釣り人はたくさんいても釣れていない箱崎埠頭

ゴールデン・ウィークも始まった4月の最終日の今日。



日中は汗ばむほどの強い日差しと暖かさでした。



午前中はまたしても歯医者に行き、下の前歯の神経治療を受けました。



またしても、麻酔注射を下の歯茎に打ってからの治療。



何度行っても好きになれないのが歯医者さんです。(通っている歯医者さんに個人的な恨みはありません!)



箱崎埠頭に夕方6時過ぎから出かけました。


016_201604302219549ef.jpg



いつもの釣り場はファミリーフィッシングスポットと化し、竿を出すところもありません。 ^^;



014_20160430221955fb6.jpg


ですが、せっかく家族連れで楽しく釣りをしている横で、竿を出すのも気が引けます。



018.jpg




いつものコウイカポイントでは、常連さんと思しき方が釣れなくて、退屈そうにしていました。



聞けば、コウイカは、昨年に引き続き良くないそうです。



020.jpg



はやと丸岸壁でも、エギングでコウイカを狙っている方がズラリといましたが、エサ巻きスッテでもなかなか釣れていないのに、エギで簡単に釣れるとは思えません。



仕方なく、貯木場のほうに向いました。


023.jpg


こともあろうか、多々良川をカヌーで下ってきた方がロッドを振って、目の前で何かを狙っています。


024.jpg


恐らくはシーバスだろうと思うのですが、カヌーで登場するとは!驚きです。


すでに、7時を過ぎているのですが、なかなか暗くなりません。


陽が長くなって、暗くなるのが遅くなりました。


暗くなったらアタリがあるはず・・・なんですが・・・。


暗くなってもアタリすらありません。(涙)


結局箱崎のバナナ埠頭に戻り、マル秘ポイントを探ると実に警戒心丸出しの食い渋ったアタリがあり、散発的にメバルが釣れます。


大きなアタリがあり、もしかして良型のメバル!!??と思いきや、正体はこの方でした。


026.jpg



25センチ弱のレギュラーサイズのタケノコメバル



バナナ埠頭では久しぶりに釣れました。



たまに底を探ると鋭いアタリがあり、釣れたのがこちら。


029.jpg


23センチぐらいのキスです。



9時を廻り、バナナ埠頭では実質一時間でこの釣果。



030.jpg



潮も小潮で9時半過ぎぐらいが、ド干潮の下げ潮でしたので、食い渋り丸出しのアタリだったのかも?



まあ、ボウズだけは免れました。



今日のような状況では、かなりメバル釣りに慣れていないと、恐らく1匹も釣れないのではないか??と思います。



竿先にほとんどアタリがでませんでした。



アタリが出ない「居食い」が分る方だけが釣れる状況でした。



日中は真夏日のようにピーカンで暑かったのですが、さすがに夜は肌寒い。



夜釣りをする方は、パーカーブルゾンをクルマに積んでいたほうが良さそうです。



これだけ天気が良くて暖かいと、明日ぐらいは水温が上がって食いが良くなるかも?



こればかりは、やってみないと分かりません。





スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示