箱崎埠頭の記事 (1/2)

誕生日の日に23センチのメバルを妻に献上することができたバイ!

釣り具やエサにお金を使うのはもったいなくない私は、よくよく考えてみると普段着る洋服に無頓着なので、昼間にルクルに洋服を調達に行ってきました。^^;


GEDC0278.jpg
帰宅すると、妻は買い物に出掛けており、ベランダに出ると、見慣れない観葉植物が!!
GEDC0279.jpg


私の誕生日ということで、勤務先から観葉植物(シャコバサボテン)が届いていました。


シャコバサボテン(カニシャボ)はかなり好きなので、合掌しましたバイ。


そうしていると妻が買い物から帰ってきて、「メバル・・食べたいなぁ~!!」などと私をチラ見して言うんです。^^;


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!


今日は勤務先のG君と4時に箱崎の貯木場で待ち合わせをしていて、過日箱崎バナナでモエビをエサにしてヒイカを釣っている青年に「モエビ・・・どこで、こうたと~?」と尋ね、「名島の香月釣り具のすぐそばの馬場釣具です」との言葉を思い出して、名島の馬場釣具に向かいました。

GEDC0280.jpg


人柄の良さそうな奥さんから地下水の水道のコックを借りて、水を容器に入れてモエビ50グラムとアオムシを50グラム購入しました。


「厳冬期を除いては、モエビは年中売ってるよ~!」と、頼もしい言葉をいただきました。


私は岩ガニやカラス貝に比べると、モエビのエサが格段に好きです。


モエビをハリに刺してアタリがなくても、魚がいないんだなぁ~・・・ぐらいにしか思いませんが、岩ガニやカラス貝をハリに刺して1~2時間もまるでアタリがないと、限られた貴重な時間の中で、こんなアホなことをやっていて良いのかなぁ~?などと、妙に哲学的にもなってしまうのです。(笑)


魚がいないところに岩ガニやカラス貝をつけて、チンタラチンタラと防波堤のヘチを落とし込んでいるとしたら、まるっきりアンポンタンの極致やな!!と思ってしまうことが多々あるんです。^^;


その点、モエビは汎用性が高いので、チヌやメバルとシーバスにはアピール度抜群なのですが、この方々にもアピール度抜群です。
GEDC0281.jpg

フグボールです!(涙)

GEDC0283.jpg

せっかくモエビが手に入ったかと思ったら、お前らか!!と、ぼやきたくもなるフグボール。


可愛いけど・・・、憎たらしい!!
憎たらしいけど、カワイイ!!から反対側にリリース。


「日が落ちるまでに短時間勝負で、ド干潮からの切り返しで、チヌ、メバル、セイゴを狙う」という浅薄な私の目論見はフグボールに打ち砕かれました!!(爆)


人生も思い通りにならんように、釣りも思い通りにはならないものです。


ですが、モエビがあったおかげで思わぬ収穫がありました。


それはこちら。
GEDC0290.jpg

GEDC0291.jpg

GEDC0292.jpg

5センチほどの大ぶりのモエビをハリに付けると、フグボールとは明らかに違うアタリがあり、釣れたのがこちらのナイスバディ&ボリューミーな23センチのメバル


結局、今日の貯木場は激渋でメイタもクロもチャリコでさえもアタリが少なく、この貧果。
GEDC0284.jpg
・手のひらメイタ2枚
・手のひらクロ2枚
・チャーリー2枚
・チビセイゴ1枚
・手長ダコ1杯


この時点で7時ぐらいでしたので、長浜のポイントに移動。


ですが、ここもさっぱり!


G君は3ピロぐらいのタナで25センチぐらいのセイゴを2匹ゲットしましたが、私の竿にアタリは皆無。


ここで何も釣れないのは、初めてです。^^;


9時になり、納竿というか「お開き」です。



ですが、今日は妻に謹んで献上するメバルが1匹釣れただけで良かった!



激渋な状況の中、それなりのメバルが釣れただけでも良しとせねば。



海の状況は、何十年釣りをしていても分からないものです。



初めから海のコンディションが分かれば、釣りに行かない日も多いと思います。^^;



行ってみて、エサを付けて竿を垂らして、初めて分かるもどかしさ



思い通りにならないからこそ、釣りはやっぱり面白いのではないでしょうか?


スポンサードリンク

まとめ

雷雨の中で出会ったヒイカ狙いの青年たち

「ド干潮からの切り返しでメバルが釣れればいいなっ!」と思って貯木場に向かいました。
GEDC0264.jpg

すでに先端までには7~8人の釣り人が確認できました。


人気の釣り場ということもあり、貯木場はよほどの悪天候でもない限り、釣り人が絶えません。^^;


GEDC0265.jpg
ここで釣り座を構えておられる釣り人が18センチぐらいのクロを釣り上げて、「なかなかやん!」と喜んでいました。


相変わらず、同サイズのクロとそれよりは小さなチャーリーの猛攻に辟易していると強風とともに稲光が!!


霊感がまるでない私は、幽霊の類の話は全く怖くないのですが、雷が大の苦手です。(笑)


なので、道具をまとめて一目散!!


道具をまとめて入り口付近の橋の下で際を探ると小さなクロが何匹か釣れましたが、ハリを外して反対側にリリースするだけ。
GEDC0270.jpg


おまけに久しぶりにちっとも嬉しくない手長ダコが!!
GEDC0268.jpg

とりあえずハリを外して、海にお戻り願いました。
GEDC0269.jpg


久しぶりでもないのですが、箱崎バナナに向かいました。


まるでアタリがない中、2ヒロ半ぐらいのタナでチャーリーと思しきアタリがあったのですが、ハリスからハリがすっぽ抜けていました。^^;


メバルバリ9号を使っていたんですが、ハリスからハリがすっぽ抜けることなどなかったのに!!


さらにビックリしたのが、その界隈を探り続けて再びアタリがあり、釣り上げたチャーリーにすっぽ抜けたメバルバリ9号が刺さっていたんです。(驚!)


よほど腹を空かせていたんでしょう。


100メートルぐらい、何もアタリなし!!
ウントもスントもアタリがありません!!
ド干潮間際とは言え、あまりの魚信のなさに空を見上げて深呼吸。


そうこうしているうちに浅いタナでセイゴでもない、メイタでもない、チイチイフグフグでもアジゴでもないアタリがありました。


…にしても、小さい…なぁ~!と思いつつアワセますと、何かがハリにぶら下がっている感じ。(苦笑)


正体はこの方でした。
GEDC0271.jpg
7センチぐらいの極小メバル!!


すぐに海に戻しました。


それ以降全くアタリがないまま潮井浜橋の近くのコーナー付近で青年二人が何かを狙っています。


お話をするとヒイカとのこと。


私がメバルを狙っていると申し上げると、「もしかしてブログを書いていませんか?」との切り返し。


私の「安近短の釣りを目指す博多の釣りバカ」をご覧になって落とし込み釣りを始めたそうなんです。^^;


先月にとあるところで、アオムシをエサに「40センチのアコウと足の裏ぐらいの尾長グロと口太を釣った写真」をスマホで拝見させていただきました。


凄いですね~!!


私などよりも、すでに腕達者です。^^;


その方は、物凄い風雨&稲光の中、ヒイカを釣っていましたが、こういう方とお会いできることがブログを書いていて良かった!!と思える瞬間でした。


たいていは、「たわいもないおバカな記事」をアップしているんですが、もっと初心者向けにより具体的に簡単に「落とし込み釣りをやってみるか!!」という記事を書き続けねばならないことを考えさせられました。


私はあくまでパイロット(水先案内人)としての使命だけで昨今は記事をアップしていますが、もう一度どんなタックルでどんな仕掛けでどのようなエサを使っているのかを詳細に書かねばならないことも痛感した次第です。


びしょ濡れの中、私が納竿した後も釣りを続けていた「彼らのパッション」は半端ではありません。^^;


私のミッションは、一人でも多くの博多湾の釣りが好きになる人を増やすことと、博多湾での落とし込み釣りが好きになる人を増やすことを再確認いたしました。


釣りをやっていて良かったし、ブログを書いていて良かったと思えるシーンに風雨の中、出くわしました。


私は決して腕が良い釣り人ではありません。^^;


ヘタクソでも何かが釣れてボウズがほとんどないのが落とし込み釣りを含めたヘチ釣りです。


一人でも落とし込み釣りを含めたヘチ釣りが好きになってくれれば、私としては嬉しい限りです。


そう言えば、先日長浜のパレスベイの近くのポイントで釣りをしていた別々の女性が二人おられました。


お一人は、ド干潮近辺の下げ潮の中サビキ釣りをしてほとんど釣果がなく、もう一人の女性と話をされていました。



私も遠目でその光景を時折眺めて、せっかくアミエビを買ってサビキ釣りをするのであれば、この時間帯はありえんだろう!?とも思っていたんです。


すると、二人のうちの一人の女性が寄って来られてお話をするとすぐ横のパレスベイにお住まいで、今年の6月ぐらいから釣りを始めたことを伺いました。


6月の頃はサビキ釣りで25センチ前後のアジがバンバン・・釣れていたので、見よう見まねで釣りを始めて釣りにはまり、「釣具屋さんに勧められるままに仕掛けを買ったけど、仕掛けが切れるとどうしたらよいのかさっぱり分からないで困っている!」とのことでした。

おそらくこのようなウキ仕掛けを購入したと思います。




初心者に水中ウキがあるようなセットを勧めるようなことを私だったらしないんですけど・・・。


おそらく彼女は水中ウキが中通しの丸オモリでも良いことは理解していないはずです。


どんぐりウキじゃなくて棒ウキのほうがあのポイントには向いていることも理解していないはずです。


売られていた状態のまんま復元しないから釣れないとも思っているようでした。^^;


釣具屋さんに出向いては、いろいろな仕掛けを言うがままに買うけど「さっぱり釣れない!!」ともボヤいていました。


「釣りを始めたばかりで安物のコンパクトロッドセットしか持ってないけど、それでチヌ釣れますか?」とも尋ねられました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!! ^^;


「俺は釣りきるばってん、今のあんたじゃ~ムリばい!」などと、上から目線的なことも言えませんしね~。^^;


ビギナーの女性は、チヌを釣るよりはるかに難敵です。(爆)


何を釣りたいのかも分かっておられず、「釣れれば何でもよい!!」という方が教えるのには一番手ごわい相手です。^^;



スポンサードリンク

まとめ

腰痛釣りバカクソ爺は貯木場の塀を乗り越えてチヌを釣った!!

昨夜仕事を終え、自宅の駐車場に車を止めて帰宅する際にペットボトルの蓋が助手席の足元に転がっていて、それを取ろうとしたために腰がギクッ!!となりました。


なんだか怪しいけど、風呂にでも入ればなんとかなるさ~!!などと思いつつ、いつもの時間に就寝しますと、腰痛で目が覚めてしまいました。(涙)


つま先が痺れたような感じになり、背筋を伸ばしてまっすぐ歩けませんし、洗顔するときが大変なのです。


普段当たり前のようにできることが腰痛になるとになるんです。


椅子に座っていても痛いし、立ちっぱなしも痛い。


さりとてボンクラな頭でも冴えていますから、横になって天井を眺めるのもつまらない。


今日は少し早めに釣りに行く!!と私が言いますと、妻は豆鉄砲を食らったような呆れた顔つきをしていました。


言い出したら聞かないので、止めるだけムダ!!と思ったみたいです。^^;


コルセットを腰に巻いてクルマに転がり込むようにして箱崎埠頭の貯木場を目指しました。


普段は何でもないこの塀が腰痛釣りバカクソ爺にはかなりの障碍です。
GEDC0203.jpg


どうにか痛みに我慢して乗り越えますと、すでにところどころに釣り人が点在しています。
GEDC0204.jpg


先端までテクテクと歩いていきました。


途中細くなっているところで、腰がギクッ!!として海に落ちることもありませんでした。^^;


GEDC0206.jpg
先端では腰にタモを下げた方が竿を出しています。



ウキ釣りをしている方の後ろからその動作からかなり腕利きの落とし込み釣り師と思しき釣り人もやってきました。
GEDC0209.jpg


今日は満月の大潮なんやけど・・・!!


辺りが薄暗くなり一番最初に釣れたのがこちら。
GEDC0214.jpg


それから退屈しない程度にクロや2歳魚のメイタなどが釣れますし、大きなチイチイフグも釣れます。(涙)


ビニールバケツとは別にスカリビクを用意していましたが、そこまで持って行くのが面倒で、クロやメイタは釣れる端からリリースしていると大物らしきアタリがあり、アワセますと明らかにチヌの引き!!


ですが、海面まで浮いてきてバレました。


????????


おい!?おい!?


