荒津オイルセンターにも釣り人はほとんどいませんでした。

久しぶりに荒津オイルセンターに行くことにしました。


元祖長浜ラーメンがあった道路は那の津通りと呼ばれています。
GEDC5479.JPG

当たり前のことなのですが、釣れる魚がたくさんいると、釣り人も多くなりますが、
釣れない状況では釣り人がほとんどいないことは察することが出来るはずです。



荒津オイルセンターもその例外ではありませんでした。
GEDC5480.JPG



かなり釣るポイントが多いにも拘わらず、釣り人はほとんどいません。



今現在、いかに魚が釣れていないかを物語っています。


ですが、ここの住人ともいえる釣り人は健在でした。
GEDC5483.JPG


1年のほとんどをサビキ釣りでやられている方です。


自転車でやって来ては、長いガイドなしの竿でアジゴやコノシロを釣っています。


ほぼ毎日いますので、ご存知の方は多いはず。


排水溝があるところでは、ボラの引っ掛け針を3本もつけた仕掛けを投げては、力強くあわせる釣り人がいました。


別名ギャング釣りと言って、あまり、褒められた釣り方ではございません。


むきになって釣っていました。^^;



ところが釣果はゼロです。



卑劣極まりない釣り方をしても釣れることがないのです。


少し呆れて、オイルセンターをクルマで一周しました。


ほとんど釣り人がいません!!


結局、ギャング釣りをしている方のすぐ近くで竿を出すこととしました。



すぐに20センチにも満たないシ-バスが釣れましたが、それっきり。


少し離れたところを狙いますと、細かなアタリがありました。


かなり引くので、何か?と思ったら、犯人が分りました。
GEDC5488.JPG


手のひらに尻尾が付いているぐらいの、丸々と太ったクロです。
GEDC5489.JPG


その後もたいしたアタリがなく、すぐに納竿。


腐れ掛けのエサでは問題外でした。


その後少しオイルセンターを廻りましたが、


誰も釣れていません。

スポンサードリンク

まとめ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック