2016年09月の記事 (1/1)

博多湾奥カワハギ探査

やっと休みと釣りに行ける天気が合致して、今月初の釣りです。^^;


昨年は放生会の頃からカワハギとサンバソウを釣りに足繁く中央埠頭に通いました。


001_20160923212754729.jpg



今年もカワハギが釣れるといいな!!」と思いつつ中央埠頭に向いました。



いつもどおりのタナを探りますが、ウントモスントモ・・・アタリなし。(涙)



仕方なく3ヒロの深さを探りますと、竿先にガツンというアタリがあり、竿先が跳ね上がります。



犯人はこの方達です。



004_20160923212756b80.jpg



泳がせ釣りのエサにでもするか!?と思いつつ、面倒くさいのでリリース。



違うアタリがあるとこちらのお馴染みさん。


005_20160923212757eb4.jpg


エサを取るのが上手なチャリコ



でも、3ヒロでもアタリはごく僅か。



これじゃ~、釣り人がいないのも当然かな?



少し暗くなったので場所を東浜に移して船溜まりを探りますと、これまたいつもの常連さん。

009_2016092321371345e.jpg

019_2016092321371191a.jpg

015_20160923213713ac3.jpg

017_20160923213715a07.jpg


潮も悪く、夕方8時ぐらいがド干潮なので、潮位が低く最悪の下げ潮です。


ド干潮近辺になり、サーチライトがあるポイントに移動。


お久しぶりのチーバス。
020_201609232140089b5.jpg

そしてキビレの2歳魚。
024_20160923214005304.jpg

ここでもアジゴが頻繁にエサを突きます。
021_201609232140071ad.jpg


8時過ぎに納竿。


カワハギもサンバソウも気配がまるでありません。


写真撮影はしませんでしたがチイチイフグも2匹釣れたのですが、3ヒロ付近でした。



つまり、私が良く狙う2ヒロ~1ヒロのレンジには魚がほとんどいません。(涙)



台風が今年は直撃しないために、夏の煮えた海表面を攪拌することもなく、いつまでも温かいのかもしれません。



小物ばかりの五目釣りならぬ六目釣りでしたが、小さくても釣れれば、それなりの楽しさはあります。



夜に岩デコをエサにして渓流竿でアジゴをウキ釣りしたら面白いかもです。







スポンサードリンク

まとめ

大阪のクソガキどもとパットメセニーの「To The End Of The World」

当らなくても良いのに~、天気予報通りに今日もまたあいにくの雨でした。


昨夜の今日の天気予報での降水確率を見て、半ばヤケクソになって深夜過ぎまでネットサーフィンしたり、GYAO!で三流映画を観たおかげで、朝からコイツのお世話にならんといけないハメになりました。


005_20160919185124702.jpg


腰痛オヤジのマストアイテムコルセットです。(苦笑)


何だか怪しいぜっ!!と思ったときは、コルセットを早めに腰に巻くことで、ここ数年間最悪のぎっくり腰から上手くエスケープできています。


にしても・・、腹だたしい雨です!!


そう思っていたら、ヤフーニュースにこういう記事が載ってました。


今朝の朝の7時ごろに、大阪の大津川の河口付近の堤防で釣りをしていた56歳の男性に10代とみられる少年数人が「釣れてますか?」と声を掛けて、いきなり男性の背中を押して海に転落させたそうです。

クソガキどもはそのまま逃げ、男性は自力で岸に上がり、ケガはなかったそうです。


大阪府警の泉大津署は殺人未遂容疑で捜査しているとのこと。


今朝のお話です。


クソガキどもに突き落とされた男性は私より1つ年下みたいですが、他人事とは思えずに怒り心頭でしたバイ!!


須崎埠頭だとが箱崎埠頭の近くによじ登るところがない釣り場でこんなことされたら、たまらんバイ!!


早く警察が逮捕すると、ええですねっ!!(怒!)


