2016年06月の記事 (1/1)

ニイニイゼミの初鳴きとアゲハチョウの幼虫

半年かかって、やっと下の前歯のブリッジを入れてもらった私です。



苦節・・・・半年



思えば、アーモンドチョコを齧ったがために、いろいろな歯をいじられて穴をほがされ、歯茎に麻酔注射を打たれては、神経治療をされたこの半年間。



診察台でのけぞること・・・数回!!



でも、まだまだ続きそうで、職場では「趣味の歯医者通い」と揶揄されています。 ^^;



今日は久しぶりに雨も止んで、思うことがあり久しぶりに歯の治療の後に、車で5分ぐらいのところにあるルアー専門店に行きました。



003_201606302248556f8.jpg



そのスジに詳しい方はご存知なはずです。



筑豊ナンバーや佐賀ナンバーのクルマも駐車場に止まっていて、広域からワザワザここへ来るアングラーも多いようです。



私が探しに行った目的は、メチャクチャなキャスティングをしても必ずフックが上を向いて根掛かりしにくいジグヘッドだったのです。



店員さんにその旨を伝えると1階はブラックバス専門で、2回はジギングしかもオフショアジギング専門で構成されているとの概略を聞き、トイレで用を済ませてそそくさと撤収。



同じくすぐ近くのキャスティングに行くと、本来の目的を忘れてABUの振り出し式のエギングロッドなどに見とれていました。



邪道は承知ですが、私は2ピースましてや3ピースのルアーロッドがあまり好きになれません。



だからと言って1ピースのルアーロッドももっと邪魔臭い!!



メンドクサガリ屋御用達のルアーロッドは振り出し式に限る!!との屈折した信念を持っているのです。 ^^;



で、帰宅してからなんでキャスティングに行ったのかを思い出すと、フックが上を向くジグヘッドが欲しかったことを思い出しました。



ヤバイ!



釣り依存症のアルツハイマーの恐れがありそうです。 ^^;



そうこうしていると、ニイニイゼミの鳴き声が聞こえ、今年最初のセミの鳴き声とあって、妻と二人でベランダに出て、どこで鳴いているのかを二人で探しました。



なんとも・・・アホな夫婦です。(爆)



ついでに妻が毎年恒例のアゲハチョウの幼虫を発見!!



004_2016063022485515e.jpg

006_201606302248567dc.jpg




虫が大嫌いで、ハエ取り蜘蛛を見ただけで大騒ぎする妻も、アゲハチョウが羽化するまでの一部始終を知っているためか、小さなイモムシのようなアゲハチョウの幼虫を見ても、「可愛いね!!」と言うのです。



その後妻と二人でそうめんとイワシの握り寿司を食べました。


007_201606302248575d3.jpg


生来の貧乏性のせいか、私はイワシの握りが大好物です。



008_20160630224858821.jpg


フグの握り、ヒラメの握り、オコゼの握り、アラの握り、マグロの中トロの握り・・・などよりも好きなのです。


009_20160630225430f83.jpg


そうめんを食べて、腹いっぱいになったら昼寝をして、目が醒めたら、夕方から釣りに出かける。



こんな我儘を許してくれる妻に感謝しています。



でも、本日・・「近くに出来たセブンイレブンに行ってマヨネーズを貰ってきなさい!!」との通達を妻から受けました。



言うことをきいておかないと、釣りに行かせてもらえなくなりそうなので、ジュースを買ってマヨネーズを貰ってきました。



妻からは、「いつでも釣りに行っておくんなさいマシ!!」との有り難いお言葉を拝聴いたしました。



一つ年上の妻には、いつまで経っても子ども扱いですバイ。






























スポンサードリンク

まとめ

イギリスのEU離脱でアオイソメは安くなるのか?

