2017年08月の記事 (1/1)

釣りの格言・名言に触れることで「新しい発見」もある!

釣り歴が半世紀を超えたというのに、釣りのことをまるで分っていないし、たった一種類の魚ですら完全制覇にはまるで及ばないがためにいつまでも「釣りバカ」でいられるような気が致します。



年を重ねると、天気が良い日の真昼間に釣りをしたくなくなります。^^;



暑さで自分もヘトヘトになりますし、エサの弱りも早いですし、第一釣れる魚が限られているからです。



そんなときは暇潰しを兼ねて、釣り以外の魚に関する本などを読むことも多いのです。

001_20170831121943e9a.jpg
魚の生態について書かれたものだとか、この魚はこうやって料理をすると旨いなどというような釣りとは本質的に関係のない本が多いです。^^;


004_20170831121944aa8.jpg
釣りに関しても、「○○の釣り方」などという内容ではなく、あまり関係のないような内容のものが多いのです。^^;



でも、直接的に釣りとは無関係な内容から釣りに対するモチベーションだとか、ある魚に好奇心が高まるということはこれまで多く経験してきました。



これを人に言えば「能書」となりますので、なるべく言わないようにも心掛けています。(爆)



秘すれば花です。



最近気になる釣りの格言・名言を一目見てそうだったのか!!と思ったことがあるのです。



それは上田尚さんと言う方が書かれた「釣りの裏の手」という本に書かれてある一節です。



「上り魚は岸にそひ、下り魚は中流にでる」というもの。



ここから考えられることは、下げ潮でへチを狙うのは、あまり賢明な選択ではないと言うことなのです。



実は今年の4月ぐらいに、下げも下げのド干潮近辺の潮位のときに、へチで何もアタリがなく、半ばヤケクソ気味で5~6メートル先にエサのついたハリを投げ飛ばして俗に言う「前打ち」をしたときに、際にいるはずのメバルやタケノコメバルやメイタがパタパタと釣れて驚かされたことがあったのです。^^;



その時は何かの気まぐれだったんだろう・・ぐらいにしか思っていなかったんですが、「上り魚は岸にそひ、下り魚は中流にでる」と言うたった一行の文字の羅列に、私は自分の未熟さを痛感させられましたし、新たな再発見をしました。



これまで、河口などで魚が下る時はミオ筋ややや深い場所に沿って下ることは知識としてはありましたし、反論するわけではありませんが、須崎埠頭や中央埠頭などで下げ潮の時にへチでかなりの魚を釣ったこともあります。


「上げも下げも、潮も無関係に釣れるときは釣れるし、釣れない時は何をしてもどこに行っても釣れん!!」・・・・などと、自分の腕前を棚に上げて、かなりいい加減な考え方を今でもしているんですが、改めて参考になりました。^^;


なので、この上田尚さんと言う方が書かれた「釣りの裏の手」という本を読みたくなって、アマゾンで検索しましたが、残念なことにありませんでした。


「釣りの裏の手」に書かれている格言・名言のいくつかは人によっては参考になると思います。



例えば、私もまさに同感だ!!と思うのは以下の内容。

・「釣れたうわさを釣りに行くな」

・「目が悪くなってくると指先の感じが良くなってくる」

・「糸は結び目、鈎は尖、竿は穂持が命」

・「子供と名人とは太い糸を使ふ」

・「切り上げの良い人は釣り時を知る。”もう1匹・・・”は暇つぶし」

・「一本竿にあぶれなし。一本ばりに無駄はなし」

・「糸結びが出来ぬ間は、ひとり旅は出来ぬ」

・「魚を横走りさせる人は糸を切らさぬ」

・「魚はいきえさの目玉を狙ひ、イカタコは小魚の肩に抱きつく」

・「出漁の準備にかかる前に妻君のご機嫌をうかがうことを忘れない」




すべてが言いえて妙だとか、含蓄がある内容ではなく、「真実の事実」ばかりである。


こんな内容を随分以前から言ってのけた上田尚さんという方の本を読んでみたい。


ちなみに私の釣りの座右の銘は、「犬も歩けば棒に当たる」です。(爆)


下手な釣り人の私でも防波堤や埠頭の際を歩き回れば何かが釣れる」ということですバイ!!


「犬がうろつき歩いていると、人に棒で叩かれるかもしれない」ということで、「でしゃばると災難に遭う」というネガティブな意味に捕らえている人も多いようですが、昨今では「何でも良いからやってみると思わぬ幸運に恵まれる」と言うポジティブな意味で使われていますよ~。



























スポンサードリンク

まとめ

博多湾の湾奥の岸壁は魚肉ソーセージでも釣れるマダイの幼魚のゆりかごと化した!疎

日曜日の今日、夕方から久しぶりに箱崎バナナに行ってみることにしました。


その前に、勤務先の先輩が大変な病気に罹っているので、日吉神社に行って手を合わせました。


002_20170827214201279.jpg

30年来公私共にお世話になっている先輩なので、とても心配です。


004_2017082721420277f.jpg


手を合わせて、先輩の快復だけをお願いいたしました。



その後、日曜日なので普段よりも車の数が少ない旧3号線をとおり、箱崎埠頭へ。



夕日がキレイです。
005_201708272142039f6.jpg


誰も釣り人がいないこの景色を眺めているだけで私は心が癒されます。
007_20170827214745340.jpg



さて、箱崎のバナナではアオムシと魚肉ソーセージをエサにいつもどおりへチを狙うことにしました。
011_20170827214208b52.jpg


魚肉ソーセージを適当な大きさに切ってハリに刺して、ゆっくりとへチを落としていきますと、ガツ・・・ガツ・・・としたせわしないアタリがあり、ハリに掛かったのはこちらのチャーリー
013_20170827214210d11.jpg


その後魚肉ソーセージでチャーリーを何匹か釣りましたが、いくら釣っても意味もないのでエサをアオムシに替えました。


ですが、やはり釣れるのはこちら。
014_2017082722094065c.jpg


そうこうしていると、150メートルぐらい先に、こちらに向ってくるKさんの姿が!!


