アイナメを狙いに箱崎埠頭へ

ピンポイントでアイナメが狙える可能性がある箱崎埠頭のポイントに向いました。


ところが、船が4隻も停泊中で、港湾作業真っ只中・・・。


やむを得ず、船と船の間でアイナメを狙ってみることに致しました。


016.jpg


いたずらに時間だけが過ぎ、アタリすらありません。  ^^;


途中でタナを変えたりしてみたのですが、音信不通


やはり湾奥でのアイナメは、狙って釣れる魚ではなくなりました。


流れに変化があるところを発見し、エサを落としてじっと待っていると、待望の小刻みなアタリが・・・!!


竿先を送り込んで、ハリを食い込ませてからアワセを入れると、何がが釣れています。


たいした引き方はしません。


正体はこの方でした。


017.jpg



23センチ程度のマコガレイ



季節的には花見ガレイと言うのでしょう。



しかし、この1匹だけであたりは薄暗くなったので、メバル狙いにチェンジしようと思っても船が4席も停泊してポイントを塞いでいれば探ろうにも探れません。



そこへ常連のKさんが登場し、中央埠頭から出港する豪華客船を見ながらしばらく釣り談義・・・。


019.jpg


写真では表現できない絢爛豪華な眩いばかりの豪華客船です。



寒の戻りで夜は寒く、ダウンパーカーを着ていても、寒いぐらいです。



Kさんが寒さのあまりに引き返すと、須崎埠頭に向いました。



西側ではほとんどアタリがなく、東側の電灯があるポイントではメバルがガンガン釣れるには釣れるのですが、すべてこのサイズ。

021.jpg


正真正銘折り紙付きのリリースサイズです。(爆)


10匹近く釣れましたが、寒さのあまりにすぐに納竿。


20センチ前後になるまではあと2~3年はかかりそうなメバルばかりでした。


それでも昨年や一昨年に比べると、メバルがアタルだけマシです。


週末も寒いそうです。


釣り場に行く時は防寒対策をバッチリすることをおススメします。





スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示