相変わらず悪天候が続いていて、釣りどころではない天候が続いています。


001_20160624235410907.jpg



とある場所にコスモスが咲き乱れていました。



コスモスって、「秋桜」と書くような記憶がありましたが、釣りバカの勘違いかもしれません。


イギリスがEUを離脱し、パナマ文書に名前が上がっていたキャメロン首相が辞任いたしました。


辞任してパナマ文書の件について、ウヤムヤにしたかったのかもしれません。
(凡夫の私の勘違いかもしれません)


さて、世界経済はリーマンショックに匹敵する、いやそれ以上の混乱が予想されるなどと言う自称経済評論家もいますが、本当にそうなんでしょうか?


日経平均は16年ぶりぐらいに1日で1200円以上も値が下がり、円も100円を割り込む展開となりました。


ですが、ご安心下さい。


明日や来月にも私やあなたの生活が激変するなどということもないはずです。


このイギリスのEU脱退によってドイツのメルケル首相は支持率が下がるかもしれませんし、事実ヨーロッパ各国でもEU離脱を唱える政党が勢いづいているそうです。


でも、ご安心下さい。


もしも、フランスやドイツがEUを脱退し、世界経済が混乱しても日本の9割以上の方は困りません。


アベノミクスの恩恵など、そもそも何一つ受けるどころか、ひどい目にあっている方がほとんどですから・・。


むしろ、円高が進行すれば原材料のほとんどを輸入に頼るような企業群は、為替の差益だけで儲けが出ます。


政治献金をしているような輸出関連企業が困るだけで、9割ぐらいはデフレに戻りハッピーになれます。


トリクルダウンなど・・何もなかったはずですし、格差がより広がっただけです。


都合の良いデタラメな数字を国民に示して、成果があった!!などという誤魔化しにはうんざりしているはずです。


この数年間で、
・待機児童の問題が解消されました?
・老人福祉・老人医療の問題が進展しました?
・沖縄の基地問題がどうにかなりました?
・拉致問題の解決の糸グチが見つかりました?
・北方領土の返還の糸グチを見出しました?
・尖閣諸島周辺部から中国が出て行きました?
・政党交付金があるのに政治資金を貰わないようになりました?


問題山積ですし、たくさんありますが、そもそも解決する意思すらなく、在職中に次の選挙のことを考えて、蓄財することと我が身の保身しか考えていない人に限って、歯の浮くような立派なことをいう傾向があるように思えます。


全く守られなくても、なんらお咎めもない選挙公約やマニュフェストを選挙権がこれからある18歳の青年達にどう説明すればよいのでしょうか?


18歳から選挙権があると言っても、選ぶべき政治家がこの体たらくでは選び様がありません。


私は袖の下を貰えるような地位にはありませんし、税金で誰かさんのように書道をするために絹の着物を買うようなことも出来ませんし、したくもありません。


私が政治家で税金でアオイソメを購入して、「海洋環境観測のための必要経費」で領収書をもらったら、怒るはずです。


もうすぐ参院選ですし、福岡の立候補者も到底出来ないような歯の浮くようなことを掲げないで、「私が当選したあかつきには、アオイソメを元のように100グラム当たり600円台に戻します!」と選挙公約に掲げてくれる方に投票したいのです。



gedc5736_2016062500122805a.jpg



ほとんどが韓国からの輸入に頼っているらしいアオイソメですが、円高になれば安くなるはずです。


円高が暫くは定着しそうな経済環境なはずです。


歯の浮くような出来ない選挙公約よりも、出来る事からしていただきたい。


何ならついでに輸入モノのイワイソメも安くしていただきたいものだ。

















スポンサードリンク

まとめ

降り続く大雨に博多区で土砂災害警報発令

ここ数日間大雨が降ったり止んだりです。


九州各地では6月の降水量としては、観測史でも異常な降雨量となっています。


一昨日の夕方、帰宅時に車を運転していると、もの凄い豪雨でワイパー全開


前を走るクルマのテールランプだけが頼りの心もとない運転をしながら自宅の駐車場に着いたときは、ほっとしました。


今日も歯医者通いで、治療中にもの凄い雨音がして、衛生士のお嬢さんと驚きました。


帰宅後にパソコンのスイッチを入れると、待ち受け画面に「土砂災害警戒情報」との見出しがあり、「福岡県福岡市博多区」とあります。


幸い私が住んでいる近辺は土砂災害の恐れはなさそうですですが、周辺の大野城市、太宰府市、春日市、筑紫野市とすべて「土砂災害警報」が出ているとことを察すると、明日の通勤時の大渋滞を覚悟せねばならないようです。



