須崎埠頭でサゴシを狙ったのですが!

自宅の冷凍庫に過日釣具のポイントで購入したキビナゴの余りがありましたので、途中エサと小物を買うためにポイント築港店に立ち寄って、須崎埠頭に向かいました。


風もなく海面はベタ凪ではないものの、少しざわついて、釣りには格好な塩梅です。


過日サゴシが釣れたポイントに向かいました。
GEDC5435.JPG


秋はすぐに日が暮れて、暗くなります。



到着と同時に残った冷凍のキビナゴを海水を汲んで、その中に放り込みました。
GEDC5436.JPG



ワイヤーハリスの仕掛けにキビナゴを付けてアチコチに投げますが、反応はゼロ


ウキがタダ単に海面に浮いているだけの状態です。
GEDC5437.JPG


30分ぐらいで、この場所とこの釣り方を諦めました。


西側の排水溝付近に行きました。
GEDC5443.JPG


おそらく、このポイントでどなたかがサビキ釣りを良くやっているはずで、チイチイフグの猛攻を受けました。


それらをかわして釣りますと、いつもの釣りモノが・・・。
GEDC5439.JPG

GEDC5441.JPG

GEDC5440.JPG

GEDC5442.JPG


珍しくハゼが立て続けに釣れます。
GEDC5444.JPG


ですが、このポイントにもすぐに決別しました。



そこから200メートルぐらい離れたポイントに移動。


この景色の場所です。
GEDC5449.JPG


釣果は変わりません。


すぐに釣れたのはちっとも成長しない小さなセイゴ
GEDC5445.JPG


さらに、見本のような当歳メイタ。
GEDC5448.JPG


飛び入りでキスも底で釣れました。
GEDC5447.JPG


ここで、釣りを断念。


大物がいる気配も雰囲気も感じられません。


これは、私の勘でしかないのですが、勘も重要です。


埠頭の際に魚が付いていません!!



それにしても、全く大きくならないセイゴにはやや閉口気味。


せめて30センチオーバーぐらいのセイゴですと、釣り味も楽しめるのですが、
今年はいっこうに大きくなりません。


何かが違います。

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック