志賀島方面の記事 (1/1)

フラットフィッシュ狙いで志賀島まで行ってみました!

夜の8時ぐらいが満潮との潮なので、志賀島のサーフからルアーでフラットフィッシュでも掛かれば!と思って行ってみることに致しました。
GEDC1652.jpg


お子さんを含めて4人ほどの先客が先端付近で釣りをしていました。


GEDC1653.jpg


ご家族でキス釣り&ミズイカ狙いに来られているファミリーがいて、奥さんと女の子は投げ釣りでキスを狙い、ご主人はヤエンとエギングでミズイカを狙っていました。


GEDC1654.jpg


波止には新しい墨跡が結構ありました。


DSC_0315.jpg


先客から離れたポイントで、ルアーを投げてみました。


まずは定番の飛距離が出るリサーチ用のメタル・バイブレーション
DSC_0314.jpg
色々な角度と距離に20回ぐらい投げてみましたが、掛かるのは海藻ばかり!!(涙)


次はオーシャン・ルーラーのボトムアルティメイト
DSC_0316.jpg
これもかかるのは海藻ばかり。


仕方なく、オンスタックルのマナティと、波動ジグのジグヘッドリグで周囲を探りました。
DSC_0317.jpg


ですが、アタリの「ア」の字もなくルアーフィッシングを断念。(涙)


久しぶりに漁港でエサ釣りをしてみました。


GEDC1664.jpg


薄暗くなると小メバルの入れ食い!!
GEDC1676.jpg


型の良いのが釣れそうにもなく、釣った魚をリリースして箱崎埠頭のとあるポイントに立ち寄ることに致しました。


これまでに記事に書いたことすらないピンポイントですし、釣れても数匹しか釣れないポイントですが、手ぶらで帰るのは気が引けますので、ちょいと寄ってみることにしたんです。


1投目から竿先を絞り込み、穴ぽこに入り込んで出てこない魚を無理やり引きずり出して釣れたのがこちらです。
GEDC1679.jpg


更にもう1匹追加。
DSC_0319.jpg


妻へのお土産がどうにか確保できました。^^;


志賀島の夜釣りは、アタリが凄くてその気になったら小メバルが何匹釣れるのか想像もつかないほどいました。(驚)


糸島の各漁港や志賀島をはじめとする玄界灘に面した漁港でも小さなメバルばかり!!


これらのメバルは、大きくなったら、どこにいくんでしょうか?


スポンサードリンク

まとめ

DUOのビーチウォカーハウルとオンスタックルのマナティを持って志賀島に行きました

中洲ジャズの2日目の9月9日中洲の清流公園で夕方の7時20分から女優の高岡早紀さんのステージがあるのが分っていたにもかかわらず、DUOのビーチウォカーハウルオンスタックルのマナティを使って狙いたい魚がいるので、志賀島に行ってみることにしました。







女優の高岡早紀さんのステージは、二度と見れないかもしれないのを承知で・・・・・。^^;


海水浴場がある赤灯台の漁港の最先端からDUOのビーチウォカーハウルでフラットフィッシュを狙うことと、弘漁港からオンスタックルのマナティアコウを狙ってみたかったのです。^^;


アコウは船からですと、ヒラメ釣りの嬉しい外道としてアジゴをエサにした泳がせ釣りで結構釣れるのですが、オカッパリからそれなりのサイズを釣ってみたいと言う気持ちがありましたので、オンスタックルのマナティを探していたんです。


なのでまずは、海水浴場がある赤灯台の漁港の最先端に向いました。


ところが、通路には漁師さんの網が置かれていて、乗り越えようとすると、凄い異臭得体の知れぬハエの大群が湧いていて、とても乗り越える気にはなりませんでした。
019_20170910223830b99.jpg
(画像では匂いが伝わりませんが!)


臭いのなんの!!!(涙)


この世のものとは思えぬ腐敗臭に頭が真っ白になり、Uターンしました。^^;


漁港ではファミリーが楽しそうに、ワイワイと何かを楽しそうに釣っています。
018_20170910223832a7a.jpg


近くに寄ってお話をしますと、チャーリーを楽しそうに釣っているではありませんか!
020_201709102238323fa.jpg


いろいろな料理法を聞きましたが、我が家のポセイドンが怒り狂いそうなお話でしたので、様子見に来ていたネコちゃんに挨拶をしてその場を去りました。^^;
kako-uCbjrSIZHtClXcxy.jpg


それから時計回りとは反対に弘漁港を目指しました。



ですが、弘漁港では土曜日とあって釣り人がたくさん。(涙)
nokonokoturi.jpg


ルアーを投げている方はサゴシやネリゴなどの青物狙いの方ばかりでした。


私が入りたい釣り場は当然先客がいて、ここでも釣りを断念せざるを得ない状況でした。
007_20170910225917078.jpg


仕方ないんで、予備に買っていたアオムシで国民宿舎の跡地の先端部分のテトラ周りを探りますが、釣れるのはやはりこの方たちばかり・・・。(涙)
024_20170910234221b9e.jpg

023_201709102342210a6.jpg



アラカブでもいないか?と思いつつ、すぐにエサに飛びついては釣れるのがチャーリーばかりなので、この場も速攻スポイル。



箱崎のバナナでもこの方々。
014_20170910234855473.jpg


ここも10分ぐらいでスポイル。



エサがたんまりあるので、東浜によりますと、少しマシな2歳魚のキビレが・・・。
026_20170910234855887.jpg



まともに釣る気にもなれずに、アオムシを海に放流して納竿。



こんなことなら、女優の高岡早紀さんのステージを見とけば良かった!と夜空を見上げても、どうにもなりません。



結局、DUOのビーチウォカーハウルとオンスタックルのマナティは登場することなく、納竿となりました。



でも、この程度の些末なことぐらいで、後悔も反省もしないのが安近短の釣りバカの掟です。



次はいつどこに行こうかなぁ~?ぐらいしか考えていないのです。^^;








スポンサードリンク

まとめ