありませんし、税金で誰かさんのように書道をするために絹の着物を買うようなことも出来ませんし、したくもありません。


私が政治家で税金でアオイソメを購入して、「海洋環境観測のための必要経費」で領収書をもらったら、怒るはずです。


もうすぐ参院選ですし、福岡の立候補者も到底出来ないような歯の浮くようなことを掲げないで、「私が当選したあかつきには、アオイソメを元のように100グラム当たり600円台に戻します!」と選挙公約に掲げてくれる方に投票したいのです。



gedc5736_2016062500122805a.jpg



ほとんどが韓国からの輸入に頼っているらしいアオイソメですが、円高になれば安くなるはずです。


円高が暫くは定着しそうな経済環境なはずです。


歯の浮くような出来ない選挙公約よりも、出来る事からしていただきたい。


何ならついでに輸入モノのイワイソメも安くしていただきたいものだ。

















スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示