スーパーエルニーニョのためか季節はずれのキビレが釣れた!

箱崎漁港を諦めて東浜の船溜まりに向いました。


前回釣りの途中で雨が降って撤収を余儀なくされたポイントに再び足を運びました。


丁度夕方が満潮になるとあって、水位の高いこと、高いこと。


GEDC6792.jpg



私はこんな船のロープが張り巡らされている船溜まりの際を狙うのが大好きです。



たいていの釣り人はロープなどに仕掛けが掛かり嫌がりますし、3・6~4・2メートルの落とし込み専用ロッドではとても狙いにくいポイントなのです。



GEDC6793.jpg




元々がこういうポイントを専門に狙えるように自作したハンドメイドの竿で、ロープや壁際の障害物をかわしながら、20センチ刻みで落とし込んでいくようにしています。



基本的に船溜まりには人が狙わないこともあって、驚くような獲物が潜んでいることが多々あります。



東浜の船溜まりでは大物に出会ったことは残念ながらありませんが、たまに狙うには面白いポイントです。



1ヒロぐらいのところで、モゾモゾとした止めアタリがありました。



何かがエサのアオムシを咥えて、竿先を絞り込んでいきます。



ほどなくアワセを入れると、沖に向って走り出しましたが、イトが出るほどの大物ではありません。^^;



竿の弾力を活かして魚の突進を堪えて、魚を浮かせると、水銀灯に照らされた海面に浮かび上がってきたのは銀色の魚体でした。


GEDC6791.jpg


3歳魚のキビレです。


かなり太っていて、このサイズにしてみればなかなかのファイターです。


スーパーエルニーニョのせいか、11月の末にこのような浅いタナにキビレが付くことは珍しいと思えます。



年を越えても当歳~2歳魚は稀に釣れることもありますが、3歳魚がこれほど浅いタナにいることは稀です。



狙っていた魚のアタリがありました。



ですが、アタリが非常に小さく、食い気がイマイチです。



待って、待って・・・、ハリに掛けたのがこの方。


GEDC6796.jpg


小さいワリに良く引くメバルです。



際にはこのサイズのセイゴも点在して潜んでいるようで、サイズのわりになかなかの引きを楽しませてくれます。


GEDC6800.jpg


風もなく海が穏やかなときは、水銀灯がある船溜まりで竿を垂らすのは趣があります。



GEDC6801.jpg


このポイントでは45分ぐらい楽しみました。


これから寒さが本格化してなかなか釣り場が少なくなります。


ところどころで、ヒイカを狙っている方とお会いしました。


今年はヒイカの当たり年みたいです。










スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示