今日は、メバルバリ9号にハリスはジョイナー・ボスメントの2・5号を結び、6Bのガン玉を打ちました。


反対側を探るとまたしてもチヌらしきアタリがありましたが、ハリに掛からないのです。


このポイントは海底まで落とすと、ホヤのようなイソギンチャクのようなサボテンのような海水をピューと吹く例のアイツと牡蠣殻が良く引っ掛かるんです。^^;


暗闇の中でハリ先を親指のはらで触りますと、明らかにハリ先が曲がっています。


これじゃ~、釣れる魚も釣れんバイ!!と思いつつ、ハリスを少し切って新しいメバルバリ9号を結んで、太めのアオムシを刺しました。


少し離れたポイントで、鈍くて竿先をグイグイ曲げるアタリがありました。


沖方向に竿にアワセを入れますと、竿が弧を描いて曲がりました。


沖に走るかと思いきや、壁伝いに魚が走りますが、その走るスピードからキビレではないようです。


竿を立てて応戦し、電光石火のタモ入れで掬ったのがこちら。
GEDC0215.jpg


チヌと呼ぶには口惜しく、メイタとも呼びたくない40センチギリギリの微妙なサイズです。


その後も探っては小魚をゲットしてスカリビクに入れておきました。
GEDC0219.jpg


GEDC0221.jpg
ビニールバケツやバッカンに海水を汲んで魚を入れておいてもある程度の定員になると、みんながアップ、アップしだすのを回避するためだけにスカリビクに入れておいたんです。


半分ぐらいは釣った端からリリースしましたが、バッカンに海水を汲んでスカリビクの中の魚を入れますと、このような感じ。
GEDC0223.jpg



写真を撮ってバッカンをひっくり返しますと、こんな感じでした。
GEDC0229.jpg


撮影後に片っ端から海にリリースして、メバルが釣れなかった今日の戦利品(お持ち帰りの魚)はゼロでした。


メバルが1匹も釣れませんでした。


リリースした後に対岸の水銀灯が点いているポイントでメバルがいるのでは?と思い向かいましたが、アタリがありません。


そこからの人工島の夜景がキレイでした。
GEDC0235.jpg



唯一のアタリの結果は、ハリを飲み込んだこちらのセイゴ。
GEDC0233.jpg


ハリを付け替えるのが面倒で、ここで納竿。


釣りが終わった途端、腰痛が・・・!!(笑)


帰宅すると妻が「腰が痛いのに釣りに行ってボウズ・・やん!!」と一言。


釣り場では、スナイパーのような格好をして落とし込み釣りをしている青年に出会いました。


クロを狙っているようで、最近28センチのクロを釣ったそうです。


「脂が乗っていて、塩焼きが美味しいんですよ~!」と、格好とは違った柔和な口調が印象的でした。


釣り場にはいろいろな人がいます。


そういえば、先端角地では中国人の方が二人でタチウオを狙っていました。


ワイヤーハリスにまでケミホタルのレギュラーを付けるとは、セオリーどうりで誰から教えてもらったのかが気になりました。


更に、私がチヌを釣った後に中国人の青年2人ががウキ釣りをしに来ました。


そのうち貯木場は中国人の釣り人に占拠されるかもしれません。(苦笑)


頼むけん、「ここは中国の領土だ!」などと言わないでいただきたい。^^;










スポンサードリンク

まとめ

台風22号の猛烈な吹き返しの中、バカは箱崎埠頭に釣りに出掛けた!

今日は一日中妙な天気でした。


午前中は強い雨で、だんだん雨が収まり、晴れ間が見えてきたかと思ったらかなりの強風


そのうち収まるのでは?と思いつつ箱崎埠頭に行きましたが、私が到着した頃は既に真っ暗で、先ほどよりも強い風が吹き荒れており、釣りをしていた方々がすでに納竿してクルマに向かっていました。^^;


日本シリーズ第2戦もあるし、ご家庭でハロウィンパーティをする方がいるかもしれません。


釣り場に立つと、台風の時よりも物凄い突風が吹き荒れ、竿を持つのがやっと・・・。


海はうねり、波しぶきが容赦なく上がっています。^^;


海を見渡しますと、思わず・・・・おい!おい!と唸ってしまいました。


釣り歴50余年の私の釣り人生の中でも、屈指の最悪のワーストコンディションではないか?と思いました。


まともな釣り人は、このような状態では竿を出すことはしないはずですが、「まともではない私」はこういう異常事態が案外好きなんです。^^;


案外お魚くんたちの活性が高く、うねっているにも関わらずアタリがあるのです。


最初に釣ったのは、手のひらに尻尾が付いたぐらいの25センチほどのクロ


写真を撮ろうとしたんですが、クルマの中のバッグに忘れてきたことに気づきました。


あまりの強風にデジカメすら忘れるとは!!


ですが、クルマまでの距離がかなりあり、撮影しないまま釣り続けました。


次は当歳セイゴ


その次は先ほどよりはかなり小さなクロ


その次は2歳魚のメイタ


そうこうしているうちに、竿先を絞り込む鈍いアタリが!!


アワセますと、海底を沖に向かって走り回った挙句に穴の中に潜り込み、得意な回収法も実らずにバラしてしまいました。


チヌでも、キビレでもないかなり大型の魚であることは間違いありませんが、クロでもセイゴでもないのです。^^;


ここで、アドレナリン、ドーパミン、テストステロンがかなり分泌されて、久しぶりに「やる気モード」になりました。


得体のしれない魚に勝手気ままに主導権を握られるとは!!


ですが、釣れるのはクロだったり、メイタだったり、チャリコだったり、嬉しいことにメバルだったり・・・。


でも、先ほど穴の中に潜り込んでバレた魚は、こんな雑魚どもではないのです。


そうこうしているうちにうねりが高くなり、釣っている足場に波がかぶるようになりました。


釣りなど…している場合では・・ありません!!


これ以上ここで釣り続けるのは無謀であると感じて、この場をシブシブ去ることにしました。(涙)


次に箱崎バナナに行きましたがここも最悪。


次に中央埠頭の御笠川沿いに行きますと、船が2隻停泊しており、釣る場所がありませんので、チップヤード付近で竿を出しました。


中層ではアタリがなく、底付近でアタったのがこちらのメイタ。
GEDC0189.jpg
(すぐにリリース)


こいつらも底付近でアタってきます!
GEDC0191.jpg
(すぐにリリース!)


先ほど釣ってビニールバケツに活かしておいた連中を海にリリースし、残ったのがこの方たち。
GEDC0192.jpg

GEDC0193.jpg

GEDC0194.jpg

GEDC0195.jpg


クロもリリースし、結局チャリコ2枚とメバルを久しぶりに持って帰ることにして、納竿。


相変わらず、強風が吹き荒れています。


穴の中に潜り込んでバラした魚のことが気になります。


また、チャレンジしますけど・・・。


それにしても、竿をまともに握れないほどの強風は久々でした。^^;


良識ある釣り人、良い子の皆さんは、釣りバカクソ爺の真似をしないようにしてください。


















スポンサードリンク

まとめ

箱崎バナナでメバルハンターは九目釣りの小物釣り師と化した!

明日は台風21号が上陸するとのことで、小雨が降る中を箱崎バナナに向かいました。



案の定ワイパーがいらなくなるほどの天気となり、海はベタ凪です。



大潮夜の10時ぐらいが満潮だったと記憶していました。



潮はともかく、竿を出してみないと分からないのが釣りです。


GEDC0088.jpg
先客がいましたが、サヨリ釣りの仕掛けが見えました。



あんまり釣れていない様子。^^;



GEDC0087.jpg
おもむろに仕掛けを作りゆっくりと自分の釣りを開始。



すぐにアタリがあり釣れたのはこちら。
GEDC0089.jpg


さらに、いつものこちら。
GEDC0091.jpg


コチラもまだ、いやがった!!
GEDC0098.jpg



またこいつか!と思ったら、ちょいと違うウミタナゴ。
GEDC0095.jpg



ハリにエサのアオムシをつけて際に沈めると、必ず何かがアタるのですが、小物ばっか!!^^;



いつもの連中も健在です。
GEDC0090.jpg

GEDC0092.jpg


メイタと言ってもこれじゃ~!!??
GEDC0099.jpg


必ず何かが釣れるのですが、ウンザリするほどの小物ばっか!!



さらに、アジゴとハゼとウロハゼまで登場しましたが、カメラで撮ることさえしませんでした!



そうこうしているうちに、前方から千鳥足の怪しい老人が・・・!!



やっぱ、Kさんでした。



会うなりいきなり、「青年から『おい!鬼ごろしのおっさん、釣らんとね~!』と、挨拶されたんやけど、俺に向かって『おい!』は、ないよね~!?」と、ワケの分からない絡み・・・。^^;



相変わらず、紙パックのお●にストローを指して、酔っ払っていました。(涙)



それから、Kさんはしょ~もないダジャレを連発して、私に付き纏います。^^;



釣りに集中できないだけではなく、すぐそばまで接近してくるので、マジで海に落ちそうな気分になります。^^;



でも、今日はかなり飲んでいるようで、「帰って寝る!」と言い残して、再び千鳥足で暗闇の中に消えていきました。



メバルは釣れそうにもなく、箱崎漁港のこれまで竿を出したことがない船溜まりで竿を出すと、次々に25センチぐらいのセイゴが釣れます。



メバルだったら・・・!!と思っても、現実は違います。



五目どころか、九目釣りの小物釣り師と化しました。



肝心かなめのメバルはどこに行った??






スポンサードリンク

まとめ

博多湾の湾奥の岸壁は魚肉ソーセージでも釣れるマダイの幼魚のゆりかごと化した!疎

日曜日の今日、夕方から久しぶりに箱崎バナナに行ってみることにしました。


その前に、勤務先の先輩が大変な病気に罹っているので、日吉神社に行って手を合わせました。


002_20170827214201279.jpg

30年来公私共にお世話になっている先輩なので、とても心配です。


004_2017082721420277f.jpg


手を合わせて、先輩の快復だけをお願いいたしました。



その後、日曜日なので普段よりも車の数が少ない旧3号線をとおり、箱崎埠頭へ。



夕日がキレイです。
005_201708272142039f6.jpg


誰も釣り人がいないこの景色を眺めているだけで私は心が癒されます。
007_20170827214745340.jpg



さて、箱崎のバナナではアオムシと魚肉ソーセージをエサにいつもどおりへチを狙うことにしました。
011_20170827214208b52.jpg


魚肉ソーセージを適当な大きさに切ってハリに刺して、ゆっくりとへチを落としていきますと、ガツ・・・ガツ・・・としたせわしないアタリがあり、ハリに掛かったのはこちらのチャーリー
013_20170827214210d11.jpg


その後魚肉ソーセージでチャーリーを何匹か釣りましたが、いくら釣っても意味もないのでエサをアオムシに替えました。


ですが、やはり釣れるのはこちら。
014_2017082722094065c.jpg


そうこうしていると、150メートルぐらい先に、こちらに向ってくるKさんの姿が!!


慌てて、クルマのエンジンをかけ、後部座席の窓に竿を入れ込んで、その場を立ち去り、ビートルの停泊場所に向いました。(苦笑)
008_2017082721420485a.jpg


別にKさんが嫌いなわけではなく、酔っ払ってずっとカラまれて釣りにならないので、正直、逃げました。(爆)


私がへチでイトを垂らしていると、すぐ傍まで来て話しかけるので、マジで海に落ちそうになるんです。^^;


ここで竿を出すと、やはり釣れるのはこちら。
015_201708272142126ec.jpg


仕掛けをどこに投げても、どこに落としても、チャーリーばっか!!016_20170827214213df4.jpg



ここもすぐ諦めてバナナの奥の潮井浜橋沿いのポイントに向いました。
010_20170827214251eab.jpg



でも、ここでもコイツらが入れ食いです。
012_201708272142095ed.jpg


どこに行っても、どのタナでも釣れるのはチャーリーばっか・・・・!!


博多湾の湾奥のへチはマダイの幼魚だらけと化しています。


小さいくせにアタリが大きく、ガツガツ・・・と下品極まりないアタリ方をします。


キビレメイタやメイタの小さなものも同じように下品なアタリ方をしますが、小さい時はどんな魚も怖いもの知らずでガツガツとエサを食べるようです。^^;


チャーリーたちが滞在しているしばらくは、釣りになりそうにもありません。(涙)



博多湾の湾奥の岸壁は、マダイの幼魚であるチャーリーたちのゆりかごと化しています。



チャーリー以外何も釣れませんでした。^^;



けしからんアイツらが沖に向うまで、博多湾の岸壁では虫エサは禁物な様です。



早く沖に戻ってもらいたいものです。













スポンサードリンク

まとめ

那珂八幡のお参りのご利益が「5時から釣り師」にあるか?

しゃっちが妻が「毎年お参りに行く那珂八幡に行かんけん、正月早々ケガをするっちやけん!!」とうるさいので、休みの今日の午前中に那珂八幡にお参りにいきました。
004_20170107210905dc7.jpg


那珂八幡の狛犬が大好きなのですが、残念なことにどちらにも野鳥の糞が着いていました。(涙)
002_201701072109070dd.jpg
003_20170107210908a94.jpg


手洗いの水で流してやろうかと思いましたが、天気予報では今日の夜から雨とのことで、雨に洗い流されるはずですから、「いたらんことはせんほうがよかバイ!」と思って・・・そのまんま。



005_2017010721090975f.jpg
賽銭を投げ込んで、鈴を鳴らそうとしたら、ロープが黄色と黒の工事用のロープみたいなモノで、これで本当にご利益があるのか?と思いましたが、まあ、枝葉末節にはこだわらないことにして、拍手をして拝みました。


・無病息災
・家内安全
それと・・・少しだけ今日の夕方からの釣り!?(笑)



夕方4時ぐらいから天気予報どおり小雨が降り始めましたが、釣りに行く気になってますので、そんなのカンケーない!^^;



最初は箱崎漁港に向かいました。
006_20170107210911901.jpg


今日は長潮で夕方の5時ぐらいが満潮で、下げ狙いの釣りになります。


いつものポイントを探りましたが、アタリが皆無なので、10分ぐらいで箱崎漁港から去りました。^^;


見切り千両です!!


最近メバルを狙うポイントに向かいますと、いきなりのかなりデカい引きがありましたが、海面近くでバレてしまいました。(涙)


セイゴでも、タケノコメバルでもない正真正銘のかなりのサイズのメバルが海面近くまで浮いてきたのですが、あれっ!?と思ったがハリから外れてたんです。


・・・・・・・・・・・・!!


魚が少ない冬場なのに・・・。



後悔などせずにエサのアオムシを付け替えて落とし込みますと、18センチぐらいのメバルが竿を絞り込んでくれました。
008_2017010721255365a.jpg


本日の初獲物がメバルと言うことでアドレナリン全開、その気になったのは良いのですが、そこ近くで竿先を小刻みに曲げるマシンガンの様なアタリが・・・・。


しかも、小さい・・・ので要注意です。


竿先が弧を描いて曲がりましたので、アワセますとかなりの重さが感じられる魚でした。


イトを出してはリールで巻き取り、ようやく浮かせますと50センチぐらいのフッコ


タモがないので、仕方なくブリ上げようとした途端に、ハリから外れて海中に姿が見えなくなりました。


オイ、オイ・・・・!!


そのままの仕掛けで少し場所を移動して海底付近を探ると、再び大きなアタリと引きが!!


アワセを入れて竿で引きを楽しんでいると、急に軽くなり、曲がっていた竿がまっすぐになっています。


仕掛けを上げると、ルアー用のシンカーのところからプッツン!!!


ことごとく大物が獲れない腕の未熟さに、我ながら愛想を尽かして、メバルバリの9号を結び、やや軽めのガン玉6Bをハリ上2センチぐらいのところに付けました。


それからは、アタリの数だけ魚が釣れました。^^;


まずは、予想外のこの方。
010_20170107212552a60.jpg
23センチぐらいの海タナゴです。



それから、セイゴ、セイゴ、セイゴ・・・たまにメバル。



7時半過ぎてアタリがなくなりましたのでここで納竿。



30センチ程度のセイゴが6匹。
013_20170107212555489.jpg


16センチから20センチぐらいのメバルが4匹。
012_20170107212554b10.jpg



メバルだけをバッカンに残してキープして、あとはリリースです。
014_20170107212555677.jpg



フード付きの防寒着にネックウォーマーを首に巻いて、好きではない帽子を被り、その上からフード付きのダウンパーカーを着ていたので、多少の雨は全く気になりませんでした。



那珂八幡にお参りに行ったおかげで、雨の中でもボウズはどうにか逃れました。(苦笑)


「5時から釣り師」は、グ●ンサンを飲みませんが、退屈しない程度に遊べました。


那珂八幡の狛犬くんたちに合掌でございます。














スポンサードリンク

まとめ

フグ地獄のバナナ埠頭の次に行った貯木場のポイントは中国人に占拠されていた!!

朝夕がここ1週間で随分寒くなったような気がします。


休日は雨に祟られてロクに釣りに行けずに、先月の最期は傘までさして東浜で竿を出してから5日目。


これだけ気温が下がれば、バナナ埠頭にメバルが湧いているかも?と都合の良いことを考えながら現地に向いました。


024_20161105220427fa4.jpg
025_201611052204288ff.jpg
一番のポイントには忌々しい船が停泊していますが、他に船は停泊しておらず、千歳一隅のチャンス!かも?と思いつつ竿を出しますと、次々に釣れるのはコイツらばかり!!


027_20161105220430c97.jpg
026_20161105220430a79.jpg


サビキ釣りをする釣り人が多く、アミエビをたらふく食ってかなり大きくなって、居ついています!!(涙)


もはや写真を撮る気にもなれず、途中何度かハリスまで切られて意気消沈


エサと時間の浪費とばかり、ハリとエサを変えました。


028_20161105220432806.jpg
029_20161105220906802.jpg


カニ専用のハリに甲殻類フレーバー配合の「ちぬころクロー」を刺して、一人でドヤ顔をして海中に落とすと、上がってきたのはこの有様。


030_20161105220904c00.jpg

「ちぬころクロー」が足四本のマダニのような容姿で戻ってきました。(涙)


ハリを再び元のサイズに取り替えて、今度はブルーベリーの香りがするこちらをハリに刺しました。
031_20161105220906842.jpg
032_20161105220907551.jpg


ですが、こちらのパワーイソメもチイチイフグに秒殺!!



フグしかおらんのか!!と空を仰いで、薄暗くなったバナナ埠頭の離れたポイントで竿を出しました。



でも、釣れたのは、やっぱりこの方。(涙)
033.jpg


メバルを狙う以前の問題で、バナナ埠頭の際はフグ地獄と化しています。


この場所を諦めて、昔の貯木場にメバルを求めて行くことにしました。


035.jpg


薄暗い中、先端まで行くと角地にはウキ釣りをしている方がおられ、
「こんばんは!なんか釣れてますか?」と尋ねますと、
私、日本語分らない!」と妙な喋り方をする釣り人がいました。


更に、左側の最先端部分にもウキ釣りをしている仲間がいるらしく、セイゴが釣れて中国語で雄叫びをあげています。^^;



メバルの一番のポイントが中国人の釣り人たちに占拠されていました。(驚!)



尖閣諸島よりも私にとってはその瞬間重要な問題でしたバイ!!



仕方なく、どん詰まりの角地から20メートルほど手前の内側を探っていますと、いきなりの大きなアタリがあり、やり取りした挙句に足元の穴の中に逃げ込まれてTHE END


おいおい!!



気を取り直して暗闇の中で仕掛けを作りなおして探りますと、退屈しない程度に小物が釣れました。


039.jpg
波止のソルジャーのタケノコメバル)



この後もクロらしき魚がエサを咥えたまま足元の穴倉に逃げ込んで、仕掛けを何度か切るしか仕方なかったのです。(涙)



8時半になったので、納竿としました。


042.jpg
047.jpg



道具を片付けてクルマがあるところへ向う途中、ルアーをキャストする音がタダ者ではないハンサムな青年とお会いして、ルアー釣りの近況報告を聞きました。



更に、海の中にカニ獲りのカゴを沈めている青年達にもお会いしました。



コウヤガニ(タイワンガザミ)が獲れるらしく、「たくさん獲れたら幸せ感を感じる!」と上手いことを言っていました。


私がクルマに向う途中も何人かの釣り人が続々と来ていました。


上げ潮狙いで、皆さんそれぞれ思い思いの釣りをするようです。


少し寒いけど、土曜の夜ならではの光景でした。


釣りは人それぞれの楽しみ方があることを感じながら帰り道のハンドルを握っていました。


今日も手ぶらで帰宅すると、妻が「またボウズやったちゃろ??」と苦笑い。


フグや小さな魚たちに遊んでもらったことを説明する必要もありませんよね?


退屈しない程度に何かが釣れれば、たとえ手ぶらでもそれはそれで幸せ感を感じます。


スポンサードリンク

まとめ

遅ればせながらやっと釣れた本物のクロダイ

(前回の記事の続き)


サーチライトが2基照らす明るい場所に移動しますと、立ち入り禁止の金網が張られているところで2本の電気ウキが漂っていましたので、そこで釣りをされている40歳ぐらいの方に「タチ(タチウオ)ですか?」とお尋ねしますと、少しイラッとした表情で、「そうなんですが、アタリがありませんね~!!」とのこと。


かなりご機嫌斜めみたいなので、それ以上は話しかけることもなく際にエサの付いたハリを落とし込んでゆっくりとジグザグに誘いをかけると明らかにセイゴと分かるアタリがあり、結構引くワリに釣れあがると、実に小さい!!(涙)


011_20161008204425a65.jpg


すぐにリリースして、ハリにアオムシをつけて同じようなパターンで誘いをかけますと、再び同じぐらいのサイズが勝手にエサを食って、勝手にエラ洗いをして、勝手に逃げていきました。(苦笑)



アジゴらしきアタリは頻繁にあるんですが、真剣に釣っても仕方ないし・・・と思いつつ船が停泊しているところで、もう8時になったし納竿かな?と思いつつたっぷり余っている太目のアオムシを見ると、もう少し探ってみようという気になりました。(苦笑)


015_201610082044254f7.jpg


ちょうど船が停泊している場所に近いところの護岸で、直接船が接触しないための2mぐらいの長さのクッションゴムの下をくぐらせている時に、引っ張っているイトが止まり、竿先をグイグイ・・・と曲げていきます。


この引きはセイゴでもメバルでもない!!


かなり重量感がある魚がエサを咥えてグイグイと引っ張りながら食べているのが手に伝わるのです。


釣り人の至福の瞬間です!♪♪


このポイントは、たまに30センチオーバーのタケノコメバルや春先には40センチオーバーのアイナメも中層で食ってくるポイントなので、もしかしたら・・・と、竿を跳ね上げてアワセを入れますと、・・・いきなり竿がのされました。


たいした大物はいないだろうとドラッグをフリーにしていなかったので、レバーを親指で押してドラッグを解放すると、ミチイトがグングン・・・・出て行きます!!



イトが止まったところで両軸リールのハンドルを巻きますと、更にグイグイと海底に向って魚体は逃げていきます。



あいにくタモは、20メートルぐらい離れたクルマの後部座席に組んで、入れっぱなし!!^^;



魚の引きをかわしながら、ドラッグをフリーにしてクルマのところまで魚にハリが掛かったままの状態で歩いて行き、タモを取り出してリールを巻いては、ドラッグを緩めてイトを出して、魚を弱らせてから、再びリールを巻きました。



水深が8メートルぐらいあるので、魚を浮かせるのが大変!!
(その分、面白いんですけど・・・!)



ようやく海面近くに浮き上がってきた魚は銀色で平べったくて、ヒラを打っています



目測40センチ未満のメイタです。



空気を吸わせてタモで掬いました。



016_201610082044266b1.jpg



40センチはないのですが、かなり肉厚で秋のパワー全開のメイタでした。


018_201610082044297f5.jpg


017_20161008204427016.jpg


思えばこのサイズのメイタは、20年前ぐらいは、あるところで釣れたはしから反対側に投げ込んで一晩で数十枚も釣れていたのですが、今年はなんと本物のクロダイであるメイタが釣れたのは今回が初めてなんです。^^;



キビレは多いのですが、クロダイが年々少なくなっている様な気がするのは私だけではないと思います。



今となっては、昔みたいに簡単にメイタもなかなか釣れなくなりました。^^;



須崎埠頭や博多埠頭、中央埠頭、東浜でも釣れるのはキビレばかり・・・・。



バッカンに水を入れて、とりあえずキープしました。



タモにハリが絡んで、仕掛けを作り直して再度釣れた場所にエサのアオムシがついたハリを落としますと、再びメイタのアタリが!



先ほどよりも小さいので、タモを使わずにミチイトを持ってブリ上げました。



021_201610082123295df.jpg



30センチ程度の本ちゃんのメイタです。



バッカンにすかさず投入!



023_20161008212330b47.jpg



エサを付け替えて、再び探りますと、これまでとは明らかに違うアタリが!!



マシンガンのようにエサをつついてグイグイと強引に引っ張ります。



てっきり3歳ぐらいのキビレかと思っていたら、ミチイトを持って抜き上げるとこの方でした。



026_201610082123328f1.jpg


この時期の博多湾の湾奥の風物詩である23センチぐらいの、丸々と太ったメタボなクロ(メジナ)です。



この方もとりあえずキープ。


027_20161008212333c18.jpg



更に、少し離れたところで明らかにメイタらしきアタリがあり、釣れたのがこの方。



028_20161008213525435.jpg



やはり、30センチ程度のメイタです。



こちらもバッカンに入れました。



030_201610082135239a3.jpg



ここでちょうど9時



最初に竿を出した椅子に座ってサゴシを狙っている方の付近に戻れば、ちょうど時合いで釣れそうな気がしましたが、これ以上釣ってもたいした意味もないと思いながら納竿



031_2016100821352489f.jpg


妻に釣果を報告してリリースするかどうかを聞きますと、「4匹ぐらいだったら持って帰って~!!」との返事。



032_201610082135276f4.jpg



ビニールバケツで海水を汲んで、いつもクルマの中に入れているクーラーに魚を入れて帰りました。




一番驚いたのは、メイタが釣れたことではなく、妻が「メイタを持って帰って~!!!」と言ったことです。



たいていはチヌであろうと、「いらない!!」のひと言なんですが、バッカンの中にキープしていた甲斐がありました。^^;



今年やっと出会えたクロダイに私は一安心しました。



博多湾に感謝です!!



犬も歩けば、メイタに当る!!



久々にリールからイトが出ていきました!!(嬉)

スポンサードリンク

まとめ

散髪の後で箱崎埠頭で半夜釣り

夕方5時半ぐらいから、行きつけの床屋に行きました。


例によって男●人で営むチョイと怪しさを感じる床屋なんですが、今日はいつも私の髪をカットしてくれる二日酔い気味の男性がいない代わりに若いアンちゃんがいました。(苦笑)


いつも二日酔い気味でカットしてくれる男性の傍らに立ってじっと見ていた男性が、首元にカバーを巻くなり、「鬢(びん)はアイビーで、全体的に2センチぐらい短くしますね!」と、私がいつもオウムのように言うことを覚えていてくれたので、大いに感動しましたバイ!!(笑)


僅か15分ぐらいで散髪が終わり、そのままポイント築港店にアオムシを買いに行きました。



その時点ではどこに行こうか迷っていたのですが、箱崎埠頭のはやと丸岸壁のドン詰まりで竿を出すことにしました。


001_201610072223003ed.jpg


既に薄暗くなり、水銀灯も点かずに薄暗い中で仕掛けを作るのに、マジで骨が折れました。^^;



年を重ねると、薄暗い中でライトも点けずにロッドのUガイドにミチイトを通すのも大変ですし、たかがハリスとミチイトを結ぶだけでも苦戦します。^^;



うっすらと沖防を見ますと、誰も釣り人はいません。


002_2016100722230131d.jpg
(レンズが曇っていて見えにくくて、すみません!)



しかも、そこまで苦労して仕掛けを作り、太目の元気の良いアオムシを針に刺して際スレスレに落とし込んでも、アタリのアの字もありません。(涙)



エサを確認すると、ほとんどなくなっています。



カツ・・・カツ・・・とのアタリでアワセますと正体はやっぱりこの方。


004_201610072223027c8.jpg


太目のアオムシを齧ってくれた挙句に、私を威嚇したいのか、膨らんで私を睨みつけています。(笑)^^;



すぐに海に戻して、この時期絶対に行かないポートオブ博多の護岸で竿を出してみました。



夜にここで際狙いをしている方を見たことがありませんので、もしかしたら・・・!!と思ったのですが、ここもまたアタリのアの字もありません。(涙)



クルマに戻り、東浜の漁港に行くべきか、それとも久しぶりにバナナ埠頭で竿を出してみるかと考えて、夜にも明るくて釣り易いバナナ埠頭に向いました。



私が春先に良くメバルを釣るポイント近くで、大きな折りたたみ椅子に座って電気ウキを使って釣りをしている私よりも年配の方にご挨拶。



スズキ・・ですか?」と私が尋ねますと、「サゴシば、狙いよっちゃん!」「本当はタチ(タチウオ)が釣れると、いいっちゃけどね~!」とも。


夜にサゴシが釣れるんですか?」と私が尋ねますと、「この前は夜にサゴシが何匹か釣れたバイ!!」とのこと。



私が10メートルぐらい離れて際を狙っていますと、「何もアタらんやろう!!??」とその御仁が言った直後に竿先を曲げて釣れたのがこちら。


013_20161007222306970.jpg


25センチぐらいのチビセイゴです。^^;



すぐにリリースすると、「チヌば狙いようとね??」と椅子に座った御仁が聞いてきました。


別にチヌが目当てではないのですが、メバルが釣れたら嬉しいです!!」と私が言いますと、椅子に座った御仁は、苦笑いしながら「今年はメイタ~チヌがいっちょんおらんで、こまかキビレしかおらんバイ!!」とポツリ。


(この方も落とし込み釣りをするみたい・・・・・・・です!!)


そうですね~!!今年は本物のクロダイがいないし、当歳メイタもいませんね~!!」と私が言いますと、椅子に座った御仁は「なんか・・・、海のおかしかごとある!」とボソリ。


そうしているうちに2匹目の先ほどと同じぐらいのサイズのチビセイゴが再び釣れました。


012_20161007222304d39.jpg


再びリリース。


そうこうしていると、明らかにメバルと思しきアタリがあったのですが、咥えていたエサを放しました。



すぐにアオムシを半分にして、メバル好みの細い方を針に刺して、ある程度の垂らしをとってその場所付近を攻めましたが、2度目のアタリはありませんでした。(涙)


メバルの姿が見たかった!!



時折、アジゴらしい竿先をいきなりひったくっては跳ね上げるアタリがありますが、竿先を送り込んで狙うことはせずに場所を明るい方に移動することと致しました。



そこで最近では稀な釣果を得ることが出来たんですが、そのことは次回の記事で詳しく書かさせて頂きますので、お楽しみに!!















スポンサードリンク

まとめ

煮えたぎる博多湾の海水面で釣りの難易度は格段に上がった!

今日はまず、中央埠頭のいつもの場所に行きました。


002_20160823224629dfd.jpg


1人の青年が、投げ釣りとウキ釣りの竿を1本ずつ出していました。



近くに行ってお話を伺いますと、ビギナーで、「さっぱり・・、釣れません!!」とのこと。



・・・にしても、釣り人がほとんどいないことに呆れました。^^;



例年に比べますと、釣れない事が噂になっているのか、どこの釣り場も人がいません。 ^^;



初心者の方だったので、セイゴの狙い方などを私なりにレクチャーしましたが、雨が降らず、台風も来ない今年の8月は博多湾の海水面が煮えたぎった状態になっているはずです。



こんなときは名人でも釣れません


だから・・・、チイチイフグさえも姿を消しているんです。



周知のように、台風が関東以北で大暴れしているにも拘わらず、福岡はピーカン続きです。



別に台風を期待しているわけではないのですが、久遠のいにしえより台風が来ることで博多湾の海水が攪拌され海水温が一定化していたのです。



それがないとなれば、推して知るべし!!で、ございます。



ここで竿を出すのは諦めて、昨日行った箱崎埠頭に向いました。



010_20160823224630de6.jpg



昨日大物をバラしたポイントはほぼド干潮です。 ^^;



ド干潮からの切り返しを狙ったのですが、たいした釣果はありませんでした。



011_2016082322463301c.jpg
ハゼが釣れ、


015_20160823224635311.jpg
2歳魚のキビレが釣れ、


016_20160823224658cd7.jpg
結局、この程度。


極貧果・・・です。(涙)



昨日と違い、大物のアタリも皆無。(涙)



今日は8時前に納竿にしました。



ですが、夕陽がきれいでした。


013_201608232246329e9.jpg


この場所からですと、大きな太陽が志賀島と能古島の間に沈んでいきます。


昨日もカメラを抱えた方がその景色を撮影していましたが、今日はクルマを止めてシャッターを押しているご婦人がおられました。


帰りに、箱崎埠頭のバナナによりますと、作業中と言うこともありますが、本格的に釣りをしている釣り人は皆無


018_20160823224659a65.jpg



自転車に二人乗りしてきたと思しき青年の男女が、なにやら釣りをしている様子のみ。



釣れないときは、釣り人もいません



今後が不安です。



昨年のように、カワハギとサンバソウが湧いてくれると有り難いのですけど・・・!!



平日とは言え、サビキ釣りをしている人もいないとは・・・・・!!













スポンサードリンク

まとめ

バラシ&バラシで、自分の釣りの技術の未熟さを再確認

それにしても雨が全然降らない日照りが続いています。


にしても、日中は灼熱の熱さですね。


こんな暑さの時は、夕涼みがてらの釣りが一番です。


6時過ぎに家を出て、近くのキャスティングでアオムシとケミホタルを購入し、過日コメントで釣り場を教えてくださった方のことを思いだして、箱崎埠頭のビートルの停泊している付近に行くことにしました。


004_20160822221602c8c.jpg


さすがに、この時間の国道3号線は渋滞しています。



釣り場に着くと、ちょうど上げの1分ぐらいで、潮位が低く水深もやたらと浅いのです。^^;


005_20160822221602851.jpg

006_20160822221604c63.jpg


この釣り場は随分昔よく通った釣り場で、全体的に浅く、桟橋を繋いでいる海中に沈んだチェーン付近が狙い目のところです。


009_20160822221605346.jpg


大物が出るポイントでもあるので、あまり好きではないクロダイ用のリールといつも使っているハンドメイドの2・7メートルの竿よりもトルクフルな3・6メートルの竿を使うことにしました。


008_20160822221605e66.jpg


日没で辺りが暗くなる少し前に、仕掛けを作り終えたのが幸いでした。


010_20160822222338d05.jpg



そうするると、すぐにビートルが戻ってきました。



エサのアオムシをつけて仕掛けを底につけると、すぐにアタリがあり、アワセを入れて釣れあがったのは、当歳メイタや当歳キビレではなく、チャリコ(マダイの幼魚)でした。


011_2016082222233954c.jpg



コイツは案外・・・・・厄介です。(涙)



その後も、全く嬉しくないチャリコばかりが連続ヒット!!(苦笑)



その後も、ウロハゼ、マハゼ、チャリコ・・が退屈しない程度に釣れ続き、沈んだチェーンと離れた場所に前打ちで仕掛けを投げ込みまして、仕掛けを手前にゆっくりと引きずると、ガツン!!と大きなアタリがあり、竿先がグイグイ・・・と曲がります。



やっと大物が来たか!!とアワセを入れると、ヤツは底をゆっくりと這ってハリから外れました!!



・・・・・・・・・・・・・・・・!!??



何じゃ?今のは?



あまり経験したことのないアタリだったのです。



チヌや大型のキビレのアタリではありません。



大型のカレイのようなアタリ方だったのです。



エサのついたハリを引き上げて新たに探りますが、またしてもこの方ばかり。


013_20160822222340185.jpg


エサがなくなるばかりで、勘弁して欲しい存在です。(涙)



そうこうしているうちに、マシンガンのようなアタリがあり、アワセを入れるとアチコチ動き回りながら釣れあがったのはこちら。


014_201608222223417eb.jpg


20センチぐらいのキスです。



その後も、マハゼ、チャリコに悩まされながら、途中幾度かの根掛かりにも悩まされて、ポイントを移動し、エサを付けて投げてエサが海底について程なくして、大きなアタリが!!


ガツン!!と竿先にアタリがあり、グイグイ・・・と重苦しいアタリ。



間違いなく、チヌかキビレの40センチオーバーの感触です。



よし!!と気合を入れてアワセた途端に、仕掛けが飛ばされました。



ルアー用のシンカーもすべてなくなっていて、ハリスがザラザラして白くなっています。



まさか大物が釣れるとは思わずに根掛かりを何度かしてシンカーがずれていたのを、そのまま元の位置にずらして釣っていたのです。^^;


ハゼやキスやチャリコなら、これでも釣れるのですが、さすがに40センチを超えるチヌやキビレには通用しません。



ここですぐに納竿としました。



こんな日に粘っても、ロクなことがないことを何十回も経験しています。



人にはハリスのチェックが何よりも大切と言いつつ、自分でそれを怠る未熟さと怠慢さ。



年を重ねるごとに、夜に仕掛けを修復するのが、とてもとても・・・面倒臭くなります。



こんなブザマな老いぼれ釣り師の真似はしないようにして下さいね。























スポンサードリンク

まとめ

岩ガニを食ってくれるクロダイはいなかった博多湾の鉄板ポイント

夕方から須崎埠頭に出向きました。


岩ガニ10匹とアオムシ50グラムを購入して、まずは岩ガニをエサにしていつもの場所で探ることと致しました。


011_2016070121370851d.jpg


ハリは私が好きなカニ専用のハリで、今現在はポイントやキャスティングにも売られていません。(涙)


このハリにイトオモリを巻き巻き。


010_20160701213707573.jpg


エサの岩ガニが元気なようにハリを刺すのが、いつまで経っても老練釣り師になれない私の一縷のワザ?


012_20160701213709f22.jpg


カラス貝の層付近を探りましたが、まるっきりアタリなし!!


013_20160701213711ed0.jpg


岩ガニやカラス貝をエサにするとそれなりのチヌがいないと・・・、悲惨な目に遭います。



なので、すぐに場所を移動しました。


014_201607012137121cc.jpg


でも、・・・ここもダメでした。



018_20160701214617e56.jpg


ここもサッパリ・・でした。


019_20160701214619f51.jpg



爆買いフェリーの大きさに改めて驚いただけ!!