慌てて、クルマのエンジンをかけ、後部座席の窓に竿を入れ込んで、その場を立ち去り、ビートルの停泊場所に向いました。(苦笑)
008_2017082721420485a.jpg


別にKさんが嫌いなわけではなく、酔っ払ってずっとカラまれて釣りにならないので、正直、逃げました。(爆)


私がへチでイトを垂らしていると、すぐ傍まで来て話しかけるので、マジで海に落ちそうになるんです。^^;


ここで竿を出すと、やはり釣れるのはこちら。
015_201708272142126ec.jpg


仕掛けをどこに投げても、どこに落としても、チャーリーばっか!!016_20170827214213df4.jpg



ここもすぐ諦めてバナナの奥の潮井浜橋沿いのポイントに向いました。
010_20170827214251eab.jpg



でも、ここでもコイツらが入れ食いです。
012_201708272142095ed.jpg


どこに行っても、どのタナでも釣れるのはチャーリーばっか・・・・!!


博多湾の湾奥のへチはマダイの幼魚だらけと化しています。


小さいくせにアタリが大きく、ガツガツ・・・と下品極まりないアタリ方をします。


キビレメイタやメイタの小さなものも同じように下品なアタリ方をしますが、小さい時はどんな魚も怖いもの知らずでガツガツとエサを食べるようです。^^;


チャーリーたちが滞在しているしばらくは、釣りになりそうにもありません。(涙)



博多湾の湾奥の岸壁は、マダイの幼魚であるチャーリーたちのゆりかごと化しています。



チャーリー以外何も釣れませんでした。^^;



けしからんアイツらが沖に向うまで、博多湾の岸壁では虫エサは禁物な様です。



早く沖に戻ってもらいたいものです。













スポンサードリンク

まとめ

ボウズは人を哲学者にはしない!釣りの諺再考

長浜のポイントでガンクロで使われている怪しい?(苦笑)ソフトワームを使ってみました。


001_201708230007563b0.jpg


ガンクロゲームとは「岸壁クロダイゲーム」の略称で、岸壁でシーバスなどのルアータックルでソフトワームをエサにして釣る釣り方だそうです。


要は落とし込み釣りのタックルをソルトルアー用のタックルに置き換えて、エサをソフトワームにしただけの釣り方です。


わざわざ命名するほどのものなのでしょうか?


好奇心旺盛な私は逆パターんで、従来のタックルや仕掛けをそのままで、エサだけ評判のソフトワームを使ってみたのです。
011_201708220836129cc.jpg


カニにせまる食いっぷり!!と言うことは、本物の岩ガニよりも釣れなくて当然とも解釈できます。


しかも、本物の岩ガニは自分で採ればタダですし、買っても1匹20~25円ぐらいなのに対し、こちらは10匹入りで税抜き580円。


で、使ってみたら・・・・。


全くアタリの「ア」の字もない!!


ちきしょうめ!とブツブツ言っても釣れないものは釣れない。


ハリを外してこちらを刺した。
015_20170822083613c3b.jpg


だが、活きたアオムシですら反応なし。


アタリすらないのである。


年間を通じてこういう時が少なからずあるのですが、今日は活きの良いアオムシをエサにしても無反応な日なのです。


極寒の2月~3月の博多湾ならまだしも、8月の博多湾でこのようなことになろうとは!


よほど海表層の水温が高いと推察します。


「老人と海」で知られるアーネスト・へミングウェイは、「釣れない時は魚が考える時間を与えてくれたと思えばいい」などと言う言葉を残しましたし、「ボウズは釣り人を哲学者にしてくれる」との諺もあります。


凡夫は哲学者などにならなくて良いから、せめてアタリぐらいは欲しいものです。^^;


こちらの中国の諺はご存知なはずです。

・一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。
・三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。
・八日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。
・永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。




この諺を作った人は酒乱なのか?とも思うし、
よほど伴侶に恵まれなかったのか幸せな結婚生活がたったの3日とは!!(爆)
豚を殺すなんて・・・そこまでして食べなくてもよかバイ!!


これと似た内容の諺もある。

「一日幸福でいたかったら、床屋に行きなさい。」
「一週間幸福でいたかったら、結婚しなさい。」
「一ヶ月幸福でいたかったら、良い馬を買いなさい。」
「一年幸福でいたかったら、新しい家を建てなさい。」
「一生幸福でいたかったら、釣りを覚えなさい。」  





この諺も個人的はどうなんだ?とも思う。


床屋に行ったら幸福になれるのか?私は少なくとも58年間、床屋に行って幸福感を感じたことはたったの一度もない。^^;


こちらの諺も結婚は1週間しか幸せでないと説いているが不幸な御仁が作った諺だと思う。


どちらもあまりに「釣り」を美化し過ぎた内容です。


永遠にバカになりたかったら釣りを覚えなさい!のほうが説得力があると思うのは私だけ?