九州縦貫道はすぐに通行止めとなりますから、三号線をはじめとする主要道路にクルマが溢れそうで、いやな予感



でも、豪雨のおかげでベランダに置いてある観葉植物の水やりの手間が省けました。  ^^;


001_20160622184501c5a.jpg

002_20160622184502520.jpg



豪雨も悪いことばかりじゃ~ありません。



さすがに釣りには行きませんし、行ったところで魚たちがいつものところにいるとは、とても思えません。



那珂川だとか御笠川の河口などは、とんでもないことになっているはずです。



若い頃は、こんなときは魚たちが東浜の船溜まりのようなところに避難するのではないか?と思って竿を出したことも度々ありましたが、ロクでもない結果しか記憶にありません。(涙)



自分に都合の良いプラス志向は通用しないものです。



日田の方にヤマメを釣りに行く方によると、大雨の時は水の勢いでクルマ1台ぐらいの大きな岩が動かされて、渓流の地形がまるで変わるのだそうです。



この記事を書いている最中に、再び雨足が強くなり、雷鳴が響いています。



多少の雨は水面にカーテン効果を及ぼし、魚の警戒心が薄れることは、海でも川でも同じようですが、あくまで多少の雨の場合です。


こんな豪雨では魚たちは身の危険を感じてどこかに隠れているはずです。



私やあなたも自宅から用事がない限り、外出しないのと同じですね。



梅雨が明けて日照りが続くと、メイタ~チヌが本格的に際で狙えるようになるはずです。



大雨の中、危険な場所に行かないようにしましょう!!



PS

福岡市とその周辺部では、
・避難準備
・避難勧告
・避難指示
が発令されています。



今後の気象にも要注意されて下さい。








スポンサードリンク

まとめ

ペンネームJAZZFISHとYou Tubu

私がブログを書き始めた数年前、あるブログサービスを使い始めた際にペンネームなどと言う項目があって随分と悩みました。


いくつか候補を挙げました。
・ひょうたんナマズ
・鳥獣GIGA
・亀の子タワシマン
・博多てんぷく丸
・薔薇クーダ
・唐獅子明太子マン
・豚骨ラーメン男
・毒毒ゴンズイ大臣
・開高 健太郎
・ルート69
・・・などなど。


どれもイマイチで、自分でもピン!!と、こなかったのです。

・安倍珍太郎
・波止場一郎
・ミネルバ不苦労
・モツ男
・博多ラーメンマン
・銭形HEIJI
・遠山の珍さん
・おきゅうとスカンク
・・・。

どれもイマイチですバイ。


結局、毎日JAZZを聞いていることと、魚釣りが好きなことでなぜかしらJAZZFISHというニックネームにしてしもうた!!


30代の頃は年間釣行回数300回を誇る釣りバカと言うよりも本当のバカでしたが、妻から真顔で「魚と結婚したら良かったのに!!」と言われ、我にかえり今では年間釣行回数100回ぐらいに止める良識ある??おとなしい釣り人と化してしまいました。



釣りは天候にも左右されますし、狙う釣りものの季節にも左右されるのですが、JAZZはそうではありません。



高校1年生の時の15歳から、よくも飽きもせずに、今でもほぼ毎日聴いています。



ですが、パソコンが普及してYou TubuでいろいろなJAZZMENの演奏を手軽に聴けるようになると、CDをあんまり買わなくなりました。



その昔天神のダイエーショッパーズのタワーレーコードなどに足繁く通わなくても、好きな曲や聴いてみたいアーチストの曲がYou Tubuで簡単に聴けるようになるとCDを買う必要性がまるでなくなりました。



そのせいか、CDショップはドンドン閉店し、読んでいたJAZZの雑誌も廃刊に追い込まれました。



個人の釣具店がすっかり無くなった以上に、CDショップはなくなりました。



これを時代の趨勢だとか自然淘汰だとか言うのでしょうか?