なので、箱崎埠頭に向いました。


020_2016070121461966c.jpg


ここでもカニを使いました。


022_20160701214621c6d.jpg


歩くこと数百メートル。


竿先にコツリ!!とのアタリもないままに時間がイタズラに過ぎていきます。


ハリとオモリを換え、エサをアオムシにしてもまるでアタリがありません。



大雨続きで海のコンディションは良くないのかも?と思いつつアオムシの付いたハリを落としては引き上げ、落としては引き上げていると本日初めてのアタリが竿先に!!



結構引くのですが、トルクフルな市販品の落とし込み釣り用の竿ですから、引きを愉しむまもなくブリ上げたのがこちら。


024_201607012149207e1.jpg

023_20160701223636f7e.jpg


23センチほどのナイスバディのプリプリしたタケノコメバルですが、リリース。


これまで多くのタケノコメバルを釣ってきましたが、お世辞にも美味しい魚とは言い難く、我が家ではすでにメイタ~チヌ以上に「もって帰れない魚」に指定されつつあります。  ^^:



塩焼きや煮付けにしても、かなり・・・まずい魚です。(涙)



口に入れた途端に舌を刺すような危さを感じるのです。



釣れる分は面白いのですが、食べることはパスとしました。



さて、その後も箱崎埠頭の数箇所を探りましたが、まるでアタリがありません。



海のコンディションが良くないとは言え、あまりに良くなさ過ぎます。



昨年以上に今年はメイタ~チヌが少ないような気もしないではありません。









スポンサードリンク

まとめ

メバル凪のときにメバルは釣れないと言うのが私の持論

今日と明日の福岡の降水確率は90%100%



しかし、夕方には雨が止んでいたし、先月末に買った僅かなアオムシの残りが冷蔵庫に入っているために、カミサンがうるさい、うるさい。(笑)



早く、どげんかし~!!・・・・と。


006_20160509220832f01.jpg
(駐車場でアオムシを確認すると、かろうじて生きています!)



潮見表はあまり気にしないが、とりあえず見ると小潮で夕方5時半ぐらいがド干潮の上げ潮だ。




エサを買うのに寄り道しないで済むので、箱崎のバナナに直行。


001_20160509220828b3d.jpg



ベタ凪の通称メバル凪状態。



私はこれまでの経験から「メバル凪」と言う言葉を信用しない。



確かに風がないとアタリも鮮明に分かり、釣り易いだけで、メバルの活性は決して高いと思ったことが一度もない。



今日は過日購入したハリを試してみることにしました。


003_20160509220831da9.jpg


秋田キツネにも似たこのハリを付けて、ガン玉はルアー用のシンカーでいつも使うシンカーの3分の1程度の重さ。



波っ気がないので、「ユラユラ作戦」で行こうと考えた。



1投目から竿先にガツン!ガツン!とアタリがあり、竿先を曲げていったのがこちらのタケノコメバル


007_20160509220834f23.jpg


20センチチョイサイズで、タケノコメバルとしては小ぶりなサイズだ。



勢いづいたものの、後がいけない!!



50メートルほど歩いてアタリは皆無




まさに海面はベタ凪



002_20160509220829fc4.jpg



潮位が低すぎるのかもしれないが、ここで粘るのは時間のロスと考えてすぐさま移動。



今日はここはつまらんと!!と思ったら、すぐに移動するのが私の釣り方だ。



場所を移動していきなりの大きなアタリがあり、竿先をグングン曲げてアワセたと思ったら、外れてしまった。



仕掛けを上げてみると、ハリが折れていました。(涙)



これまでの経験則と釣り場から逃げた魚を思い浮かべると、恐らくは90%以上の確率で40センチを超えるキビレではないか?と思った。



今日初めて使ったハリの特性がこれである程度分かったので、次にこのハリを結んで見ました。



011_201605092223467c1.jpg



九州限定のアラカブ金太郎という名のハリです。  ^^;



ネーミングに好感度が持てます。



ネムリ系のハリでハリ先が内側に曲がっているのが特徴。



船からアラカブやアコウやタカバを狙う時はネムリバリが断然良いので、このハリを買ってみました。



更に場所を移動してポイントにエサのついたハリを落とすと、いきなりのアタリ。



012_2016050922234573c.jpg



お目当てのメバルちゃんの登場です。
(メバル君かもしんない!?)



退屈しない程度にポツン、ポツンと少ないアタリがありましたが、ハリを替えたおかげでそれらをゲットすることが出来ました。



015.jpg
・タケノコメバル  3匹
・メバル  4匹
の貧果ですが、九州限定のアラカブ金太郎のハリ掛かりを試すことが出来ました。



やはり、「メバル凪の時はメバルはたいしてメバルは釣れない!!」との教訓がまたしても私の心に刻まれました。















スポンサードリンク

まとめ

釣り人はたくさんいても釣れていない箱崎埠頭

ゴールデン・ウィークも始まった4月の最終日の今日。



日中は汗ばむほどの強い日差しと暖かさでした。



午前中はまたしても歯医者に行き、下の前歯の神経治療を受けました。



またしても、麻酔注射を下の歯茎に打ってからの治療。



何度行っても好きになれないのが歯医者さんです。(通っている歯医者さんに個人的な恨みはありません!)



箱崎埠頭に夕方6時過ぎから出かけました。


016_201604302219549ef.jpg



いつもの釣り場はファミリーフィッシングスポットと化し、竿を出すところもありません。 ^^;



014_20160430221955fb6.jpg


ですが、せっかく家族連れで楽しく釣りをしている横で、竿を出すのも気が引けます。



018.jpg




いつものコウイカポイントでは、常連さんと思しき方が釣れなくて、退屈そうにしていました。



聞けば、コウイカは、昨年に引き続き良くないそうです。



020.jpg



はやと丸岸壁でも、エギングでコウイカを狙っている方がズラリといましたが、エサ巻きスッテでもなかなか釣れていないのに、エギで簡単に釣れるとは思えません。



仕方なく、貯木場のほうに向いました。


023.jpg


こともあろうか、多々良川をカヌーで下ってきた方がロッドを振って、目の前で何かを狙っています。


024.jpg


恐らくはシーバスだろうと思うのですが、カヌーで登場するとは!驚きです。


すでに、7時を過ぎているのですが、なかなか暗くなりません。


陽が長くなって、暗くなるのが遅くなりました。


暗くなったらアタリがあるはず・・・なんですが・・・。


暗くなってもアタリすらありません。(涙)


結局箱崎のバナナ埠頭に戻り、マル秘ポイントを探ると実に警戒心丸出しの食い渋ったアタリがあり、散発的にメバルが釣れます。


大きなアタリがあり、もしかして良型のメバル!!??と思いきや、正体はこの方でした。


026.jpg



25センチ弱のレギュラーサイズのタケノコメバル



バナナ埠頭では久しぶりに釣れました。



たまに底を探ると鋭いアタリがあり、釣れたのがこちら。


029.jpg


23センチぐらいのキスです。



9時を廻り、バナナ埠頭では実質一時間でこの釣果。



030.jpg



潮も小潮で9時半過ぎぐらいが、ド干潮の下げ潮でしたので、食い渋り丸出しのアタリだったのかも?



まあ、ボウズだけは免れました。



今日のような状況では、かなりメバル釣りに慣れていないと、恐らく1匹も釣れないのではないか??と思います。



竿先にほとんどアタリがでませんでした。



アタリが出ない「居食い」が分る方だけが釣れる状況でした。



日中は真夏日のようにピーカンで暑かったのですが、さすがに夜は肌寒い。



夜釣りをする方は、パーカーブルゾンをクルマに積んでいたほうが良さそうです。



これだけ天気が良くて暖かいと、明日ぐらいは水温が上がって食いが良くなるかも?



こればかりは、やってみないと分かりません。





スポンサードリンク

まとめ

春冷えで早々に撤収した箱崎埠頭

4月も3分の1を過ぎた昨日、箱崎埠頭に行って見ました。


風が強く・・・・・凄く寒い!!


急いで車に積んであるネックウォーマーダウンパーカー防寒用のズボンを取り出したが、それでも寒い。


船が3隻も停泊していて、釣れる場所がふさがれている。(涙)


仕方なく脇に行くと、椅子に座って竿を3本出している釣り人が・・・。


001_20160412063234a0a.jpg


どうやらコウイカ狙いのようです。


陽が長くなり、暗くなるまでに時間がかかるような時季にもなりました。



既にコウイカがぽつぽつ釣れているようで、埠頭の際にはコウイカの墨跡がありました。


002_20160412063235357.jpg



去年は壊滅的にコウイカが少ないと嘆いて釣り人が多かったのですが、今年はどうなるんでしょう?



昨年はメイタ~チヌも壊滅的に少なかったのですが、代わりにカワハギやサンバソウが湧きました。



何か因果関係があるのかどうか?



夜になっても風は収まるどころかますます強くなり、寒くてたまらん!!


これが春冷えと言う現象なのでしょうか?



釣り人も来るには来るんですが、あまりの寒さとまるでアタリもない事ですぐにいなくなります。(苦笑)



春冷えで水温も下がったのか、まるでアタリすらありませんし、セイゴも全くボイルしていません。



唯一アタリがあったのがこちら。


003_20160412063237198.jpg



暖かくなったかと思ったら突然の寒さで、早々に撤収することに致しました。



帰り道のサンゲツの電光掲示の温度計は11度



自宅近辺は海沿いほど風はなく、海辺の寒さを思い知らされました。



円高と株安で個人消費も冷え込んでいるとのこと。



どこの世界も冷え込みはいかんですね!!








スポンサードリンク

まとめ

アイナメを狙いに箱崎埠頭へ

ピンポイントでアイナメが狙える可能性がある箱崎埠頭のポイントに向いました。


ところが、船が4隻も停泊中で、港湾作業真っ只中・・・。


やむを得ず、船と船の間でアイナメを狙ってみることに致しました。


016.jpg


いたずらに時間だけが過ぎ、アタリすらありません。  ^^;


途中でタナを変えたりしてみたのですが、音信不通


やはり湾奥でのアイナメは、狙って釣れる魚ではなくなりました。


流れに変化があるところを発見し、エサを落としてじっと待っていると、待望の小刻みなアタリが・・・!!


竿先を送り込んで、ハリを食い込ませてからアワセを入れると、何がが釣れています。


たいした引き方はしません。


正体はこの方でした。


017.jpg



23センチ程度のマコガレイ



季節的には花見ガレイと言うのでしょう。



しかし、この1匹だけであたりは薄暗くなったので、メバル狙いにチェンジしようと思っても船が4席も停泊してポイントを塞いでいれば探ろうにも探れません。



そこへ常連のKさんが登場し、中央埠頭から出港する豪華客船を見ながらしばらく釣り談義・・・。


019.jpg


写真では表現できない絢爛豪華な眩いばかりの豪華客船です。



寒の戻りで夜は寒く、ダウンパーカーを着ていても、寒いぐらいです。



Kさんが寒さのあまりに引き返すと、須崎埠頭に向いました。



西側ではほとんどアタリがなく、東側の電灯があるポイントではメバルがガンガン釣れるには釣れるのですが、すべてこのサイズ。

021.jpg


正真正銘折り紙付きのリリースサイズです。(爆)


10匹近く釣れましたが、寒さのあまりにすぐに納竿。


20センチ前後になるまではあと2~3年はかかりそうなメバルばかりでした。


それでも昨年や一昨年に比べると、メバルがアタルだけマシです。


週末も寒いそうです。


釣り場に行く時は防寒対策をバッチリすることをおススメします。





スポンサードリンク

まとめ

厳しい寒さの中でも釣れたのはやはりセイゴでした!

今日も寒い中箱崎埠頭の南側に行きました。



狙いはもちろん20センチオーバーのメバルなんですけど・・・。



釣り人が数人いましたが、あまりの寒さ釣れないことですぐにどこかに消えてしまいます。 ^^;


それにしても、竿を持つ手が寒い!!



風はないのですが、ジワジワと体が冷え切るのが分るような寒さです。



数日前からの寒の戻りで海水温が冷えているのかチビメバルですら1度もアタリません。



そこへ半ば酔っ払ったKさんが久しぶりに登場!!  ^^;



私が移動しながら釣っている後を追うように付いて来ては、ここ半年間に釣れた釣りモノなどの情報を伺いました。



いわく、昨年はヒイカが爆釣でKさんが知り合いにタックルとエギを貸したら、1回で100杯近く釣っただとか・・・、
いわく、つい最近この南側のチョイ投げで35センチのマコガレイが釣れただとか・・・・、
いわく、2月半ばにメバルをたくさん釣った方がいるだとか・・・。



いっちょん、釣りになりませんでしたバイ!!(爆)^^;



言いたいことを1時間ほど喋って気が済んだKさんが、帰った後に真剣に探りますと、何やらアタリが!!



