タケノコメバルの丸干しに仰天!

一昨日の夜に釣った小魚さんたちは、またしてもベランダの靴下を干すモノ干しにぶら提がっていました。


001_201605020833374b0.jpg



妻は前回のメバルで味をしめたのか、今回もまた干物にしています。


釣具のポイントなどに売っている青い色をした3段の魚干し網も物置に入っているのですが、イチイチ洗うのが面倒なのだそうです。


言われてみれば、そのとおり。


大量の干物を作るのであればまだしも、僅かな量の小さなマニアックな干物は靴下を干すモノ干しぐらいがお手頃かも。


なぜかメバルとキスは頭を落としているのに、タケノコメバルだけ頭が付いています。


003_201605020833398ba.jpg

002_201605020833389c7.jpg


タケノコメバルの丸干しには笑いました。


ちょいとグロテスクな気もしないではありませんが、なかなか美味しそうに干しあがっています。


この干物をそのまま炙って食べるのが美味しそうなのですが、妻のことだから、何かしらの料理を考えているかも?


釣ってきた魚を面白がって食べてくれると、こちらも釣り甲斐があります。


職場の知人達は今日も大分の日田に渓流釣りに行っています。


過日西日本新聞にも落石でクルマが潰れていた写真が載っていたまさにあの周辺に行っているようです。^^;


杉の木が倒れていつものポイントに竿を出せないだとか、地震でかなり地形が変わっているだとか、地震以降食いが悪くなったなどと言っています。


一緒に行きましょうよ~!!なんて誘われますが、余震が続く中、渓流釣りを始めるのは、しばらくパスです。


熊本県の県境に位置するみやま市の方は、地震で食器棚と仏壇が倒れて損壊し、屋根瓦も一部落ちていて、ご家族の方はいつまた地震が来るかわからないので、すぐに家から飛び出せるように普段着のままで寝ていらっしゃるとのことです。


仏壇が倒壊しても尚、涼しい顔して渓流に入っていく精神力の源はなんなのでしょう?














スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示