しかも、ここ数年来リビングにあるBOSEのステレオでJAZZのCDさえ聴かなくなりました。



パソコンにヘッドホンを差し込んで、You Tubuを次々に聴けばたいていは事足りますし、せいぜいJAZZ&フュージョンのCDを聞くのはクルマを運転中ぐらいです。



マーカス・ミラーのベースの曲を良く聞いていると、たまたま出てきたのがこちらの少女のベース!!





アンビリーバブルな上手さに驚愕!!



懐かしいリトナーの「ナイトリズム」のライブ版を聴いたり、




スティングのバックでペットを吹いていたクリス・ボッテイの曲を聴きながらブログを書く事が多いのです。




よく聴く曲は数十曲あるのですが、これらを分析してプレゼンテーションすることも多くありがたい限りです。



でも、これじゃ~本当にステレオもCDも要らなくなります。



これが良いのかどうか??



でも、You Tubuを見聞きするだけでネット代を払う価値があるようにも思えます。

























スポンサードリンク

まとめ

アオムシに騙され続けるメバルと、騙し続ける男

前回ポイントで買ったアオムシの残りをクルマのトランクに放り込み、中央埠頭に向いました。


夕方の7時半だと言うのに、全く薄暗くない!!


002_20160613222623b14.jpg



金網付近には船が停泊しており、その向こうにルアーマンが竿を振っていました。



時折、ピシュ!!とルアーを投げる音が聞こえます。



003_201606132226236f0.jpg



反対側には海上保安庁の「あそ」と言う船が停泊していて、その間をいつもようにジグザグに探りましたが、まるでアタリがありません。


浅ダナでは木っ端グロが飛び出してきてもおかしくないのですが、それすらいません。(涙)



「あっそ~!!」などと言うくだらないダジャレの独りごとを言いながらこの場所を撤収し、東浜の船溜まりに移動しました。



船溜まりでもアタリは少なく、最初に釣れたのはやはり・・・・・この方。



004_20160613222626479.jpg



しかもハリを飲んでいたのですが、ハゼ科の魚に限らず小魚はこうして裏から左手の親指と人差し指をエラに入れると、口をアパンと開けますので、ハリスを引っ張れば、たいていはハリが外れます。


005_201606132226268b8.jpg


ハリ外しなどと言う面倒なモノはほぼ使わない私が随分昔からやっているハリの外し方です。



立て続けに東浜名物のウロハゼにウンザリして、納竿しようと思った矢先に意外なところでメバルらしきアタリがありました。



竿先にコツン!と、メバルらしきアタリがあるのですが、食い込みません。



すかさずオモリを軽くし、エサを付け替えて、アタリがあったタナに沈めると再び・・・コツン!!


でもやはり、竿を曲げないのです。



中洲で悪い客に騙され続けた優子(仮称)が雑餉隈で洋子(仮称)と名乗っている感じ??



なんと2分近く竿を持ったままじっとしていると、安心した洋子(仮称)?は竿をかすかに曲げるアタリ。



いつもより、ゆっくりと竿を送り込んでも・・・・まだ竿を曲げません。



洋子(仮称)?は、「アオムシなんかに騙されないわよ~!」みたいな感じですが、さすがに痺れを切らしてアオムシを飲み込み私の竿を曲げて釣れ上がりました。



006_20160613222628014.jpg



17センチぐらいのナイスバディの洋子(仮称)?です。



すぐ近くで竿を出すと、またしてもカツン!とアタリがあり、アオムシを食い込みません。



中央埠頭では久美子(仮称)と呼ばれていたメバルが、東浜ではひとみ(仮称)などと呼ばれてへチの隅っこで、いじけている感じ。



でも、竿をゆっくりと上下させて誘いをかけると、ひとみ(仮称)は釣れ上がりました。


008_20160613224701eff.jpg


大きなお目目をクリクリさせながら、自分が騙されて釣られたことに気が付いていない様子。



次に釣れたのは順子(仮称)。
もしかしたら、須崎埠頭ではやよい(仮称)と呼ばれていたのかも??