考えても見ていただきたい。
あと2年で還暦を迎えようとしているジジイがこんなもんハリに刺して遊んでいるんだよね~!
003_2017082300075563c.jpg



私の両親は既に他界したので、今更いいんだけど、釣りをしない方やルアーフィッシングをしない方からすれば、こんなもんをハリに刺してワクワク・ドキドキしている息子を見たら「何か悩み事でもあるのか?」 と言われても仕方ない。


妻にこのカニのソフトワームを見せたら、「これ、食べれると?」などという愚問が返ってきました。(汗)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・???



ボウズぐらいでは釣り人は哲学者になれないかもしれませんが、度重なる妻の愚問で釣り人は哲学者になれる可能性があるかも知れません。^^;

  


スポンサードリンク

まとめ

星影のステラを口ずさみながらの夕暮れ時の博多

お櫛田さんや川端商店街をウロウロして、中洲ジャズのオリジナルグッズのトートバックを購入しました。

001_201708200958102be.jpg


喉がカラッカラッになった私は、ホテルオークラのラウンジ&バー ハカタガワに向いました。


期間と時間は限られているんですが、サンセットタイムはおススメです。
(期間:8/16~31 16:00~19:00)


040_20170820095234b8f.jpg
041_20170819095750ed1.jpg


開放感たっぷりの屋外でBBQも楽しめます。
044_201708200952362ec.jpg


中洲から天神方面に向う途中は、JAZZのスタンダードナンバーの「星影のステラ」「オン・グリーンドルフィンストリート」「マイワン&オンリーラブ」・・・などを口ずさみながら歩きましたバイ。


博多の夜景と言えば、こちらのスポットを思う出す方が多いはず。
047_2017082009523854e.jpg


橋の上から電気ウキでセイゴやメイタが釣れそうな気配ですが、こんな人の多いところで5・3メートルの磯竿を振り回す勇気がある方はさすがにいないようです。^^;


でも、夕暮れ時の博多にはJAZZのジャケットにもそのままなりそうな光景が案外多いのです。
050_20170820095241d42.jpg

CTIレーベルそのまんまのようなジャケットにもなるような光景でしょう?

051_20170820095242342.jpg

052_20170820095244223.jpg

誰もが知るアクロス天神もECMやCTIのジャケットに使えそう!

055_20170820095245f09.jpg


で結局お目当ての大名のJAZZバーに行ったんです。
057_20170820095248e9f.jpg

あいにく当日の生演奏がSAXプレイヤーだったので、パス!
056_201708200952477fd.jpg


中学生の頃からJAZZを聴いてきた私は、今はSAXの音があまり好きではないんです。


できればピアノトリオもしくはカルテッドでもミュートを付けたトランペットがとことどころ間奏を入れる程度が良い塩梅。


釣りもJAZZも許せる限りシンプルな方が楽しい。と思うのはやはり、年を重ねたからなのでしょう。


で、久しぶりにヤリイカの刺身と天ぷらが食べたくなったので、知り合いの女性と一緒に初めての居酒屋に行きました。
062.jpg


揚げたてのヤリイカの天ぷらは、やっぱ・・・美味しいよね~。


クルマを使わないことで、糸が切れた凧のように勝手気儘にどこにでも行けます。^^;


半夜釣りも楽しいけど、半夜遊びも楽しい。







スポンサードリンク

まとめ

中洲ジャズオリジナルグッズを買ってイベントを盛り上げよう!

中洲ジャズのホームページを見てみますと、
「オリジナルグッズの販売収益が中洲ジャズ運営の大きな資金源となりますので、皆様のご支援よろしくお願いします。」と毎年書かれているので、川端商店街と櫛田神社を散策がてらオリジナルグッズを買いに行くことにしました。


032_201708190933340af.jpg



昭和30年代生まれの私にとっては、櫛田神社~川端商店街は歩くだけで心が癒されるパワースポットです。


031_20170819093327891.jpg
汚いドブ川が凄くジャズっぽくて、釣り師の感覚とは違ったものを感じさえします。


男と女の欲望や悲しみが、とうとうと淀んでは流れていく感じ。


都市特有のやるせなくて、切ない排泄物が淀んだようなドブ川です。


028_20170819093329ea0.jpg
ちょうど6時ぐらいではかた伝統工芸館がしまっているときでした。^^;
このしたたかにも見える笑顔がなんとも・・・・


026_20170819093331e18.jpg
お櫛田さんの狛犬が大好きです。
024_20170819093329d1e.jpg
いつ見ましても、荘厳且つ畏敬の念を感じざるをえません。


この様な写真を見るとたいていの方は「旨そう~!!」と思うのかもしれませんが、私は「釣りてぇ~!!」思います。
033_20170819093335aa7.jpg
45センチぐらいのアコウ
034_2017081909333791d.jpg
55センチぐらいの小型のアラ


船釣りではなく、オカッパリからこの様なアコウやアラが釣れたら・・・楽しくないはずもないですよね?