25センチほどの小さなセイゴですから、すぐにリリース。



その後も20センチほどのセイゴが釣れました。



その後もアタリがあり、何だかメバルと違います。



セイゴでもありません。



正体はこの方でした。


GEDC7128.jpg



18センチほどのタケノコメバル



こちらも速攻でリリース。



その後に今までにないアタリが!!!!



実に用心深いアタリ方です。 ^^;



でも・・・・100%メバルではありません。



竿先が引き込まれたときにアワセますと、グングン竿を曲げます。



すかさずまだ使い慣れていないリールのスプールをフリーにするとミチイトがスルスルと出て行きます。



魚よりもそのことに感動しながらハンドルを巻くと、リールのクラッチが入りました。



リールを巻いて、巻いて・・・して、獲物を際まで寄せてブリ上げると、正体はこの方でした。


GEDC7132.jpg



40センチ弱のセイゴ。


GEDC7135.jpg


かなりの手ごたえがあり、楽しませてくれましたので、こちらもリリース。



それにしてもメバルのアタリが皆無です。



チビメバルさえアタリません。



そうしていると今度は1ヒロぐらいのタナでアタリがあり、竿先が大きく曲がりました。



再びハンドルのボタンを押してリールをフリーの状態にしましたが、あまりイトを出すことなく何とか釣れたのがこちら。


GEDC7134.jpg


GEDC7131.jpg



先ほどより少し小さな35センチ程度のセイゴです。



飲み込んでいるハリを外そうとするとハリスがプッツン!!



ペンチで素早くハリを外してリリースすると、元気良く泳いで行きました。 ^^;



再びハリを結ぶ気にもなれずここで納竿。



メバルは1匹すら釣れませんでした。



何十年も釣りをしていても、海の不思議さには首を傾げます。



でも、思い通りになからないから続けられるのかも知れません。



帰り際に見たサンゲツの電光掲示の温度は5度!!



どうりで、寒いはずです

スポンサードリンク

まとめ

夜釣りでアイナメ!!??IN箱崎埠頭

昨日から再び「寒の戻り」があり、急激に気温が下がりました。


まさに、三寒四温の時期です。


この時期は暖かいかと思いきや、急に冬のように寒くなり温度差の変化に体が付いていかなくなります。 ^^;


おまけに昨日も少しが降り、今日も昼間はパラパラと冷たい小雨が降りました。


気になるのが前回買ったアオムシの残りをクルマのトランクに入れたまま・・・。


これが夏場ですと、とんでもない事態になるのですが、まだ肌寒い時期なので何とかアオムシは使えそうだったので、前回20センチオーバーのメバルが久々に釣れた箱崎埠頭に夕方6時過ぎから向いました。



天候が悪いのもあってか、現地に付くと既に「仕掛けを作りづらい明るさ」です。



GEDC7097.jpg



前回20センチオーバーのメバルがヒットしたポイントにはあいにく船が停泊していました。



埠頭ではよくあるパターンですから、落胆するほどには及びません。



さすがに寒くて車に積んであるネックウォーマーを首に巻いて、防寒用のズボンを履いているズボンの上から履き、ダウンパーカーをはおり、毛糸の帽子を被りました。



帽子を被るのはとても苦手なのですが、まあ寒いよりはマシですし、他に釣り人もいなくて、どんな格好をしていても怪しくもありません。



GEDC7098.jpg



とりあえず、サーチライトが照らす明るい釣り場に向かいました。



小さなメバルらしきアタリは頻繁にあるのですが、急激な水温低下のせいか、食い気があまりありません。


釣れるには釣れるのですが、どれも10センチぐらいのチビメバル



GEDC7100.jpg



チビのクセに何を食べているのか?どいつもこいつも、かなりふっくらとしています。



違うアタリがあって、型の良いメバルか?と思いきや犯人はこの方でした。


GEDC7099.jpg



23センチほどのセイゴ。



たいした大きさでもないのに、良く引いたせいで錯誤してしまいました!



普通は海面に飛び出し、エラ荒いをするのですが、ひたすら下に潜ろうとする引きでした。



更に、メバルを退屈しない程度に釣り上げて、もう帰ろうかな~!!と思っていた矢先に、浅いタナで本日一番のアタリがあり、竿をアワセるとこれまでにない引き具合です。



20センチオーバーのメバルかも!!??と思いきや、何だか違います。



ミチイトを持ってブリ上げると、正体はこの方でした。



GEDC7101.jpg
アイナメをブリ上げたところに誰かが捨てたサビキ仕掛けが絡まり、危くハリが刺さりそうになりました。(ムカッ!!)



30センチはないのですが25センチは確実にある、28センチほどのアイナメです。



夜釣りでアイナメを釣ったのは20年ぶりぐらいの出来事です。



しかも、タナは海面から1ヒロぐらい。



なんとなくキツネにつままれたような面持ちで、同じポイントを探りましたがチビメバルしか釣れずに納竿することに致しました。



本日の釣果はこの通り。



GEDC7104.jpg



GEDC7102.jpg



アイナメを除いてはすべてリリースしました。



GEDC7105.jpg



久々のアイナメに博多湾の復調を半信半疑で確認??


海釣り公園でも、今年はアイナメが良く釣れていますが、まさか湾奥で!!、しかも、夜釣りでアイナメが釣れるとは!!



GEDC7107.jpg



カミサンの大好物なのでキープしました。



水温が低下しているにも拘わらずの釣果。



あと1ヶ月もすれば、多くの魚の活性が上向くはずです。



数年前の夏の異常高水温で壊滅状態に魚や生物が少なくなった博多湾が以前のように活況を取り戻すことを期待したい。



今年はメバル、チヌ、スズキ、タケノコメバル、タチウオ・・・が釣れると良いですね!!



去年はどれもイマイチでしたから・・・。















スポンサードリンク

まとめ

20センチ越えのメバルが数年ぶりに登場!!

多々良川の河口を後にして、帰り道でもある行きつけのバナナ埠頭に寄ることに致しました。



周知のようにここは大きなサーチライトが数個あり、夜でもライトが要らないほど明るいことから、年がら年中誰かが夜釣りをしているポイントでもあります。



立ち入り禁止の金網の前ではバイクに乗ってきたと思しき二人の青年が投げ釣りをしています。



釣果を尋ねますと、アナゴが釣れたようです。



アベックで、お試しがてらルアーを投げているカップルもいれば、電気ウキをつけてセイゴを狙っている釣り人もいました。



いつものように際を探ると、いきなりのアタリ!


GEDC7079.jpg


ですが、多々良川の河口で入れ食い状態だったメバルと同じサイズです。  ^^;



ここでも博多湾のメバル復調の兆しを感じつつドンドンとポイント移動してエサを落とし込むと計った様に同じサイズのメバルが次々にヒット。


GEDC7078.jpg

新調したリールにも慣れてきました・・・・・。

GEDC7081.jpg


10センチ程度のチビメバルばかりですから、即リリースですが、幸いなことにハリを飲み込んでいないのでダメージはほとんどないはずです。


不思議なことに、この時期の常連さん達の20~25センチクラスのセイゴが際で全くアタリません。


こんな時にガツン!!とフッコクラスが登場したりする時期でもあるのですが、セイゴが海面で飛び跳ねている様子もありません。


そんなことを思いつつ釣り歩いていくと、今までとは明らかに違うアタリがあり、竿先を曲げていきます。


アワセを入れると、セイゴのような・・・セイゴでないような・・・逃げ方をする魚です。


まさか??!!と思いつつ、ミチイトを持って引き上げると、数年ぶりに見る20センチ越えのメバルではありませんか!

GEDC7083.jpg

GEDC7084.jpg


お目目グリグリの可愛いヤツです。


GEDC7076.jpg


新調したリールにも慣れてきて、リールそのものの長所や短所も分りましたしが、手にしっくり馴染むとまではまだ程遠い感じがします。


更に、その周辺部を狙いましたが、釣れるのはチビメバルばかり・・・。


たった50グラムのアオムシがたっぷり余っていますが、これ以上釣るのは無益ですし、8時を廻ったので納竿。


帰り道で見たサンゲツの温度計は17度。夜もこれぐらいの気温だと釣り易いものです。

スポンサードリンク

まとめ

博多湾のメバル復調の兆しを実感

箱崎の旧貯木場は多々良川の河口と言うこともあり、小さなセイゴに混じって程よいサイズのセイゴが釣れるのではないか?と思いつつ竿を出しました。

GEDC7058.jpg


昨日はいきなりのバックラッシュでしたが、何とか仕掛けを無事に作ることが出来ました。 ^^;


GEDC7060.jpg


ですが、まだ明るいせいもあってか、内側と外側に仕掛けを落とし込んで先端に向いますが、何ら反応はありません。



GEDC7062.jpg



ついに先端まで来ましたが、何の反応もないまま・・・・・・・・・・



GEDC7063.jpg



正面は沖防の通称「切れ波止」と呼ばれるところ。
昔は良く渡っていましたが、干潮時のポイントで、オバーハングになっている外側は干潮時に防波堤と海面との間に隙間ができ、
そこにエサを入れ込まねばならない難易度の高い釣り場でもあるのです。


今は入れなくなった須崎埠頭の東側でメータ~チヌを狙っていた方であれば、同じ要領で釣れるポイントです。



私はこの「切れ波止」で天気が急変し、雷鳴が鳴り響き、稲妻が見える中、大雨に打たれて生きた心地がしなかった記憶があります。


沖防に渡ると、こういう時に困るのです。



それ以来・・・、この「切れ波止」は行かなくなりました。  ^^;



先端の角では投げ釣り仕掛けが放置されていました。


GEDC7064.jpg


小さなハリです。


流線の7号か6号ぐらい小さなハリで、この様な仕掛けが売られているのか?と若干驚きました。


こんな小さなハリの仕掛けで何を釣るつもりだったのでしょうか?



左に曲がっている先端部分の突端の行ける所まで行ってみました。



あたりも段々薄暗くなりいい状態ですが、ビニール製の水汲みバケツが吹き飛ばされるほど西風がかなり強く、釣りづらいのがたまにキズ。


いつものタナを探っていますと、メバル特有のアタリがあり、小型のメバルが次々に釣れます。


GEDC7066.jpg

GEDC7067.jpg


GEDC7068.jpg


GEDC7070.jpg


GEDC7073.jpg


あまり釣れないだろうと思いながら1匹釣れるとデジカメで写真を撮ってはリリースしていましたが、あまりに釣れるために写真も撮らなくなりました。


ほぼ入れ食い状態でメバルが釣れるのですが、キープサイズが1匹もいないのが残念!!



ですが、壊滅状態にメバルが激減している中、これだけのメバルがいることが分かり、博多湾内でのメバル復調の兆しを実感しました。


みんな・・・計った様に同じサイズのチビメバル・・・ばかりでした。



ここでこれだけ釣れるのであればアソコは?とばかり帰り道がてら寄ったポイントでの釣果は次回ご報告いたします。





スポンサードリンク

まとめ

25年振りの箱崎の貯木場に行ってみることにしました!

昨日は小さなセイゴなら鉄板で釣れるはずの中央埠頭の御笠川沿いのポイントではまるでアタリの「アの字」もなく、さすがに水温が低い3月の恐ろしい側面を見た様な気が致しました。


しかもおニューのリールは、いきなりのバックラッシュで使用不能となり、暗雲立ち込める船出となりました。 (涙)


GEDC7046.jpg



今日はバックラッシュを直すべく、分解して修復することに致しました。


かなりイトを切らねばならないかと思いきや、すぐにリペアー終了!!


GEDC7047.jpg



私がこのリールに慣れていないがために起こった単なるバックラッシュで、ドラッグらしきつまみを最大限に緩めていたのが原因だったようです。(汗)



昨日痛い目にあったおかげで、古い本を引っ張り出してこれまでほとんど行ったことがない近場を探すことに致しました。


GEDC7085.jpg


西日本新聞社から25年前の平成3年に発刊された「航空写真で見るFISHING POINT 福岡県の海釣り」と題する本で、その当時でも4000円もした高価な本です。


私は今でもこの本を布団に入ってから眺めることが度々あります。


・ここも行ったな~!!だとか、
・ここは全く釣れなかったぞ!!だとか、
・釣れる魚の解説がまるでデタラメじゃないか???
・・・などと思いつつ、結構楽しませてくれるのです。(苦笑)



この本を頼りに行った釣り場も多く、若い方はご存じないかもしれませんが、糸島の野北漁港は25年前は繋がっていなかったのです。


GEDC7087.jpg


私が一番最初に渡った時はあの大洋丸が確か・・・1000円で瀬渡しならぬ防波堤渡しをしていたのです。



しかも、私が初めて野北漁港の波止に渡った時に、あの高い防波堤から釣り人が海に落ちて釣り場が騒然となりました。



やはり3月にウキフカセで乗っ込みチヌを狙いに狙いに行っていたときでした。



今のように携帯電話もなくて、釣り人が落としダモを幾つも投げ込んで、右側の浅いところに落ちた釣り人を誘導していた記憶が蘇ります。


この様な事故が起こったときは携帯電話の威力を感じざるを得ません。



さて、今回私が懐かしく思って久しぶりに竿を出してみたくなったのがこちらの箱崎埠頭の一番東側の貯木場付近です。


GEDC7086.jpg



ここで竿を出したのは25年前です。



多々良川の河口で、今は貯木場と言う名も使わないようです。
(湾内に浮いている木が全くありません!)



私が落とし込み釣りを始めて間もない頃に行った時はとにかく釣り人が多くて・・・・釣りにならなかった記憶があり、以来近場でありながら25年間も行かなかった私にとっては懐かしいポイントなのです。


その当時はもちろん人工島もなく、この橋もありませんでした。


GEDC7054.jpg


GEDC7052.jpg



以前は金網のフェンスが立っていたはずですが、今ではコンクリートの低い塀があり、いつでもどうぞ!!と言わんばかりの入り口に様変わりしています。



GEDC7056.jpg



懐かしさで当時の記憶が込み上げてきました。



GEDC7057.jpg



このソロバンのような特異な形状が脳裏に蘇ってきました。



この様な形状の防波堤は能古島のフェリー乗り場のすぐ近くの防波堤と同じです。



さて、久しぶりの防波堤の3月の満潮近くの時間帯でどのような釣果が得られたのかは次回ご報告いたします。




















スポンサードリンク

まとめ

今年最後のカワハギなのか!!??

11月に入り、カワハギがいつまで釣れるのか?を確認するために、
箱崎埠頭のはやと丸岸壁付近に今日も行ってきました。


今日は夕方が満潮で、大いに期待できるはずなので、
近所にあるキャスティングでアオムシを短時間ながら100グラム購入しました。


勝負です!!


風もなく、海は穏やかそのものです。


なぜか、この時期にイカの墨の跡が足元にありました。
GEDC6682.jpg



ところが、いつもどおり海底にエサを落としても、たまに釣れるのはコイツらばかりです。^^;


GEDC6685.jpg


フグにしてはデカイ!!


GEDC6683.jpg


カワハギのアタリすらなく1時間が経過。


フグ以外何も釣れないんです。^^;


場所を移動しようか?とも思いましたが、とりあえずこのポイントを50メートル近く探ることにしました。



テクテクと防波堤の際を探り、2ヒロのタナを探っていると、竿先を曲げるアタリがあり、
アワセを入れると、かなり引きます。


今日は海底ではなく、底から50センチぐらいのところで、1匹目のカワハギが釣れました。


GEDC6684.jpg



同じポイントで、次々にカワハギが釣れ、10分ぐらいで5匹ゲット!!

GEDC6686.jpg


どれも、丸々としていて、なかなかのナイスボディです。



今日はクーラーいっぱい釣れるのでは?とも思いましたが、
そう思った瞬間からカワハギのアタリも皆無。(涙)


釣りとはそんなものです!!


チイチイフグさえアタリません!!


場所を移動しましたが、ここもサッパリ!!


GEDC6689.jpg


大好きな秋の夕暮れを見れたことが唯一の救い??


GEDC6691.jpg


GEDC6688.jpg



そのまま東浜に向いました。


メバルがいるかも?と思ったら、この方々。

GEDC6693.jpg

GEDC6695.jpg


何匹釣れても、ちっとも嬉しくもない20センチ~25センチ程度のシーバスです。



何匹釣っても、野暮なだけですから、
ここで納竿。



エサはたっぷり残っていますが、海に放流!!



カワハギが釣れたことで散歩がてらの釣りの甲斐もありました。



カワハギがいつまで釣れるのか??は不明です。





スポンサードリンク

まとめ

コメントで再び箱崎埠頭北岸に出陣した私でしたが・・・・・・!!??

昨日の記事を見てか、コメントを下さった方から、クルマや家電の産業廃棄物処理場のすぐそばではなく、昨日キビレの2歳魚を釣ったポイントでカワハギが釣れるとのコメントを頂きました。^^;


箱崎埠頭北岸もなかなか広大です。


教えて頂いたからには出陣せねばなりますまい!


クルマのトランクには昨日の使いかけのアオムシも半分ぐらい残っていますし・・・・。


午後の3時過ぎに、昔はよくカレイ・アイナメの投げ釣りをやった勝手知ったるポイントに直行しました。


ところが、あいにく釣り場は土曜日と言うこともあり、たくさんの釣り人がいました。


アミカゴ付きの胴付き掛けで、カワハギを釣っている男女のグループもいましたが、それほど釣れていません。


私も仕掛けを用意して竿を出しましたが、昨日のアオムシの残りはグッタリとしています。(涙)^^;



ハゼが3匹釣れましたが、このポイントを諦めて、昨日釣ったどん詰まりのクルマや家電の産業廃棄物処理場のすぐそばに移動しました。


GEDC6657.jpg


実はこのポイントは個人的に好きなポイントで、ここで自己記録の34センチのタケノコメバルやたくさんのメイタ~チヌ、ヒラメまでも釣ったことがあるんです。


金網に近づくにつれて、段々深くなるかけ上がりのあるポイントです。


不思議なことにはやと丸が出ています。


GEDC6660.jpg



運よく香月釣具のクルマも来ましたので、アオムシを50グラム購入して、沖防に渡る数人の釣り人達が何を狙いに行っているのかを聞きました。


GEDC6661.jpg



メイタ~チヌ、セイゴ~スズキ、クロなんだそうです。


こんな寒い時期に半夜釣りに出かけることに驚きを隠せませんでした。^^;


確かに今年は、メイタ~チヌが壊滅的に例年の鉄板ポイントですら全くアタリませんでした。


いさえすれば釣れる魚ですから・・・。


よほどメイタ~チヌが釣りたかったんでしょう。


それにしても、こんな寒い日の夜にまでメイタ~チヌを狙いに
ワザワザ沖防に渡る人がいるとは、恐るべし!!です。


くたばりそこないの昨日のアオムシを海に捨てて、活きの良いアオムシをハリに刺すと、いきなりカワハギと昨日よりも大き目のキスがヒット!


GEDC6658.jpg



活きの良いエサは大切です!!



暫くしてもう1匹のカワハギを追加。


GEDC6659.jpg



そうしているうちに、前打ちでキスが釣れましたが、海面から上げる時に逃げ去っていきました。^^;



惜しくもなんともないのですが、長めに付けていたエサを飲み込んで、ハリには掛かっていなかったようです。



ここまでは昨日とほぼ同じ展開で、今日もカワハギ2匹か????などとぼやいていると、大きいのですが、カワハギとは違う妙なアタリがありますが、ハリに掛かりません。^^;



カワハギですら掛かる小さめのカワハギ3号のハリに掛からないヤツの正体は何なのか?と思いつつも、そのポイントを寝かせるために5メートルぐらい離れたところで竿を出すと、竿先がカツカツ・・・・と小刻みにアタリます。



チイチイフグはここまで大きくて断続的なアタリ方をしません。



頃合を見てアワセますと、壁際に沿って全力で逃げようとするカワハギの手応えが!!



何とか3匹目をゲットし、その後すぐに1メートルぐらいずれたポイントで4匹目のカワハギをゲットしました。



しかし、辺りはすでに薄暗くなり始めています。^^;


GEDC6666.jpg


先ほどアタリがあってハリに掛からなかったポイントを攻めるべく、仕掛けを変えました。



と言っても、ハリをカワハギ3号から袖型9号に交換しただけですけど・・・。



太目のアオムシを5センチほどの長さでハリに付け、妙なアタリがあったポイントを探りました。



竿先にゴツンゴツンと重みのあるアタリがあり、竿先が徐々に曲がっていきます。



アワセますと、カワハギでもなく、メイタでもない、セイゴとはまるで違う引き方をします。



壁際を伝って結構引くなかなかのファイターです。



海面まで上げて、ミチイトをもってブリ上げると、ヤツの正体はこの方でした。



GEDC6662.jpg



湾奥では狙っては釣れない&神出鬼没の20センチオーバーの丸々したアラカブです。



驚くようなサイズではありませんでした。



たまに限りなく30センチ近い丸々した船でもなかなか釣れないようなアラカブが私のペランペランのハンドメイドの竿に掛かることがあるんです。



アラカブが食って来る時は、釣りには良い潮の時だと経験則から思います。



薄暗くなってからも同じポイントを探りますと、底付近でこいつが強烈にアタリました。


GEDC6668.jpg


たかが、手の平以下のサイズのマダイですが、チャリコと呼ぶのかどうかは別として、結構引いてくれました。


大きなマダイがおらんかな~!!??と思いつつも、壁際を探っていると、昨日セイゴが釣れた程度の浅いタナで、結構引きを楽しめる魚がハリに掛かりました。


35センチ程度のセイゴかな?と思いつつ竿を捌いていると、どうにも違います。


正体はこの方でした。


GEDC6669.jpg


昨日対極のいちばん左側のポイントで釣れたのと同じサイズの2歳魚のキビレです。



小さいくせに良く引きました!!



次にエサを付け替えてポイントを探りますと、何かに根掛かりしてハリスごとなくなりました。



6時を過ぎて真っ暗にもなっていますし、仕掛けを修復して釣るには寒すぎます。



メバルがガンガンアタッてくれれば仕掛けを作り直したのですが、そんな気配もなくここでTHE END=納竿です。



GEDC6670.jpg



釣果からは釣る時間を考えると、効率が良い釣りとは申せませんが、散歩がてらには楽しめました。



帰宅後にすぐに風呂に入り記事を書いていますが、この時間にも沖防で竿を出している方がいるはずです。



大物が釣れることをお祈りいたします。







スポンサードリンク

まとめ

ブログのコメントのありがたさが身にしみた私

カワハギは既に沖に去った!!」と勝手に思い込んでいた私にコメントがありました。


前回中央埠頭でカワハギのボウズを食らった私にありがたいことに慈悲の手を差し伸べてコメントを下さった釣り人がおられます。


今日はその方のコメント通りに箱崎埠頭北岸に向いました。


GEDC6633.jpg



あいにく北よりの風が強く、とても寒い一日でした。


薄手のタートルネックに、シャツを着て、薄手のコートを着ても、薄ら寒い!!!


薄着じゃ~寒いのは当たり前ですけど!!


空は鉛色でどんよりしていて、今にも雨が降りそうな天気です。


私はこんな天気が大嫌いですし、寒い冬が大嫌いです。


まさに寒くなるような兆しを思わせるよからぬ&けしからん天気でした。(汗!)


エサのアオムシをハリに付けて、海底まで落とすと一番先に釣れたのがこの方。


GEDC6634.jpg



5センチ程度のチビメバルです。



良くハリに掛かったもんですし、チビのクセに太目のアオムシに食いついたものです。



撮影を含めても10秒ぐらいでリリース!!



次に釣れたのはこの方。


GEDC6635.jpg


手の平の中で魚体をクネクネさせるキスです。


たいした大きさでもありませんしが、数が釣れるかも?と思ってビニールバケツに入れましたが、これ1匹のみ!!(涙)


相変わらず、コイツラがどこに行っても多いです。


GEDC6637.jpg


エサを秒殺でとるし、たまにハリごと食ってハリを交換せねばならない厄介なヤツです。(涙)


もう、生涯見たくない!!と思っても、次々に現れます。


学生時代に求めよ!さらば与えられん!!と学んだ言葉がウソに思えます。


求めていないのに、コイツらばかり!!


エサと時間のムダでしかありません。


釣り場についてやっとカワハギが釣れました。


GEDC6638.jpg


中央埠頭のカワハギよりも僅かに大きく、身も厚い気がします。
(時期的なものでしょうが・・・・!!)


でも次が続きません!!


10匹程度のチイチイフグとアナハゼなどが釣れるだけで、本命のカワハギは1匹追加の2匹のみ


暗くなるとカワハギは釣れないので、場所を移動して箱崎埠頭随一のポイントで竿を出しました。


ここから見た先端部分です。


GEDC6641.jpg



アオムシを長めにハリに刺すと、1投目から釣れたのがこの方。


GEDC6642.jpg


キビレの2歳魚です。



ビニールバケツに入れたものの、すぐにリリースしました。



でも・・・、後が釣れないので、場所をまた移動。


GEDC6649.jpg



箱崎埠頭最西側の通称バナナ埠頭です。


ここはサーチライトが照らさせていて、夜でもライト無しで仕掛けを作れる博多湾きっての人気ポイントの一つです。


いつも誰かが釣りをしています。


もうそろそろメバルがいてもおかしくはない!!と思ったのですが、メバルなどでしかありませんでした。(涙)


釣れるのはコイツらばかり。


GEDC6648.jpg

GEDC6651.jpg

GEDC6655.jpg


メバルがアタらないので、ここで納竿。


時間は夕方の7時前です。


寒くて、寒くて!!