007_201606132247007d2.jpg



更に一番グラマラスな明美ちゃん(仮称)も釣れました。


009_201606132247029df.jpg



ビニールバケツの中で、「また騙されたわ!!」と騒いでいる彼女達を見ると、いつになく哀れみが込み上げビニールバケツをひっくり返してリリースすることに致しました。


011_201606132247017ad.jpg


「もう、金輪際・・・・アオムシのこと信用しません!!」と言っているような表情。



出来れば、沖防を超えて、遥か彼方の安住の地で大きくなってもらいたい!!



二度とアオムシなんかに騙されなさんなよ~!!と1匹ずつ船溜まりに放り込みました。



それにしても、姑息なアタリ方だ。



入梅したはずの博多だが、真夏日の様に暑い一日でしたバイ。






スポンサードリンク

まとめ

美味しい魚を食べた翌日は、予想外の貧果でしたバイ!!

昨日、今日と連休を頂いていた私は、久しぶりにJRで黒崎まで行って、黒崎駅に先輩がクルマで迎えに来てくださり、釣り好きの後輩達と美味しい魚を食べつついろいろとお話をしに行きました。


001_201606092207488f0.jpg


一番最寄の宮園のバス停の前の那珂幼稚園のアジサイがキレイでした。



黒崎までは案外好きな特急ソニックに乗り、待ち合わせの時刻よりも随分早く到着しました。



002_20160609220748990.jpg


駅の改札口を出た歩道橋からは、黒崎商店街が見えますが、どこの商店街も人が少なく、黒崎商店街も例外ではありませんでした。


私が小中学生の頃の賑わいの残像すらありません。



先輩が時間通りに迎えに来てくださり、一度先輩宅に到着すると、程なく後輩がクルマで迎えに来てくださり、皆でワイワイと昔話と釣りの話に花を咲かせながら美味しい魚を食べました。


003_20160609220749ee4.jpg



画像ではほとんど分らないはずですが、後輩の知人の魚屋の社長も飛び入り参加され、この日のために美味しい魚を手配して下さっていたのです。



・サザエ
・アジの刺身
・天然ヒラメの昆布締め
・本マグロの中トロ
・シメサバ
・ヤリイカ
・・などなど。


熊本産のアサリのバター焼き
レンコダイの塩焼き
カマスの塩焼き
・・なども各自ありました。



すべてが絶品・・ばかり!!



これまで多くの美味しい魚を食べてきたつもりですが、さすがにどれも格別に旨い魚ばかりでした。



アジの刺身が甘くて、コリコリ!!で、驚きました。



圧巻はプリプリのハモの刺身


004_20160609220750d08.jpg



料亭などでは、梅肉とあわせた味付けが多いのですが、これを辛子酢味噌で食べると、旨さ抜群!!



後輩がハモの骨切りを丁寧にやってくれたおかげで、実に美味しく食べれました。



ハモの骨切りをやってくれた後輩は今春、若松の運河でウキフカセで54センチのチヌを釣ったそうで、もう1人の後輩も大分の鶴見や蒲江付近のクロを狙い、某釣り雑誌のグラビアを何度も飾った腕利きのクロ釣り師です。



いろいろと話が弾みました。



さて、連休二日目の今日はポイント築港店でアオムシとケミホタルを購入し、まずは須崎埠頭の西側を探りました。



全く、アタリがありませぬ。 ^^;



006_20160609224833d4d.jpg



次々に須崎埠頭のポイントを探りましたが、アタリは皆無。(驚!)