相変わらず人気のフクロウの店
036_2017081909333879d.jpg
いつも満席でなかなか入れません。


037_20170819095746a41.jpg
郷土の名士に合掌!!



005_201708190957424c2.jpg
で、中洲ジャズのオリジナルグッズが買えるのがこちらのビルの6階です。
004_20170819095743967.jpg


博多リバレインの川を挟んで真向かいの博多人形会館があるビルです。
008_20170819095744973.jpg


ここで、中洲ジャズのオリジナルグッズが買えます。


ここでオリジナルグッズを買った私は一休み。



スポンサードリンク

まとめ

釣りサイトのバックアップをしていなかったために悲劇は喜劇と化した!

今書いているような無料ブログは簡単でいいんだけど、記事数が多くなるとアーカイブを探し出すのも大変だし、自分が何を書いたのかすら覚えていなくなりがちです。



事実、覚えていないことがほとんどです。^^;



で、一昨年ぐらいからサイト作成ツールのシリウスを購入して練習がてらマルチドメインを使って書いていたサイトが2~3あったのです。
【上位版】次世代型サイト作成システム「SIRIUS」



アラ還の私は、60歳を境にあることを始めたいと思っていますので、それまでにサイト作成が上手になっておく必要があるのです。



なので、習うより慣れるしかないと思って練習用のサイトをいくつか作ったんです。



その中のひとつがこちらのサイトです。
釣りと魚と自然の雑学



ところが、トップページに私が書いてあるタイトルや記事がそのまま画像を抜いたようなサイトの記事を発見して驚きました!!



あれ~、どこかで見たような、私が書いた様な気がする文章じゃないか?と思いました。



やっぱ・・、俺が書いたのをコピペしていやがる!!と、思いましたよ~。


002_20170818135309604.jpg


でも、悲劇どころかウェルカムな喜劇です。



著作権がどうだとか言うつもりは全くございません。



著作権をはじめとする知的財産権に関する法律は、ほんの少し詳しいのですが、だからと申し上げてどうこうするつもりはサラサラありません。


私ごときが書いた文章が気に入ってくれたのなら、それはそれで大歓迎です。



でも私が書いたこのサイトは、既に仮死状態なんです。



どういうことかと申しますと、このサイトのデーターが既に手元になく更新できない、いじれない状態になっているんです。



昨年末にローカルディスクCとローカルディスクDがかなり一杯になってパソコンの動作が重くなり、不要なデーターを削除したり、CディスクからDディスクに移したり、その逆をしていたりしているときに、それまでシリウスで書いていたサイトのデーターが消えてしまったのです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!


7~8ぐらいサイトを作っていたんですが、バックアップをしていなかったために瞬時でデーターがなくなりました。(涙)



雲中霧散とはまさにこのこと!!



で、あるサイトに回復方法を尋ねたら、「すべての記事を画像と文章をコピペしなおしてください!」などと言う返事が来ました。



ふざけやがって!そんな面倒くさいこと・・・誰がするか!!!と、年甲斐もなく憤りましたバイ。(爆)



2~3記事ならともかく、数十の記事をコピペして画像を適所に入れ込む作業を考えただけで気がふれそうなので、この方法は絶対パスです。


で、レンタルサーバーに問い合わせたら、1サイトに付き10800円でデーターを修復することができるとのことなんですが、練習用に作ったサイトなどに10800円も払って修復する価値などあろうはずもありません。



つまり、ほったらかしのまんま・・です。



データーはバックアップしておかないと悲惨な目に遭うことを身をもって体験しました。



釣りも経験が大事ですが、パソコンなどのネットスキルも経験が大切です。



痛い目に遭わないとなかなか学習しないのです。



ボウズは釣り人を哲学者にしてくれるから、ある意味ありがたいことではないでしょうか?



でも、初心者や初めての方がボウズを喰らうのは、絶対的に精神衛生上よろしくありません。
引率される方は考えてあげましょう!


001_201708181353084e1.jpg(続安近短の海釣りを目指す博多の釣りバカ)


私のサイトの画像は基本的に著作権フリーとしていますので、画像の下に出所だけを書いてくれればOK!!です。


私が撮影した画像が使われることで釣りが好きな方が増えるのであれば文句を言うどころかウェルカム!!ですよ~!








スポンサードリンク

まとめ

お盆に釣りはダメなのか? でも、釣りに行った!!

8月14日の今日、私はいつもどおり夕方6時過ぎから釣り場に向かいました。


妻には「前回のエサが冷蔵庫にあるけん、行かな、ダメになるやろうもん!!??」と言いますと、「ナントカカントカ言いながら、結局釣りに行くちゃね~!!」となじられました。^^;


今日は過日東浜から見た中央埠頭の御笠川沿いにあった構造物が気になっていたので、そこへ行くことにしました。
004_201708090058141a1.jpg


ですが、現地に赴きますと、いつの間にやら、あったはずの構造物がありませんでした。


??????????????????


すると、なぜかしら先端部分に移動していました。



この構造物が何をするためのモノであるかの知識はあいにく持ち合わせていません。


001_201708142358331f9.jpg


釣り場にはゴイサギが付かず離れずの位置にいまして、誰かがサビキ釣りをして小魚を与えていることが推定されました。
002_20170814235834d9c.jpg



すぐに暗くなり、気合が入ってはきたものの、エサのアオムシはほぼグダグダとなり死んでいて、まともな釣果をこの時点で諦めました。^^;


ヘナヘナに死んだアオムシをハリに刺して2ヒロぐらいを狙いますと、釣れるのはこちらのチャーリーばかり。
005_20170814235837838.jpg
(撮影後すぐにリリース!)