このまま自宅に籠城しているとカビが生えそうな気分になり、別に欲しいモノは何もないのですが、近くに出来たという中古釣具店とキャスティングに行くことにしました。


すると妻が「テレビで宣伝している美味しそうなアーモンドチョコがあるけん、買ってきて~!!」と言う。


なんでも、チョコに入っているアーモンドが飴で包まれている新製品らしい。


あいよ~!!」となまくらな返事をしてまずは中古釣具店に向った。


001_201609191851262bd.jpg


ちょうど旧三号線の板付の交差点のところにある場所で、随分前には中古パソコン店があったところ。


002_201609191851255f0.jpg

店内に入ると、ソルトルアーとバス用のタックルやルアーが中心に取り扱われていて、残念ながら、私が気に入るモノは見当たりませんでした。


次に行ったのはここ。

003_2016091918512721e.jpg


雨が降っていることも加味してか、相変わらず店内にはお客が多い。


本のコーナーに立ち止まり、名だたる釣り雑誌をパラパラ・・・。


残念なことに博多湾及び、糸島も宗像方面に関する記事はなく、唯一能古島の裏で船からタチウオを狙う釣りが紹介されていたが、毎年のことなので、そんな情報はたいていの釣り人ならば周知なはず・・ですよね?


去年の今ぐらいの時期から中央埠頭でカワハギとサンバソウが釣れ始めたので、今日は竿を出してみたかったんですが、この天気ではあいにくそれも叶いません。


台風が過ぎてからのお楽しみ!!ということみたいです。


クルマの中に数枚のパットメセニーのCDを乗せているのですが、その中にはないこの曲が妙に気になって自宅に戻って探したのですが、生理整頓が苦手な私はいつものとおり、どこにあるのかが分らん状態。^^;


でも、You Tubuで好きな曲を打ち込むと、いろいろなバージョンがズラリと揃い踏み!!


これじゃ~、CDが売れなくて、スイングジャーナルが廃刊になるのも当然と言えば当然かも。


ところで、問題の曲がこちらのパット・メセニーの「To The End Of The World 」という曲。





イントロ部分の動画の画像はよろしくないが、だんだん海の画像がメインになるぐらいから良くなる。


ズバリこの曲の聴き所は、イントロから3分ぐらい経過してからのピアニストのライル・メイズのピアノです。


ちょうど、海を一羽のトリが飛び回るところ・・・。


ビル・エバンスが好きで徹底的に学んだと言うだけあって、弾き方だとか音の飛ばし方とか間の取り方が絶妙に似ていて繊細でありながらカッコイイ!!


私はなぜかこのピアノのメロディを聴くたびに、感動して鳥肌が立ちます。


妻に聴かせても、「全然良くない!!」とキッパリ言われたことがあります。(爆)


そして、ライル・メイズのピアノの次にパット・メセニーが奏でるピカソギターの音が素晴らしい!!


自分の音を作るために、ギター工房とギター職人まで持っている「音の探求者」なのです。


波が岩場にブレイクする画像と曲がブレイクする部分が重なっていて、画質はよろしくないものの、実に良い出来映えの画像でもあると思います。


「To The End Of The World 」は「地の果てへ」と訳するのが良いかと思います。
「世界の終わりへ」では、なんとなく辻褄が合わない気もいたします。


凡庸な日常から逃避して地の果てへ赴いても、やはり戻るところは凡庸な日常の世界であると言うことを感じされられる曲なのですが、なせかしらパット・メセニーの曲を聴くと一縷の望みを感じて元気になれます。


グラミー賞受賞回数10回を誇るアメリカの良心とも思える音作りはまさにワン&オンリー


マイルスやコルトレーン、H・ハンコック、K・ジャレット、ミンガス、M・ローチ、セシル・テイラーと言った往年のジャズメンも好きなのですが、私にとってパット・メセニーは別格です。^^;


お気に召された方は、You Tubuでパットメセニーのフルアルバム「シークレットストーリー」を聴いてみてくださいませ!!






























