たった2回のアタリ、2匹のセイゴ!!

前回釣ったセイゴは翌日刺身となって、我が家の夕食に登場しました。


002_20160530215220788.jpg


妻が捌いたのですが、かなり上手に作れています。


臭みもなく、ほんのりと脂が乗っていて、なかなか美味しかったですよ。



前回の釣り以降はが降り続き、メバルポイントに行く前に須崎の西側で竿を出しました。


005_20160530215221fa5.jpg


いつもの釣り方でへチを探るものの、まるでアタリすらありません。


が災いしたのかどうかは、凡夫の私の想像の及ばぬところです。


004_20160530215222e6f.jpg


夕暮れ時=マズメ時にもかかわらず、アタリがまるでないとは!!



すぐさま場所を移動してメバルが釣れたポイントを探りますが、ここもやはり、まるでアタリなし!!


006_20160530215223906.jpg


「海は生き物である」と言うことは分ってはいるものの、まるでアタリがないこの状況の変化に、ただただ驚くばかり。



思い切って先端を目指しました。


010_20160530215225868.jpg


この際には、かってメバルがよく付いていたのですが、まるで反応なし。(涙)



左側先端の角の際にアオムシの付いたハリを落とすと、2ヒロぐらいの海底から本日初のアタリが!!



竿先をグイグイ曲げるので、アワセを入れますと、かなりの引き具合です。



問答無用で沖に逃げるのでリールからイトを出すと、際限なく走って行きます。



強引に竿を立ててこちらに向かせようとしても、相変わらず沖に走ります。



タモは離れたクルマの後部座席だし・・、動きがゆるくなったところでリールをグイグイ巻くと更なる抵抗



近くで1BOXカーに乗っていた方が、見るに見かねて、タモを出してくれて、何とかゲットしたのがこちら。



007_2016053022064417e.jpg



前回同様の40センチ程度のたいしたことのないセイゴでしたが、とても良く引いてくれました。



メバルが1匹も釣れていないこともあり、リリース。



011_201605302206444e5.jpg



段々暗くなった周囲を探りましたが、他にアタリはありませんので、クルマのところに戻り、その付近を探りました。



まるでメバルらしいアタリすらありません。(涙)



1ヒロ~2ヒロをジグザグにスライドさせながら、竿を持ったまま歩いていますと、エサを追うようなアタリが!!



竿先を送り込んで慎重にアワセますと、これまたイトが出る引き具合



メイタ~チヌではありません。



引きをかわしながら手前に魚を寄せて、これまたタモを出していないので、ミチイトをもってブリ上げると、これまた40センチクラスのセイゴ



同じサイズぐらいばかりです。


009_20160530220646d94.jpg


なぜかしら、このサイズばかりです。


008_201605302206472ff.jpg


こちらもすぐさまリリース



その後周囲を探りましたが、メバルらしきアタリもないので今日は納竿。



前回とはまるで違う状況でした。



たった3日違うだけで、この海の変貌ぶりには改めて驚かされました。



何十年も釣りをやっていても、海は読めません。



だからこそ、面白いのですけどね。



スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示