入れ食いのチャーリーにウンザリしているところに雨と雷の稲光が!!


竿を出して30分もしないうちに納竿しました。


004_2017081423583587b.jpg


海上保安庁の船が停泊しているところまで探るつもりでした。


雨はともかく、雷はえずいので、すぐに竿を短くしました。


その後は自宅近辺の博多コマーシャルモールのTUTATAの本屋さんに行き、妻と約束していた時間まで本を読んでいました。


まだどうなるのか分りませんが、ただでさえ釣り場が立ち入り禁止になっている中、これ以上釣り場が少なくなることは釣りバカだからではなく、望ましいことではありません。


湾奥の釣り場がなくなることは釣りをしない方からすれば、ど~でも良いことでしょうが、インバウンド受け入れのためにいつ終わるのかも定かではない港湾施設の充実が果たして必要なのかどうか?


「人口がへっとるけん、外国人に来てもらって、お金を落としてもらわんと、いけんめ~ぇもん!?」と言われると返す言葉もありませんが、金儲けのために自然を破壊し続けると、ロクナコトがないことは既に実証済みなはずです。


差益を稼ぐために中国や世界各国から輸入品を仕入れてセアカゴケグモやヒアリなどの予期せぬ副産物も上陸しています。


いずれ、パラスト水のことも問題となるでしょう。


輸出入が増えれば必然的に起こる問題です。


目先の損得勘定を考える政治家も必要ですが、もっと長いスパンで20年~50年先のことを考えた政策が打てる政治家も必要なのではないかと思います。












スポンサードリンク

まとめ

異常海水温が懸念される博多湾の湾奥

車が傍に止めることができるので、今日もここで竿を出してみました。


001_2017081108152380b.jpg


良い眺めの中、夕陽を浴びながら仕掛けを作っていますと、対岸から黒煙異臭が!!

006_20170811081530333.jpg

火事なのでは?と思いつつしばらく眺めていました。


007_201708110815310e0.jpg


しばらくすると、消防車のサイレンの音がしましたが、火が上がった現場まで入ることもなく、いつの間にか鎮火したようで、恐らくは近隣住民の方が心配されて消防署に通報したと推察いたします。


黒煙と異臭が収まったところで竿を出しました。


004_2017081108152757e.jpg

案外距離のあるこちらのへチでは、これまで1匹の魚も釣れたためしがありません。(涙)


福岡港の船溜まりの入り口に位置するので、何かいてもよさそうなんですが、恐ろしいほど何もいません。^^;


今日もやっぱり何もいませんでした!!


002_201708110815255b5.jpg


こちらの先端付近の海底付近ではこちらが入れ食い。
005_20170811081528985.jpg


小さなくせしてアタリだけはデカイ・・・チャーリーです。(笑)


その後もチャーリー・・・ばっか!!


タナを上げてもガンガン食ってきて、エサを容赦なく食ってくれます。


003_201708110815258b2.jpg


本命ポイントを薄暗くなってから探ってみましたが、ここも恐ろしいほどアタリが皆無!!


台風5号が来なかったために、煮えたぎった湾奥の海表層が攪拌されることもなく、ヌル風呂状態になっているようにも思えます。


竿出しから20分でこの場を断念し、東浜の船溜まりに向いました。


でも、一投目から釣れるのは例によってこの方たちばかり・・・・。
009_20170811081533e55.jpg


たまに2歳魚も混じりますが、手の平程度のキビレは竿を大きく曲げてはくれません。
011_201708110815342c8.jpg



中層前打ちならぬタナを1メートルぐらいで表層前打ちをすると、アジゴと見間違うようなセイゴばかりが・・・!!



ある程度大きな魚たちはどこか避暑地に行っているようで、ここでもすぐに納竿。



どこに行ってもやんちゃなチビッ子の魚ばかり・・・です。^^;



チビッ子はぬるま湯のようなビニールプールの中で遊ぶのが大好きですからね~!







スポンサードリンク

まとめ

無料写真加工ツールで妻と笑いながら遊ぶアンポンタン

前回は、「デジカメで撮った写真の容量をペイントで圧縮する方法」を覚えた私なのですが、今日は無料の写真加工ツールを使って妻と二人でゲラゲラと笑いながら加工した画像を眺めていました。


自分が撮った画像があれば、こんなにも簡単に違った加工ができるので、驚かされます。


7Cgfocmz.jpg

gGl7l8b0.jpg

kako-p09KIeJkYyuehl58.jpg

kako-C9nkJ4oZu2eroIU0.jpg

VJKigK4C.png

LagFRv4d.png


釣った魚の写真を画像処理しますと、いろいろと遊べて楽しいものです。^^;


