マルキューのパワーイソメを使ったが・・・・!!

カワハギが釣れていた頃にアオムシが無くなったら・・と、ばかり予備に購入していたマルキューのパワーイソメを持って普段あまり行くことのない東浜の西側に行ってみることにしました。


GEDC6738.jpg


ブルーベリーの香りがすると書いていますが、私の嗅覚が悪いのかそんな臭いはしない様な気がしました。


ですが、僅かに香るある臭いにずいぶん昔嗅いだことがあるモノを思い出そうとしましたが、思い出せません。^^;


GEDC6739.jpg


基本的に、この物体が何で出来ているのかは知る由もありません。


そもそも何でこのような奇妙なエサが作られたのかを私なりに推察しますと、

・常温保存できる
・生きていないので、女性でもハリにさせる


と言うことに集約されるはずです。



考えてみると、博多区で早朝から釣りに行く場合にエサを買う釣具屋さんが既にありません。



悲しいことに個人の釣具屋さんのほとんどは淘汰されました。(涙)



ありがたい情報を提供してもしていただいた個人店がなくなり、量販店のみが残りました。



話をパワーイソメに戻しますと、
私のように散歩がてらの釣りをするアングラーには向いているエサだと言えます。


何せ常温保存が可能ですし、いつでも、どこでもワンタッチで釣りができます。


問題なのは本当のアオムシと比べてどうなのか??と言うことです。



いつもどおりこのポイントを探りました。


GEDC6740.jpg



GEDC6743.jpg


GEDC6742.jpg


残念なことにチイチイフグのアタリしかありませんでした。 ^^;


時期的に何もいなくてもおかしくはありません。



マルキューのパワーイソメだから、何も釣れないのではないはずです。



それにしてもアタリがない!!


この時期、この場所で、この時間帯であれば、セイゴやメバルなどが釣れてもおかしくはないのですが、まるでアタリすらありません。


ついに博多湾の湾奥での厳しい時期がやってきた様な気がします。



アイナメもカレイもほとんどいなくて、メバルも釣れないとなれば、ヒイカでも狙うしかないのでしょうか?



今年はヒイカはソコソコ釣れているようです。



去年はさっぱりでしたから・・・。
















スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示