もうそろそろ、メイタ~チヌがへチに付いても良さそうな時期なのですが、メバルも、タケノコメバルも、セイゴすらアタリません。



気分を変えて、東浜の中波止に行きました。


008_20160609224835612.jpg



先端部分はハリスをぶった切る大物がたまに掛かるので要注意ですが、今日はアタリすらありませんでした。



やはり、タモを持って行ったのが不運の始まりかも?(苦笑)



先端から手前の内側で、本日唯一のアタリがありました。



007_20160609224833b50.jpg



15センチほどのメバルです。 ^^;



一度のアタリ、1匹のメバル


010_2016060922483523d.jpg



これが本日のすべてでした。



ですが、悔やむこともありません。



船釣りと同じぐらいの費用を掛けて当番瀬に渡り、「クロが全然釣れんやん!!」と船長に文句を言うこともなければ、バッカンいっぱいのマキエを撒いて「フグとベラしか釣れない!!」と、嘆くこともありません。



もとより、大物を狙うために夕方から竿を出しているワケでもありません。



ボウズでも落胆しないのが、私の釣りのスタイルではないかと改めて思いました。



安近短の代償が貧果であるとしても、悔やむことも嘆くこともないのが私の釣りのスタイルだと改めて思いました。



大物狙いや数狙いは30代、40代でいやと言うほど致しました。



金をかけて遠くに行っても、爆釣もあれば、ボウズもあります。



安近短の釣りならば、腹を立てることもないので、精神衛生上よろしいかと思うんです。















スポンサードリンク

まとめ

アジサイの季節の雨天のインドアフィッシング

水曜から金曜日の3日間は真夏のように晴れ渡った天気でした。


010_20160604154718d3b.jpg


眩しくて目を開けられないような、ぎらつく太陽が私は大好きです。



春に桜が咲き誇っていた場所もすっかり葉桜


001_20160604154719074.jpg



川があると、ついつい水の中を覗き込んでしまうのが釣り人の習性かも??


004_2016060415472245b.jpg


小さなハヤの幼魚が、すばしっこく泳いでいました。


002_20160604154721f84.jpg


天然の水草が豊富にある川を見ているだけで、心が和みます。



コンクリートジャングルのような都市に住んでいると、人だらけ、モノだらけの商業施設にはウンザリする時が多々あります。



ところどころに咲いているアジサイに目が止まりました。


007_2016060415562741f.jpg

006_20160604155627e36.jpg

009_20160604155627a28.jpg


アジサイの花にはカタツムリアマガエルが似合います。



あいにく今日は雨天で釣りに行けそうにもなく、今日から「歯と口の健康週間」とは無関係に例によって歯医者通いです。



ちょこっと治療をしてもらい、近くのリニューアルオープンした釣具のキャスティングに行くと、お客さんの多いこと、多いこと!!



土曜日と言うこともあってか、釣り好きの方が次々に来られていました。



アベックで来られている方々もいますし、釣りが好きな方は、ほんとに多いんですねぇ~!!??



私が購入したのはこちらだけ。


013_2016060416181646c.jpg


ウォーター・グレムリンのルアー用のシンカーと糸鉛。



カニエサを使うときに久しぶりにハリに糸鉛を巻き巻きしようと思って・・・。




7~8年使ったシマノのウエストバックのファスナーが壊れたので、今現在は雑誌の付録についていたバックに入れて釣りをしています。



入っているものはそれほど多くはありませんから・・・。



016_2016060416181899c.jpg




釣り用のハサミなのですが、先端がかぎ状になっていて主にガン玉を開く時に重宝するものですが、これはとても便利なのです。



023_20160604170325915.jpg


これまで、ダイワやシマノの似たようなモノを幾つも買ったのですが、海に落としたり、夜釣りで釣り場に忘れたりで1つもない状態でした。


今度はなくさないように100円ショップで、金具が付いた伸びる紐でバックに留めておくようにします。



雨の日は、それなりに釣具をいじって「次の釣行」のことを考えるのも楽しいものです。















































スポンサードリンク

まとめ