例えば、元の画像がこれだったとします。
008_20170810161854fce.jpg


ボタンを押すだけで瞬時にイラスト風や色鉛筆で描いたようになるのがこちらです。
kako-iBahzml38NG03GHw.jpg

kako-9laWdV7pekuNxz7i.jpg



ですが、妻がゲラゲラ笑っていたのは魚の写真ではなく、私の写真を画像処理したものでした。


この様なぼかしの写真は良く見かけますよね?
kako-GW3KLOY8tRCp5ADr.jpg


加工処理によっては以下のようになるんです。
kako-6UcVWsPWv4NrNjNT.jpg

kako-K9WI47cL501uDWYW.jpg

kako-6F4KmqDXG5RYL7A9.jpg

kako-dOh5MOh48qJBnxVo.jpg

kako-67eECmX5o4l3Arlq.jpg

kako-tRL8Nvt35aq6exTd.jpg


元の写真に近い画像処理をしたのがこちらです。
kako-dViABa17bt0Egu8v_20170810163805b6e.jpg

kako-jr50dVznUBXUiG3C_20170810161738e49.jpg



このときは、たまたま会社の後輩のG君に撮影して貰いましたが、たいていは単独釣行なので私が自身のサイトにむさ苦しい顔を載せることはほとんどありませんでしたし、これからもほとんどないと思いますので、今回だけは我慢してください。^^;



最近では、夕方はもちろん、夜でも苦手な帽子を被っています。



夕方8時ぐらいにならないと陽が沈みませんから・・・。



さて、今日は帽子を被って散歩がてらどこに行こうかと思案中です。











スポンサードリンク

まとめ

釣り用のデジカメを替えた釣りバカ

8年間も使い続けた釣り用のデジカメがついにボロボロになってしまいました。^^;


001_20170809012008b80.jpg
8年間の経年劣化の賜物です。^^;


002_20170809012008e7d.jpg
どこがなんだかメモリが良く分りません。(苦笑)


003_2017080901201079f.jpg
レンズにはキズがついて、ファインダーは良く閉じません。^^;


レンズ周りの金属の輪がとれてなくなり、ファインダーを綴じる機能もおかしくなり、撮影する時も注意しないと隅に残ったままになっています。(涙)


何回も地面に落下しましたし、魚を触った汚い&濡れた手で触りまくりましたから・・・・。


で、新しく乾電池式のデジカメを購入したのですが、これがまた問題あり!


024_20170808093459022.jpg


ファイルのサイズが大きすぎて2MB以上あり、アップロードできないのです。(涙)


ファイルの容量をイチイチ圧縮ソフトで加工するのも面倒臭いし・・・。


せっかく買い直しても、余計に面倒になるんじゃ~意味がない!!


ブログサービスによってアップロードできるサイズが違うのか?


なんだか良く分らないのですが、しばらくいろいろとパソコンで検索していじりまわしてみることに致します。


私が乾電池式にこだわるのは、充電が切れると撮影ができなくなることと、マメに充電をするようなことを絶対にしない自信があるからです。(笑)


ランニングコストは乾電池式のほうが高くつくと言う方もいますが、撮影できないのでは意味がない。


テストしてみました。


019_20170809004826566.jpg


この画像は昨日東浜の船溜まりで釣った35センチぐらいのセイゴを接写機能で撮影した画像なのですが、今までどおりアップロードできなくて、「Windows 7で、写真や画像のファイルサイズを縮小する方法について教えてください。」というサイトを参考にファイルサイズを圧縮した画像です。


めんど・・・くせぇ~!!(汗)


もう一枚やってみました。


009_2017080900552595e.jpg


昨日の東浜からの夕焼けです。



慣れると案外簡単かも??



気になるもう1枚の画像を圧縮してみました。


004_201708090058141a1.jpg


中央埠頭の御笠川沿いの私が良く竿を出すポイントに妙な構造物が海の中に建てられています。



何じゃこれは?と目を疑いました。



それは、ともかくこれまでのデジカメよりも面倒臭いのですが、何とか画像をアップロードできることが分り一安心。


今までどおり撮影してアップロードしようとしたら、容量が大きい!などと言われても、そんなこと知るか!!と言いたいです。


でも、何かのソフトを改めてダウンロードせずに「ペイント」を使って画像を圧縮する法方が分ったので、良し!!とします。






スポンサードリンク

まとめ

台風5号の直撃を免れた福岡県と被災地朝倉市、東峰村

長寿台風あるいは迷走台風と呼ばれる台風5号の直撃を免れた福岡県です。


昨日の6日ぐらいから徐々にですが、風が強くなり私はある神社にお参りに行きました。

003_20170807144802229.jpg

マジで台風5号が朝倉市や東峰村を直撃しませんように!と願をかけました。

005_2017080714480176f.jpg

004_20170807145246d1b.jpg


朝倉市には知人が多く、お世話になっている方も多いからです。


北部九州豪雨の一番の被害地である杷木町にも知り合いが二人いますし、東峰村にも知り合いが一人います。


皆さんご無事でしたが、道路は未だに片道通行だったり通常の生活とはかけ離れた生活を送られています。


流木があらゆるところに堆積し、完全復旧までは遠い道のりになりそうとのことですが、地道に周辺部の片付けや復興に向けての活動を行っているところに大型台風や豪雨が来ることを想像しただけでぞっとしました。


