春の釣りに関する自然のサイン

私は長い間、春の釣りものである、セイゴのウキ釣りだとか、メバルの釣りだとかを自然のサインである程度判断してきました。


一つは桜の花の開花です。


福岡管区気象台では、全国に先駆けてそめいよしのの開花宣言を致しましたが、住まいの近隣にある桜の木はまだつぼみの状態でした。

009.jpg

あと1週間ぐらいはかかりそうです。


008.jpg


更に、自宅から歩いて3分ぐらいの博多コマーシャルモールに向う東光寺橋の上から見た御笠川の堰堤下の光景です。


天気が良く温かくなったせいもあり、サギやカモが水辺で遊んでいます。

001.jpg

003.jpg


サギは当然小魚を捕獲するために、石の上から狙っていることが分ります。


東光寺橋の上から川を覗き込みますと、コイハヤボラまでウジャウジャ・・・・・と、群れをなして泳いでいます。

004.jpg

写真では分りにくいのですが、右側の下の方にナマズもいました。

005.jpg


要は水が温むとこの堰堤の下には、毎年おびただしい数の魚の大群が集まります。


これが私にとっての春の釣りに出かける一つのサインでもあるんです。


今日はおまけに、さんたちが甲羅干しをしていました。
006.jpg


大きさは30センチから40センチもありそうな大きな亀さんたちです。  ^^;


今ままでどこにいたのでしょうか?


余談ですが、一昨日の早朝に妻がベランダの窓ガラス越しに机に向っている私に「おいで・おいで」と身振りをしているので、ベランダに出て、耳を澄ませると、聴いた事がない野鳥の鳴き声が聞こえるのです。


ですが、良く聞いていると、まだヘタクソなウグイスの鳴き声であることが分りました。


ホーホケキョとは鳴かずにホーケキョ?みたいな鳴き方をしている若鳥みたいです。^^;


今のところに引越しをして10年目なのですが、初めてウグイスの鳴き声を聴きました。


他にも近隣に住むノラ猫がブロック塀等にだらしなく寝そべっている様子をよく見かけるようになりました。


寒い時は、到着して間もないエンジンが温かいクルマの上を渡り歩いていたノラ猫なのですが、最近は朝方はクルマの上、昼からブロック塀の上や地面でごろ寝をしています。  ^^;


今しがたも、地面で寝転がっては時折起きて体を伸ばして、生あくびをしてからその付近に再びごろ寝をしていました。


今日は朝方はウス曇で寒気がするほど気温が下がりましたが、昼過ぎからは汗ばむほどの陽気となりました。


近くのキャスティングでエサとケミホタルを買って釣りに向います。


メバルが釣れると良いのですが・・・・!!









スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示