アリゲーターガーを売るな!飼うな!逃がすな!

北米原産のアリゲーターガーがペットとして飼われ、あまりに大きくなって手に負えずに自宅近くの河川や湖沼に逃がすために日本古来の在来種に影響を及ぼしているとのことが報じられていました。



この件に関しては随分以前から報じられているのですが、依然としてアリゲーターガーを売る業者もいれば、それを購入して飼育はするものの大きくなりすぎることと、エサの調達に嫌気がさして逃がすことの繰り返しだったようです。



アリゲーターガーは最大3メートル、体重も100キロを超える世界最大級の淡水魚の一つです。



アマゾン川にはお馴染みの最大級のピラルクもいますし、とんでもなく大きくなるナマズの仲間もいます。



しかし実に厄介なのが、北米原産と言うことでアリゲーターガーは日本での冬場の低水温にも堪えることができる魚なのです。



このような凶暴な魚を近所の河川や湖沼に逃がすとどうなるかは想像がつくはずです。



タダでさえブラックバスやブルーギルやカムルチーなどで日本固有の在来種が激減している中、新たな敵となることは目に見えていたはずです。



アリゲーターガーには可愛そうですが、見つけたら、釣り上げて退治するべき魚なのです。



大型になると、まともなタックルでは歯が立ちません。



こちらを参考にしてください。





福岡市内ではトノサマガエルがいなくなってレッドデーターブック入りとなっていますが、私が幼い頃はどこにでもいたのです。



体の色が派手であるため、カムルチーやブラックバス、ナマズ、ウシガエル・・・などに最も発見されやすいから、いなくなったのだと勝手に推察いたします。



そのような中、アリゲーターガーなどが福岡市内の河川や湖沼に放たれると、多くの淡水魚や両生類、水生昆虫などが更に少なくなることは必至です。



福岡年内では遠賀川とその付近、行橋市内の河川、犬鳴川・・などで既に発見されています。



数年前に御笠川で巨大なカミツキガメが発見されて、マリンワールドの方々が捕獲したことは記憶に新しいはずです。



恐らくは手に負えなくなった飼主が御笠川に逃がしたものだと推定します。



私はペットを販売する業者にも大いに問題ありだと思っています。



需要があるからワシントン条約に触れない限り輸入して販売するなどと言う行為は、まるで後先を考えない愚かな行為だとも言えます。


環境省は近くアリゲーターガーを特定外来生物に指定し、輸入や飼育を禁止するとしていますが、何とも遅すぎる対応だと言わざるを得ません。


特定外来生物法では、指定された特定外来生物において、飼育、輸入、取引、放つこと・・・などが禁止されていますし、驚くほど罰金が高いのも特徴です。


禁止行為に違反した場合は個人や法人では罰則が異なりますが、

個人の場合、(1)許可のない飼養や取引に対しては、原則として、1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金が科されます(33条)。また、(2)販売・頒布目的の飼養、不正の手段による飼養許可の取得や輸入、販売・頒布、放つこと等に対しては、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金が科されます(32条)。

法人については、代表者やその代理人、使用人など従業者が違反行為を行った場合、先の(1)については、5,000万円以下の罰金が科され、(2)に対しては、1億円以下の罰金が科されることとなります。




会社組織で特定外来生物を飼育・販売しているペットショップでは、社長に限らず従業員にも1億円以下の罰金が科せられることにもなりかねません。



スピード違反などの罰金とは、まるで桁が違う罰金の額であることは記憶に止めていたほうが良いはずです。



それほど社会的に許し難い行為ということなのです。


ちなみに身近で知られた特定外来生物を挙げますと、
・ブラックバス
・ブルーギル
・アライグマ
・ウシガエル
・カダヤシ
・カミツキガメ
・セアカゴケグモ
・ハイイロゴケグモ
・ツマアカスズメバチ
・・などなど。


ブルーギルやカダヤシも観賞用に飼育してもいけないのです。



そんな法律があるとは知らなかった!!」では許してもらえません。



男の子がいる家庭では間違っても、ブルーギルや食用ガエルなどを持って帰らないように言っておきましょう!!














スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示