メバルがガンガン釣れれば、寒くても狙う価値がありますが、
チビセイゴとチビキビレをいくら釣っても、意味がありません。



カワハギがいつまで釣れるのか?が問題でもあります。



カワハギがたった2匹ですが、
釣れただけマシです。



寒くて釣れない不毛な博多湾の季節がもうすぐ??































スポンサードリンク

まとめ

荒涼と化した須崎埠頭の現在の釣果

昨日購入したアオムシを持って、須崎埠頭に直行しました。


今日も夕方の6時過ぎに家を出ました。


必要なアイテムはこれだけです。

GEDC6184.jpg

いつも、これだけです。(汗!!)


GEDC6193.jpg


夕日がとても綺麗でした。


ここから眺めると、ちょうど能古島と志賀島の間に太陽が沈んでいく感じです。


私にとっては見慣れた風景と言えばそれまでですが、いつ見ても良い気分です。


数人の方がコウイカを狙っています。


GEDC6192.jpg



「コウイカ釣れますか?」と尋ねますと、
今日は全く釣れんとよ~!!」とのこと。


その「今日は全く釣れんとよ~!!」との声に私は一瞬フリーズしました。


かれこれ20年ほど前に、今は立ち入り禁止になっている須崎埠頭の東側でお互いよくスズキの置き竿釣法をしていた方だったのです。


もちろんお互い名前は知らないのですが、共通の知り合いの方をご存知なようでした。


私もあれから・・・・・、20年ぐらい年を重ねましたし、その方も昔の面影があるものの、かなり年を重ねたようです。


30分近く竿を置いて、昔話や近況について語り合いました。


その方が言うには「沖防ですらメイタ~チヌもあまり釣れていないゲナ!!」とのこと。


昔良く通った立ち入り禁止のポイントに入りたか~!!」という彼の言葉に、深く共感を抱きました。


昔はくさ、3月の20日前後に置き竿でチヌの56センチ、2700グラムば釣ったとばい!!」と。


私も東側ではド干潮の時に、込み潮にエサを乗せて、オーバーハングになっている支柱回りを攻めていました。


知っている人しか絶対に釣れない独特の釣り場の特性と釣り方」があったのです。


そんな話をしながら際を狙っていると、浅いタナでアタリが・・・!!


何だろうと思って、アワセますと、一足早い梅雨グロ??


GEDC6195.jpg


13センチ程度です。


こんなに早い時期から湾奥にはクロが付く事に少し驚きました。


例年お盆過ぎから9月いっぱいは湾奥の点在するポイントでは、手のひらから足の裏ぐらいまでのクロが釣れることがあります。


この時期に入ってきて、夏場のサビキ釣りのアミを大量に食べて、10月ぐらいに博多湾から出て行くのでしょうか?



その後も同じ大きさぐらいのクロが数枚釣れました。


風が強く、波も高くなり、「魚が釣れそうな気配」を感じませんので、潔く早々と納竿。


20年ぶりぐらいにお会いした「元須崎埠頭の常連さん」との会話に懐かしさを感じました。


夜は5月下旬とは思えぬほど寒くて、車の中に入れてある防寒用のコートを羽織りました。


須崎埠頭もサッパリ!!と言う感じは否めませんでした。

















スポンサードリンク

まとめ

博多どんたくなどまるで興味がない私は箱崎埠頭に行きました!

昨日はで、今朝も天気が悪かったのですが、昼から晴れてきましたので箱崎埠頭に行ってみることに致しました。


随所に釣り人がいます。


バナナ埠頭のどん詰まりでは数人の釣り人がサビキ釣りでコノシロを釣っていました。
GEDC6133.jpg


ワイワイ、ガヤガヤ・・・と!!


楽しそうに釣っているので、見ている私もニンマリです。


釣る魚が何であろうと、
釣り方がどうであろうと、
楽しいことが一番です。


反対側にも釣り人がズラリ。
GEDC6134.jpg



コウイカをエサで釣っている方もいれば、
エギを投げている方もいます。



コウイカの墨の跡が埠頭の際に点在しています。
GEDC6139.jpg



例年ゴールデン・ウィークぐらいからコウイカ釣りが盛んになります。



箱崎埠頭のはやと丸岸壁の並びに行ってみました。



アベックの釣り人が多いことに少し驚きました。
GEDC6136.jpg


さすがに女性だけの釣りグループはいませんが、
博多どんたく真っ最中にあえて釣りに来る女性も感心します。


少し、羨ましく思いました。


今から30年も昔のお話ですが、
私も妻を連れて、釣りに行っていたのですが、
妻は基本的にアウトドアが苦手で、
・トイレがない
・日焼けする
・海に落ちたらアブナイ
・アオムシなんて見るのも嫌い
・・・と、釣り人の敵みたいなことばかり言っていた記憶があります。


釣り場に着いた途端に、
「何時まで釣りすると?」だとか、
「いつ帰ると?」だとか、
言われるとヤル気のパワーリザーブが0%になります。


心が停止してしまいますので、妻を釣りに誘うのは辞めました!!^^;


そのくせ、魚が大好物なんです。^^;


薄暗くなる前に仕掛けを作って、箱崎埠頭のバナナセンターでイトを垂らしていると、
Kさんが来られました。


「メバルが釣れよるよ~!!」とは言うものの、
まるでアタリもありません。


北西の風が強く、白波が立っていて、コートを羽織っても
寒くてたまらないほどの寒さです。


Kさんにお別れの挨拶をして、中央埠頭の某所に向いました。


大潮の満潮寸前と言うこともあり、状況はよろしくありません。


食いがデタラメ渋い!!


アタリはあるのですが、なかなかハリに掛かりません。


ようやくハリに掛かったのは何のことはない25センチ程度のセイゴ
GEDC6143.jpg


速攻でリリースです。


次に待望のメバルらしきアタリがあるのですが、
ハリに掛かりません。


モヤモヤの連続です。


やっと釣れたのがこのメバル。
GEDC6141.jpg



13センチぐらいで、キープサイズではなく、即リリース。



それから20~25センチ程度のセイゴは釣れるのですが、
すぐにリリース。


やっと2匹目のメバルをゲットしました。
GEDC6145.jpg



これまた、15センチはギリギリあるか?ないか?程度なので、リリース



今日の釣れ方の不味さはガン玉をあまりにハリに近づけ過ぎたこともありそうです。



散歩みたいな釣りですから、数にも型にも基本こだわってはいません。



回数を重ねれば、「お持ち帰りの魚」も、たまに釣れるぐらいの期待感です。



妻もまるでアテにもしていません。


ボウズにならなかっただけでも、ありがたい一日でした。












スポンサードリンク

まとめ

カレイ釣りを断念し、バナナ埠頭に向いました

投げ釣りでアタリの「ア」の字もなかった私はすぐ近くのバナナ埠頭に行くことにしました。



どなたかが投げ釣りをしている様子。



いや、よくよく見ると、オモリをつけて遠投の練習をしているだけの様です。


170メートルぐらいの距離を投げるそうで、オモリがどこに落ちているのかがサッパリ分りませんでした。


その横で常連のKさんが何やら話しかけているので私も話しに加わりました。



久しぶりにお会いしたKさんですが、まだ夕方の5時過ぎなのに、既に出来上がっている様子でした。



私が「釣りをされないんですか?」と尋ねますと、
何も釣れんとに、釣りやらするもんか!!」と笑いつつ帰って行きました。^^;


確かに・・・・!!



夕陽がキレイでした。



GEDC5939.jpg



Kさんが帰られた後は投げの練習をしているTさんと釣り談義に興じました。



竿は出すことは出したのですが、釣りをすることもなく1時間半ほどTさんと釣りの話に花を咲かせていました。



GEDC5941.jpg



Tさんはキス釣りの大会に度々出るらしく、キス釣りを始めて15年ぐらいキス一筋なのだそうです。



サーフ釣りの魅力を語られていましたが、Tさんの話をうかがって、私もあまり好きではなかったサーフからの釣りを改めて見直しました。



普段は枝バリが20~30本付いた仕掛けを投げるのだそうです。



調子の良いときは3時間で120匹ほどのキスを釣ると言うお話にも驚かされました。



豊前海のアオギスのお話も面白かったですし、キス釣りの最中のフラットフィッシュのお話も参考になりました。



Tさんが帰り際にまだ釣具の量販店では売られていないあるテンビンを私に下さいました。


GEDC5942.jpg


なんとも妙な形をしているテンビンですが、このテンビンを使うと、小さなキスでもアタリが鮮明に分かるのだそうです。



結局竿は出したものの、Tさんとお話ばかりして、せっかく竿を出したので、10分ほどメバルを狙って見ましたが、
反応はありません。


GEDC5940.jpg



もちろん私以外に誰もいません。


多くを語らずしても、釣り場に誰一人いないことが今現在の博多湾の湾奥の状況を雄弁に語っています。



昼間は暖かくても、さすがに2月だけあって、夜は寒いに決まっています。



スポンサードリンク

まとめ

20年以上も前の箱崎埠頭のカレイ釣りの1級ポイントで竿を出しました!

今日は久々に良い天気でした。


2月とは思えないほど暖かくて、夏の日差しを感じるような天気でした。


夕方に向っての下げ潮と言うことなので、名島神社の前はパスし、20年以上も前の箱崎埠頭のカレイ釣りの一級ポイントに向って竿を出すことにしました。


GEDC5930.jpg


今の20代や30代の釣り人はご存じないかもしれませんが、この立ち入り禁止の場所こそが20年前のカレイ&アイナメの博多湾きっての1級ポイントだったのです。


船をロープで結ぶピッチの手前から2番目の竿3本ぐらい先が20年前はカレイ、アイナメ、セイゴ、ハゼ、手長ダコ、ギンポなどが入れ食いで釣れたポイントです。


投げる方向は違いますが、こちらから投げれば何とかなるのではないか?と思って、飛距離が出るタックルで望みました。


GEDC5931.jpg



1本は壁際スレスレ、
もう1本はそこから10メートルほど離れた場所、
更にもう1本は2本目から10メートルぐらい離れた場所に、
コントロール良く投げ分けました。


我ながら自画自賛!!


GEDC5934.jpg



後は、時折リールを巻いて竿先を見るだけ・・・!!



クルマの中から竿先を見るのがカレイ釣りの常套手段です。^^;


GEDC5936.jpg


ですが、待てど暮らせど、アタリは皆無!!


時折リールを巻いたり、仕掛けを回収して別方向に投げて、アタリを待ちます。


ですが・・・・・・・・!


竿先に何のアタリもありません。


1時間半ほど何度か投げましたが、音信不通、魚信なし。


ちっともアタリません!!


GEDC5938.jpg


アタリのアの字もないまま釣りを断念することに致しました。


20年前の1級ポイントも今ではハゼすらいない海底と化していました。


なんだか寂しい限りです。


付けたエサがそのまま残っています。


ハリの数だけ簡単に釣れていたカレイが今では博多湾の湾奥では「幻の存在」となってしまいました。


昔の記憶だけが脳裏に焼きついている年老いた釣り人は次の釣り場を目指すことにしました。




スポンサードリンク

まとめ

昔の箱崎埠頭の一級ポイントがまたしても工事中

日頃の行いが良いにも変わらず?休みの日は悪天候で、仕事の日は良い天気です。^^;


東区に用事がありましたので、ついでに箱崎埠頭に寄って見ました。


天気が良いにもかかわらず、バナナ埠頭には釣り人は皆無


ですが、いつもの釣り場には数人のご年配の方が竿を出されていました。


GEDC5920.jpg



このポイントは昔は良くカレイやアイナメが釣れたポイントです。


潮通しが良いポイントで、砂地に根が点在していることと、海への不法投棄が多い場所でもあったことから、いろいろな魚が棲みついていました。


ですが、今は昔の面影もありません。


私も数年前にここで投げ釣りをしましたが、根掛かりばかりで「釣りにならない場所」と化していました。^^;



ですが、ここで釣りをされている方を見ますと、妙に気になるのです。



私はほんの数分しかいませんが、入れ替わり立ち代わりここで釣る人がいると言うことは、何かが釣れているのかも?しれません。


しかし、それでも尚1投ごとに根掛かりするようなポイントで、竿を出したいとも思わないのです。


ほんと、何が釣れているのか?興味が湧きます。


驚くことに、先端部分がまた工事中です。


GEDC5924.jpg


また何を作ろうとしているのかは不明ですが、目を離すと柵が出来たり、鉄板が立っていたり、よほど釣り人を締め出したいのかどうか分らないような工事をしています。



確かに港湾作業をする方にとっては釣り人は邪魔かもしれません。



ですが、1級ポイントがことごとく「立ち入り禁止」になって久しく、釣り人は博多湾の湾奥での釣りを楽しむことが出来る場所がドンドン少なくなっています。



経済発展の為に釣り・釣り人などどうでもよいのでしょう。^^;



そのうち博多湾の湾奥全域で釣りが出来なくなるようになったら、それは、・・・・悲しい













スポンサードリンク

まとめ