博多湾のメバル復調の兆しを実感

箱崎の旧貯木場は多々良川の河口と言うこともあり、小さなセイゴに混じって程よいサイズのセイゴが釣れるのではないか?と思いつつ竿を出しました。

GEDC7058.jpg


昨日はいきなりのバックラッシュでしたが、何とか仕掛けを無事に作ることが出来ました。 ^^;


GEDC7060.jpg


ですが、まだ明るいせいもあってか、内側と外側に仕掛けを落とし込んで先端に向いますが、何ら反応はありません。



GEDC7062.jpg



ついに先端まで来ましたが、何の反応もないまま・・・・・・・・・・



GEDC7063.jpg



正面は沖防の通称「切れ波止」と呼ばれるところ。
昔は良く渡っていましたが、干潮時のポイントで、オバーハングになっている外側は干潮時に防波堤と海面との間に隙間ができ、
そこにエサを入れ込まねばならない難易度の高い釣り場でもあるのです。


今は入れなくなった須崎埠頭の東側でメータ~チヌを狙っていた方であれば、同じ要領で釣れるポイントです。



私はこの「切れ波止」で天気が急変し、雷鳴が鳴り響き、稲妻が見える中、大雨に打たれて生きた心地がしなかった記憶があります。


沖防に渡ると、こういう時に困るのです。



それ以来・・・、この「切れ波止」は行かなくなりました。  ^^;



先端の角では投げ釣り仕掛けが放置されていました。


GEDC7064.jpg


小さなハリです。


流線の7号か6号ぐらい小さなハリで、この様な仕掛けが売られているのか?と若干驚きました。


こんな小さなハリの仕掛けで何を釣るつもりだったのでしょうか?



左に曲がっている先端部分の突端の行ける所まで行ってみました。



あたりも段々薄暗くなりいい状態ですが、ビニール製の水汲みバケツが吹き飛ばされるほど西風がかなり強く、釣りづらいのがたまにキズ。


いつものタナを探っていますと、メバル特有のアタリがあり、小型のメバルが次々に釣れます。


GEDC7066.jpg

GEDC7067.jpg


GEDC7068.jpg


GEDC7070.jpg


GEDC7073.jpg


あまり釣れないだろうと思いながら1匹釣れるとデジカメで写真を撮ってはリリースしていましたが、あまりに釣れるために写真も撮らなくなりました。


ほぼ入れ食い状態でメバルが釣れるのですが、キープサイズが1匹もいないのが残念!!



ですが、壊滅状態にメバルが激減している中、これだけのメバルがいることが分かり、博多湾内でのメバル復調の兆しを実感しました。


みんな・・・計った様に同じサイズのチビメバル・・・ばかりでした。



ここでこれだけ釣れるのであればアソコは?とばかり帰り道がてら寄ったポイントでの釣果は次回ご報告いたします。





スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示