室見川河口の記事 (1/1)

室見川の河口でアラカブ釣りをしていたら後輩二人がやってきてビックリ!

過日勤務先の後輩S君が、室見川の河口に位置する愛宕浜の防波堤でアラカブを釣った写真をLINEに載せてきたのを参考にして、連休の初日の今日、随分久しぶりに愛宕浜の防波堤を訪れました。

GEDC1039.jpg


この場所では、かなり以前にBBQを当時の釣り仲間とした記憶があります。


トイレがすぐ近くにあり、水も調達できるので便利でしたが、あいにくその時は風が強く、砂が舞っており、口の中が砂でジャリジャリした苦い思い出だったとも記憶しています。(まさに砂を噛むような想い出です。)


GEDC1042.jpg


福岡タワーやヤフオクドームが見えるこの釣り場は、いかにも福岡市を代表する景観です。


GEDC1043.jpg
日曜日とあって、下げ潮にも関わらす、若者たちがアチコチでルアーでシーバスを狙っていましたが、ロッドが曲がることはありませんでした。

DSC_0167.jpg
(吹き流しが真横になっていることに注目です!)

私が到着した時間は西風が凄く強かったのですが、夜が近づくにつれ、風はすっかりおさまり、釣りやすい状況になりました。

DSC_0168.jpg


しかし、夕マズメになっても、アタリの「ア」の字すらありません。(涙)


夕暮れ時になれば、セイゴやメバルも混じるのでは?という予想とは裏腹に、何もアタリがないまま、いたずらに時間が過ぎていきました。


そうこうしていると、勤務先の後輩のG君が現れて、お互いビックリ。(苦笑)


後からもう一人の後輩のS君も来るとのこと。


薄暗いマズメ時が過ぎ、真っ暗になってからようやくアタリがありました。
GEDC1053.jpg


やっと1匹目のアラカブ。^^;


そうこうしていると、ジグヘッドにアジング用のワームを付けて底付近を探っていたG君にもアラカブが!!
GEDC1054.jpg


テナガダコがやたらと多く、4匹ほど海面まで浮いてきてはバレることの繰り返しでしたが、やっと1匹だけ釣れました。
GEDC1056.jpg
(バラしたテナガタコも含めて、みんな大きなサイズのテナガダコです)


GEDC1058.jpg
そのあとも、散発的ながらアラカブを釣り足しました。


そのうち、G君とS君は、寒いからと言って帰り、明日が休みな私は、少し粘ってこの釣果。
GEDC1063.jpg

GEDC1060.jpg

あいにく15時37分が満潮で、ド干潮が22時54分の下げ潮でしたが、狙い方次第ではまだまだ釣れそうな気もしましたが、21時半で納竿。

久しぶりに、私はあまり寒くもなく、少し退屈する程度の間隔でアタリもあり、釣りをした気分になれました。


惜しむらくは、まだまだ大好きなメバルが近づいてきていないようです。(


DSC_0170.jpg


スマホで撮影したために、なんとなくピントがずれてボケていますが、夜景がとてもきれいでした。


キレイな夜景を見ながらの釣りは、多少寒いものの・・・・癒されました。





スポンサードリンク

まとめ