ペンネームJAZZFISHとYou Tubu

私がブログを書き始めた数年前、あるブログサービスを使い始めた際にペンネームなどと言う項目があって随分と悩みました。


いくつか候補を挙げました。
・ひょうたんナマズ
・鳥獣GIGA
・亀の子タワシマン
・博多てんぷく丸
・薔薇クーダ
・唐獅子明太子マン
・豚骨ラーメン男
・毒毒ゴンズイ大臣
・開高 健太郎
・ルート69
・・・などなど。


どれもイマイチで、自分でもピン!!と、こなかったのです。

・安倍珍太郎
・波止場一郎
・ミネルバ不苦労
・モツ男
・博多ラーメンマン
・銭形HEIJI
・遠山の珍さん
・おきゅうとスカンク
・・・。

どれもイマイチですバイ。


結局、毎日JAZZを聞いていることと、魚釣りが好きなことでなぜかしらJAZZFISHというニックネームにしてしもうた!!


30代の頃は年間釣行回数300回を誇る釣りバカと言うよりも本当のバカでしたが、妻から真顔で「魚と結婚したら良かったのに!!」と言われ、我にかえり今では年間釣行回数100回ぐらいに止める良識ある??おとなしい釣り人と化してしまいました。



釣りは天候にも左右されますし、狙う釣りものの季節にも左右されるのですが、JAZZはそうではありません。



高校1年生の時の15歳から、よくも飽きもせずに、今でもほぼ毎日聴いています。



ですが、パソコンが普及してYou TubuでいろいろなJAZZMENの演奏を手軽に聴けるようになると、CDをあんまり買わなくなりました。



その昔天神のダイエーショッパーズのタワーレーコードなどに足繁く通わなくても、好きな曲や聴いてみたいアーチストの曲がYou Tubuで簡単に聴けるようになるとCDを買う必要性がまるでなくなりました。



そのせいか、CDショップはドンドン閉店し、読んでいたJAZZの雑誌も廃刊に追い込まれました。



個人の釣具店がすっかり無くなった以上に、CDショップはなくなりました。



これを時代の趨勢だとか自然淘汰だとか言うのでしょうか?



しかも、ここ数年来リビングにあるBOSEのステレオでJAZZのCDさえ聴かなくなりました。



パソコンにヘッドホンを差し込んで、You Tubuを次々に聴けばたいていは事足りますし、せいぜいJAZZ&フュージョンのCDを聞くのはクルマを運転中ぐらいです。



マーカス・ミラーのベースの曲を良く聞いていると、たまたま出てきたのがこちらの少女のベース!!





アンビリーバブルな上手さに驚愕!!



懐かしいリトナーの「ナイトリズム」のライブ版を聴いたり、




スティングのバックでペットを吹いていたクリス・ボッテイの曲を聴きながらブログを書く事が多いのです。




よく聴く曲は数十曲あるのですが、これらを分析してプレゼンテーションすることも多くありがたい限りです。



でも、これじゃ~本当にステレオもCDも要らなくなります。



これが良いのかどうか??



でも、You Tubuを見聞きするだけでネット代を払う価値があるようにも思えます。

























スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示