スポンサードリンク

まとめ

台風16号の前の大雨でただ今土砂災害警戒情報が出されている博多区

今月は、休みの日にことごとく天気が悪くて釣りに行けずにモヤモヤしていたのに、今日の大雨で完全にノックアウトされた気持ちになりました。^^;


しかも、今日は放生会の最終日なので、釣り場にクルマを止めて箱崎宮まで歩いて放生会を見に行く予定が、時折バケツをひっくり返したようなドカ雨のおかげで台無しになりました。


おかげで自宅から一歩も出ずに、ひきこもり老人一歩手前の「ひきこもりオヤジ」になっています。^^;


でも、おかげで新聞を隅々まで読んだり、気になっていた本を読んだりして、少しは知識が増えたかもしれん!!


実らないので、頭を垂れない稲穂かな?
釣りバカは幾つになっても実りませんバイ。
001_20160918184249c79.jpg


昨日の午前中はすごく天気が良くて、気持ちの良い朝でした。
002_201609181842513e9.jpg



田んぼの脇道にクルマを止めて眺める景色は「実りの秋」を予感させる景色で、畦に咲くムラサキツユクサのカワイさにも目を奪われたんですが・・・・。
003_20160918184251126.jpg


それから20時間ぐらい経った今日は、傘を差して外出するのもイヤになるほどの土砂降り


おかげで、ヤフーの待ち受け画面には博多区の土砂災害警戒情報が出ているし、大型で強力な台風16号も接近している。


明日の「敬老の日」も休みなんだけど、全然、ちっとも、サッパリ、嬉しくない!!


ところで、一昨日の西日本新聞に東区のアイランドシティ(人工島)南東部分に第二の大濠公園を作る構想があると載っていたっけ。


香椎花園と対岸の香椎浜北公園を取り巻くような格好で周囲3キロの公園にして、都市高速の延伸や民間の飲食施設を誘致して、ボートやカヌー遊びも出来る親水空間とするような意見も出ているらしい。


(ボートの上から釣りが出来るといいんだけど、1時間当たりバカ高い料金じゃ~誰も釣りなどしないはず)^^;


アイランドシティの北東部分先端は「はばたき公園」なるものが予定されていて、名称から察するに和白干潟に飛来する鳥たちが眺められるのかも知れない。


東の大濠公園が出来れば、今ある大濠公園の混雑の緩和が見込めるとのこと。


確かに、みんな新しいもの好きやけん、駐車代が無料やったら若者のデートコースになるやろうね~!!


にしても、ウォーターフロントで釣り人が喜ぶような構想が全くないのが残念!!


人工島の埋め立てが始まって以来、博多湾の釣り人の受難の時代が継続している。


追い討ちをかけるようにソーラス条約によって立ち入り禁止区域ばかりが拡大しつつある。


冗談抜きで、人工島から「200人乗りぐらいの豪華な釣り船」を低価格で出してくれれば、釣りバカ爺さん達たちが連日殺到するかも知れない。


西戸崎や大岳海岸辺りを流し釣りでキスやハゼやカレイなんか釣れれば、喜んでホイホイと来るかも。


200人乗りの豪華な釣り船なんて日本中探してもないから、福岡市のシンボル的な存在にもなるやもしれん。



中はもちろん調理してくれるお座敷があるといいね~!!













スポンサードリンク

まとめ

中洲ジャズ2016に行ってみませんか?

今年で8周年を迎える中洲ジャズ


中洲にはJAZZが似合う」と言う合言葉が、それなりに福岡市民に浸透してきたような気も致します。


自宅から10分ほど歩いて「宮園」のバス停でバスを待ちました。


001_20160909211243845.jpg



しかし・・・・なんだね。


西鉄バスの時刻表は道路の渋滞状況や天候や事故などによって、まるでアテにならんとつくづく感じる。 ^^;
(西鉄バスの悪口を言うつもりはありませんよ~!!)


来る時は3台も4台も数珠繋ぎで来るんだが、来ないとなったら15分ほど待ちぼうけを食らうハメになる。


まっ、仕方ないっちゃけどね~!!


こんなことでイチイチいらついていたら、身がもたんバイ!!


こんなことでイチイチ西鉄バスにクレームの電話をかけてもアンポンタンとしか思われんので、やめようね~!!


