ネットで購入したTIGAのリールが届きました

かねてより私はリールの良し悪し(価格も含めて)はほとんど釣果とは無関係であり、イトヨレさえ事前に伸ばして解消すれば、落としこみの竿にスピニングリールでも魚は釣れると語ってきました。


事実釣り場に到着して落とし込み用のタックルを忘れて、磯竿にスピニングリールを付けて30センチ~40センチクラスのメイタを7枚ほど釣ったこともあります。


スピニングリールの弱点はイトが出る方向と90度違った角度でイトを巻くためにイトがどうしてもヨレることにあります。


更に風情がありません。


PEラインを使えば問題ないのでしょうが、PEラインは風に弱く穂先がらみが多発しますし、カキガラなどによく絡まるものですから落とし込み釣りでは使うことはなくなりました。


伸縮性がほぼゼロなので、アタリが分かりやすいと言う方もおられますが、水深1~3メートルを狙うことが多い私にとってはPEラインの優位性を見出せないでいます。


釣具はキャリアが長い分ビックリするほどありますから、「もう買うまい!」と思うのですが、なんとなく目新しいモノ使ったことがないモノを見ると物欲が先立ってしまいます。


仕事柄ネットを見ることも多いので、何の気なしに楽天市場で釣具を見ていると、どうにも気になるTIGAと言うブランドのリールが目に止まりました。


これまで、チヌ専用のリールは何個か買いましたがほとんど使うことがありません。

gedc6849.jpg

riru.jpg


竿に取り付けると、まるでアタリがない「不吉なリール」ばかりなんです。


験を担ぐわけではないのですが、何度も何度も良い思いをしないと、必然的に回避するようになるんです。


なので、いつしか小型の両軸リールばかり使うようになってしまったのです。


ですが、今回楽天で購入したチヌ用のリールはスプールが下向きでダブルハンドルです。

GEDC6966.jpg

GEDC6968.jpg

GEDC6967.jpg


ハンドルを回すと前後無関係に廻ります。


チヌ専用リールの特徴です。


ドラッグもありません。


ハンドルの中心部についているボッチを押すとスプールだけがクルクルと回るようになっていて、大物が来たときににイトを出すのに便利なんですね~!?


でも、ハンドルから手を離せば、勝手にイトが出て行くわけですから、あまり意味もないような気もしないではありません。(苦笑)



本棚の上に過日購入したミチイトの残りがありましたので、巻いてみました。

GEDC6969.jpg

GEDC6970.jpg


使い慣れていないと、なんとなくしっくりとしません。


釣り場で何度か使えば要領が分るはずです。


今日はあいにく・・・うすら寒いので釣り場には行く気もおこりません。


今週までは天気予報では冬型の気圧配置とのこと。


さすがに前回のように気温4度の中で竿を出すのは懲りましたバイ!!


天気の良い日に頃合を見てこの新調したリールを竿に付けてメバルを狙ってみようと思っています。


験が悪くて早々にお蔵入りしないことを願うのみです。  ^^;


ロッドも験を担ぐわけではありませんが、なぜかこの竿を引っ張り出して使うとアタリがないと言う不吉なロッドがあるんです。


ロッドやリールの良し悪しは、「使いやすさ」と「釣れるか・釣れないか」を判断基準にしている、いつまでたっても腕の悪い釣り人なんです。


釣りの格言に「大物は腕で釣れ!小物は道具で釣れ!」と言う言葉があります。


小物ばかりを釣って楽しむ私にはやはり道具は必要なのかも??











スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示