私は月初めに神社にお参りに行って、先月に何も大事が起こらなかったことやありがたかったことに対して1ヶ月スパンで手を合わせるようにしています。


行く神社や日時等は決めていません。


かなりいい加減ですし、本当は毎日行かんといけんのでしょうが、性格的に無理です。


今月は1日にここへお参りいたしました。
001_201708071448036c2.jpg

7月の家内安全、無病息災、楽しく釣りができたことに手を合わせて感謝いたしました。


苦しい時の神頼みは、基本的に一切致しません。


前月のことを事後報告がてら感謝しに行っているだけです。


でも、今回は台風5号が福岡県を直撃しませんように!!と、お願いいたしました。


すると、昨夜から今朝にかけて通過するはずの台風のコースがずれました。


単なる気象の気まぐれなんでしょうが、まことにもって「感謝」です。


これでまた神社にお参りする理由ができました。


福岡市内は今現在ピーカンの天気ですが、風がやや強いようです。


夕方から竿を出す前に、山王公園の横の日吉神社にお礼参りに行く予定です。


釣り場に向かう途中にあるんで・・・。


もちろん、願をかけた神社は後日行きますよ~!!









スポンサードリンク

まとめ

乱獲とプラスチックごみの増加で2048年に食卓から魚が消えると言う予想

マイクロプラスチックのことは以前にも記事にいたしました。


それに関する研究論文が発表されました。


アメリカとカナダの合同研究チームによれば、海洋の生物多様性が漁業によって急速に失われていることを指摘し、既に人類は29%もの海洋の食用生物種を乱獲にしたことによって絶滅に近い状態に追い込んできたことも指摘しています。


現行のまま世界各国が何ら対策もせずに操業と消費を繰り返せば、食糧となる対象魚の激減が続き、2048年にはほぼ消滅するという恐ろしい未来予想を立てています。


更に魚の激減により、海洋の生物多様性が失われることで、海の富栄養化が進行し、アオコなどの藻類が異常発生し、近海の生態系に悪影響を及ぼしかねないことも指摘しています。


危惧される問題は他にもあり、2016年1月にエレン・マッカーサー財団が発表したレポートによれば、海に捨てられたペットボトルやビニール袋などのプラスチックのゴミの量が2050年には海に生息する魚類よりも多くなるという試算が出ているらしい。


想像もできませんが、世界各国つまり地球規模で考えると、海に流出するプラスチックのゴミは年間1270万トンにも及ぶそうです。


世界で年間に生産されるプラスチックのなんと33%が海洋を含めた自然環境に遺棄されているらしい。



マイクロプラスチックを食べた魚を人間が食べることで、確実に人体に有害物質も蓄積するらしい。



何とも、恐ろしい未来予想です


002_20170731235012c1b.jpg


いつもではありませんが、博多湾内でもどん詰まりのコーナーにペットボトルやら発泡スチロールの破片などが大量に浮いていることがあります。


もちろんそのような場所で竿を出しませんが、それだけですむ問題ではなさそうです。



われわれ釣り人ができることは限られています。



ビニール袋やペットボトルを海に捨てないことぐらいしかできません。



それが地球規模で勘案すると焼け石に水程度のことであっても海にはモノを捨てないことが必要です。



この様なレポートを読みますと、キレイな玄界灘に棲息するフィッシュイーターたちも確実にマイクロプラスチックの影響があるのかな?と思ってしまいます。
048_201708050728362cf.jpg


知らない方が幸せな未来予想もたくさんありそうです。


人口激減、異常気象、貧困拡大、AI侵略、中国台頭・・・などなど知ったら怖い未来予想がたくさん。



スポンサードリンク

まとめ

当歳キビレばかりに唖然とした釣りバカIN東浜船溜まり

今日も最近良く行くイガシキダイポイントに向いました。^^;


008_20170804001312c94.jpg


バカは、いや釣りバカは、一度でも良い想いをすると、同じポイントばかりに行くクセがあります。(苦笑)


先端部分では青年がアジングをしていました。
006_2017080400131046c.jpg


アジも小さなアジゴがごく僅かしか釣れないとのこと・・・。(涙)



過日イシガキダイが釣れたポイントで竿先にマシンガンの様なアタリがあり、もしかして良型のサンバソウかも?などと想いつつアワセを入れますと、すぐさま犯人が分りました。


007_20170804001312577.jpg


8月になった途端にコイツラのお出ましです。(怒!)


ライトアップされた荒津大橋を眺めながらこのポイントをスポイル!!
009_20170804001314b44.jpg


潮がちょうど夜の8時ぐらいが満潮なので、最近ご無沙汰している東浜の船溜まりに向いました。


マリンメッセで何かがあったみたいで、道路は大渋滞!!^^;


東浜の船溜まりに着いて、竿をすぐさま出しますとすぐにアタリがありました。


010_20170804001315cc8.jpg
(アジゴより小さなミニ・セイゴ・・・!)


次はここの名物のこちら。
011_2017080400131730e.jpg


次はこの方。
013_201708040013185c0.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!


アタリは頻繁にあるのですが、こんな小さなヤツラばかり釣っても・・と大きく場所を移動して竿を出すと、釣れたのがこちら。
012_20170804002745cf0.jpg


やはり、コイツでした。^^;


この後は当歳キビレのオンパレード!!


10匹以上連続で当歳キビレ・・・ばっかし!!


ハリを外して即リーリースするのも面倒。


エサをハリに刺すのすら面倒になりかけたそのときに竿先をグイグイ曲げるアタリが!!