でも、普段自分でクルマを運転していると、バスに久しぶりに乗るだけで、なんだか気分がウキウキします。


以前は筑紫口でバスを降りて、地下鉄で中洲川端に向ったのですが、バスセンターでバスを降りて、国体道路経由のバスに乗って、「キャナルシティ入り口」で降りると安上がりだし、早いことに改めて気がつきました。^^;


目的地に向う前は、大好きな櫛田神社の狛犬を見に行きました。


003_20160909211244746.jpg

005_20160909211246bd4.jpg
(いつ見ても癒される狛犬が大好きな私は精神に異常があるかも??)



これまた大好きなレトロ感溢れる川端商店街を通って今年の目的地の博多リバレインモールBLUEステージに向いました。


006_20160909211247584.jpg
いけす料理「せいもん払い」の水槽はいつ見ても楽しい!!



009_201609092116513d4.jpg
九州の一大歓楽地の中洲を流れる川を見ると、「都市の排泄物」と「欲求のカケラ」が流れているような気分になります。^^;


人の世のまどろんだ欲求や不満を淡々と博多湾に流している様な気が致します。
(そんなところで竿を出しているのも妙です)


1900年代初頭にアメリカのニューオリンズで発祥したジャズも、今とは違っても似たような場所だったと推察します。


015_2016090921165485c.jpg

013_201609092116539e6.jpg

016_20160909214453a3d.jpg

012_20160909211652b02.jpg



既に多くの方がアチコチで陣取って、見晴らしの悪いところから先発の豊島ひろ子カルテットを聞くハメになりました。


ミスティ」と最後の曲の「テイク5」に聞き惚れました。


個人的に「ミスティ」は大好きなジャズスタンダードナンバーの一つで、まさか最初から聴けるとは思ってもいませんでした。


ここで作戦変更。


近くのファミマにお菓子と飲料水を買いに行き、「GUN kondo feat'村上ポンタ秀一」を聴くための作戦に出ました。


今回はこれが聴きたくて中洲に赴きました。


GUN kondo と村上ポンタ秀一の化学反応を聴きたかったのです。^^;


019_20160909214456b5c.jpg

020_20160909215629678.jpg


昭和通沿いにある屋台が準備中でした。


適当に中洲ジャズを楽しんだ後に屋台に赴くと言う選択肢ももちろん有り!だと思います。^^;


コンビニで買い物を済ませた私は、再び博多リバレインモールBLUEステージへ捲土重来?


014_201609092144517b6.jpg
(本日一番のお気に入りのジャズらしい映像!!)

024_20160909215630ba7.jpg

ステージの準備をしているときにBGMで流れていたパット・メセニーの曲の良いこと!!


キーボードのライル・メイズのメロディに聴き惚れてしまいました。


025_20160909223931c94.jpg

お菓子を食べながら、飲み物グビグビ・・・。


出来れば、レジャーシートは最低限あったほうが良いような気もします。



「GUN kondo feat'村上ポンタ秀一」を聴いた私は、すぐさま席を立ってその場を離れようとしましたが、観衆の多いことに驚きました。


無料でも聴ける中洲ジャズのブースですから、勤務後の方々も寄ってきて、かなりの人が集まっていました。



これまでジャズを聴いたことがない方はもちろん、暇つぶしでも良いので中洲ジャズに行かれてはどうでしょう?


026_20160909223930530.jpg


博多の三大祭として、どんたく・山笠・放生会は全国的に有名ですが、中洲ジャズもそれらに比肩するぐらいに全国から人が集まるイベントに成長してくれれば!!と、切に思います。


10箇所を超えるブースで同時進行でライブが行われるために、アレも見たい、コレも見たい・・・では、なかなか大変です。^^;


021_20160909223932145.jpg


中洲の夜がふけて参りました。


私よりも随分とご年配の爺ちゃんたちがお洒落で粋な服装で見に来られていました。^^;


昔、マイルスやコルトレーンやビル・エバンスが好きだったのかもしれません。


幾つになってもダンディズムを忘れない爺ちゃんたちに何だかエネルギーを頂いたような気がしながら帰宅しました。


毎年、違うことを感じるのも中洲ジャズの良いところですよ~!!















スポンサードリンク

まとめ