逃げた魚がデカイから、やっぱり釣りは辞められない!

今日は若干早めに自宅を出て、近所にあるキャスティング福岡店でエサのアオムシを買いました。


007_201605192201098a4.jpg


キャスティングはエサ入れを持って行くと、20%増量してくれることは何度か書きましたが、実にありがたいサービスです。



でも、駐車場から博多湾方面に右折する時は交通量が多く、短気な私は、ちょいとだけ・・・ブルーになります。 ^^;



東浜に着きますと、爆買い中国人を凡そ4000人乗せた大型客船が出航していました。


008_20160519220109330.jpg


中国の観光客が、1人10万円福岡市内で使っても、その経済効果は4億円



それが年間400回も予定があるらしく、凡そ1600億円の経済効果が見込めるわけです。



ですが、国と福岡市で中央埠頭を延長する計画がなされていましたが、辞めておいたほうがよろしいと思います。



中国経済もさることながら、世界の経済情勢は不透明感を増している中、税金を20億もかけて中央埠頭の延長工事をするぐらいなら、こども食堂だとか、保育園や幼稚園を作ったほうが市民の将来のためになるような気も致します。



いたらん・・ことですけど!



さて、時季は違いますが、随分昔に50センチオーバーのチヌを釣ったポイントにエサの付いたハリを落とし込んでみました。



1ヒロで止め、2ヒロで止め、3ヒロで止め・・・海底まで探るものの、まるでアタリがありません。



横に仕掛けをスライドさせても、何もエサを追いません。



魚がいる感じがまるっきり・・・ありません。


012_201605192201119bf.jpg


今日は恐ろしい形相をした砂の運搬船も停泊しておらず、先端付近まで探りましたがコツン!ともアタリません。



ですが、ここから眺める夕日が沈む光景に思わず、「ワォー!!」と声が出てしまうほどキレイでした。


013_201605192201123ec.jpg



なので、暫くタックルをピットの上において、夕陽を眺めていました。



私がバカチョンデジカメで撮影する画像では、その素晴らしさが全く伝わりません。
(すみません!)



能古島と志賀島の向こうに見える玄界島をバックに、沖防の赤灯台と白灯台の間を真赤な太陽が沈んでいきます。



半夜釣りの安近短釣り師の私には見飽きた光景ですが、初めてこの光景を見る方は暫く見とれるはずです。


018_20160519223227ad5.jpg


このポイントは諦めて、サーチライトが点く曲がり角を探ってみましたが、ここも無反応


自転車で来られた老人が竿を4本出して仕掛けが垂直になっているところを察するに、コウイカ狙いなのだと思いますが、さっぱり釣れていませんでした。


ここは2~3分で諦め、東浜の船溜まりを探りましたが、本日初めての釣果はやはりこの方。


019_2016051922322859d.jpg


毎回、絶対に釣れる東浜名物のウロハゼです。



その後も、けしからんことに4連発でウロハゼばかりが釣れました。(涙)



いつものポイントを諦めて、違うポイントで竿を出すと、いきなりメバルが2匹


020_201605192232319de.jpg


すぐにタケノコメバルも釣れました。


021_2016051922322427d.jpg



ここで仕掛けが根掛かりしましたので、ハリスごと交換し、セイゴとメバルを1匹ずつ追加。


022_201605192232254ce.jpg



クルマを止めてある位置に戻り、1ヒロぐらいを探るといきなりのアタリ



重苦しく・・・鈍い・・大物のアタリです。



竿先がグイグイと、徐々に、徐々に・・・・・曲がっていきます。



「よっしゃ!」とアワセを入れると、竿先がグィーンと曲がり、仕掛けが飛ばされました!!  ^^;



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!??


さっき交換したばかりなのに、ミチイトとハリスの結合点からなくなっています。



オイオイ・・・!!



チヌの50センチオーバーがかかっても、結合点からハリスを飛ばされたことがほとんどないのに・・・!!



一体全体・・、ハリスをぶった切ったヤツは何者なんだ???と暫く、呆然。



ですが、ここで仕掛けを作り直す気力もなく・・・・納竿。



帰り道のクルマの中で、「チヌでもなさそうだし、スズキでもなさそうだし・・・」「いったい何者なんだ??!!」と、いろいろと想像が膨らみました。



こんなことがあるから、釣りは辞められません。



次回もまたこのポイント付近を狙うはずです。  ^^;



それが釣り人というものでは?



近所のサンゲツの電光掲示の温度計は、夜の9時頃に21度でした。



どうりで、Tシャツと7分袖のシャツだけで、寒くもなかったわけです。



これからは夜釣りが心地よい季節になります。



「夕涼みがてらの短時間の夜釣り」は、なかなか面白いですよ~!!






















スポンサードリンク

まとめ

コメント

No title
いつも楽しく拝見しています。
次回は、この正体不明の怪魚?を釣り上げてくださいね^^
Re: No title
> いつも楽しく拝見しています。
> 次回は、この正体不明の怪魚?を釣り上げてくださいね^^



コメントありがとうございます。


私のつたないブログを見ていただきありがとうございます。


釣れるかどうかは分りませんが、狙ってみます!

管理者のみに表示