今日、唯一アタリらしいアタリに息を止めて竿先が曲がるのを見ながらアワセますと、竿先が引きこまれました。


よっしゃ~!」と、ロープの位置を確認しながら曲がった竿を操作しますと、銀色の魚体がうっすらと見えました。


35センチほどのキビレやね~!♪♪と、思いつつやり取りしていると急に軽くなりバラシマシタ。


・・・・・・・・・・・・・・!!


ハリも、オモリも付いています。


刺さりが浅かったのでしょうか、バレ・・・ますたバイ!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!


気を取り直してハリにアオムシを刺して周辺を狙いましたが、イヤになるほどの当歳キビレばっかり。(涙)


ここいらが潮時だとばかり納竿。


今日買ったばかりのアオムシ50グラムは当歳キビレのおかげでなくなりました。^^;


何も釣れんよりはマシですが、当歳キビレばかり釣ってもちっとも楽しくありません。


2~3歳魚が釣れずに、いきなりの当歳キビレにも驚かされました。



スポンサードリンク

まとめ

中洲ジャズ2017~釣りバカの密かな計画と楽しみ方

福岡市民にはすっかりお馴染みになった中洲ジャズですが、今年は9月の8日(金)と9月の9日(土)に催されます。


根回しよろしく、私はこの二日は既に休みの予定を入れています。^^;


で、中洲ジャズの公式ホームページを見回して、今年の出演者を見渡して、是非見たいステージを既に決めています。


順位は関係ないのですが、
1番は牧山順子さんです。

美人ですから・・・!!
スタンダードナンバーをやってくれるとありがたいです。


2番はあの女優の高岡早紀さんです。

美人ですから・・・!!
ボサノバはこの季節には最高です。


3番目はmichiyo さんです。

美人ですから・・・・!!
新曲を聴きたいものです。


ステージは2日に渡っていろいろな場所で行われますが、ディテールはまだ決まっていません。^^;


願うべきはこの3人の方が同じ時間帯に別のステージで演奏しないことです。


それとできれば、同じ場所で時間帯をずらして出演してくれると助かります。^^;


アッチ行って、コッチ行って、また戻ってくる・・・と言うのを過去に何度も経験しましたが、結構歩きくたびれるものです。


聴きたい方のステージが終わったら、中洲の屋台に行くのも楽しみのひとつですし、ジャズバーに行くと必ず学生時代の誰か知り合いがいます。^^;


常日頃からジャズを聴く方はそれほど多くないので、お互い年はとっても案外顔見知りが多いものです。^^;


それから、またもう一軒他のところに行って帰宅するのが遅くなり、妻に「何時と思うとると~?」としばかれます。(涙)


「バラードとブルースの夜」は幾つになっても「妻からしばかれる夜」でもあるので、今年はマジで作戦を立ててどこかのホテルに一泊して遊ぼうかと思っています。


心配なのは、ボケてホテルにリザーブしているのを忘れて、タクシーで帰宅しそうなこと。


ソンナコトしたら、妻の怒りが頂点に達するのは目に見えています。^^;














スポンサードリンク

まとめ

最高気温36度の福岡市の夕方に須崎埠頭で釣れたチビメイタ

このところ凄く暑いです


この1週間は最低気温が28度ぐらいで、最高気温が34度前後で推移している福岡市ですが、7月最後の今日の最高気温は36度でした。^^;


実は、昨日も夕方から最近行きつけの例の場所に行ったのですが、アタリすらありませんでした。^^;
002_20170731235012c1b.jpg


すぐさま荒津のオイルセンターに行きましたが、ここもサッパリ。


暇潰しに壁際を見てると、久々にコイツを見かけました。
003_20170731235014fad.jpg
(数年ぶりに見るヤモリです)


しかも、暗闇から黒い猫が登場して気味が悪くなったので納竿。^^;
oJtgC7c9.png


翌日の今日は、これまた久しぶりに須崎埠頭に向いました。


岩ガニはこういう風にしてハリを刺します。
001_201708010000381c6.jpg


まずはフェリーの「たいしゅう」の付近から。
008_20170731235910365.jpg

009_20170731235912ddf.jpg


アタリの「ア」の字もございません。(涙)


なので、竿を後部座席の窓に差し込んで移動。


ほどなくアタリがあり釣れたのが、こちらの25センチぐらいの小さなメイタ
013_20170731235912b4c.jpg

この画像を見ればどこで釣れたのかが一目瞭然なはず。^^;
014_20170731235914fbb.jpg


でも、それからが、いけません!!

015_201707312359144a0.jpg


019_201707312359163ab.jpg


020_201707312359188a8.jpg



アチコチと場所を移動しましたが、アタリすらありません。


ここで有り余るエサを海に入れて納竿。


昨日が夜の8時半ぐらいがド干潮で、今日は9時半ぐらいがド干潮と最悪の潮です。


自分の未熟な腕を棚に上げて、潮のせいにしてこれ以上粘っても無理!と8時半ぐらいで釣りはヤメ!!(苦笑)


海が赤茶けていたけど、連日の猛暑で赤潮発生間じかかも?


これまで、何度も「博多湾の赤潮」などは経験しているんで、驚きもしません。


赤潮になっても釣りに行っていましたが、今年赤潮になっても釣りには行きます。


コノシロが数キロに渡り死んで異臭を放っていた時も竿を出しました。^^;


これが釣りバカの宿命です。






スポンサードリンク

まとめ