姪浜界隈の記事 (1/1)

シマイサキが釣れる博多湾のレアポイントは健在でした!

小戸のヨットハーバー横の波止ではメバルの「メ」の字のアタリもなく、不気味な女性のすすり泣きのような音がするために、G君にメバルポイントを教えようと思いまして、超が付くほど久しぶりに姪浜漁港に行って見ることにしました。


いつものように竿を後部座席の窓からポイと立てたまま姪浜漁港に直行。^^;


一番奥のメバルの鉄板ポイントで竿を出しましたが、メバルが全くアタリがありません。(驚)

GEDC0323.jpg
ここでG君がアラカブをゲットし、私も30センチぐらいのメイタがハリに掛かって浮いてきたのですが、小戸の防波堤で擦れまくってハリスがプッツン!


周囲を探っても、給油所の前付近を探ってもまるでアタリなし!!(驚)


GEDC0320.jpg
仕方ないので中波止に向かいました。


ここは昔よくメバルを釣ったポイントなんですが、ここもさっぱり!(涙)


ここまで環境が変わったのか?と半ば呆れながら探っているとアタリがあり、明らかにメバルではない引き方の魚。


釣り上げてみて、久しぶりに見たシマイサキに何かしらの郷愁を覚えました。
GEDC0329.jpg

私が知る限り博多湾ではほとんど釣れないシマイサキが姪浜漁港のこの中波止だけで、なぜか釣れるんです。


姪浜漁港内でもこの中波止しか釣れないんです。


先端に行き、中層でアラカブをゲット!
GEDC0318.jpg

GEDC0321.jpg


ここで仕掛けが根掛かりし、時間も9時ぐらいで、あまりの寒さに作る気にもならず納竿。^^;


姪浜漁港からの懐かしい景色を再び瞼に焼き付けました。
GEDC0322.jpg

GEDC0325.jpg


結局小戸と姪浜に行って釣れたのがこちら。
GEDC0326.jpg


貧果ですが、家に持って帰れるアラカブが4匹釣れただけ幸いでした。


興味本位でシマイサキも持って帰ってみることにしました。


以前食べたシマイサキが、どんな味だったのかはまるで覚えていません。^^;


ここに書いてあることがどうなのか?と思い検証してみることにしました。
ぼうずコンニャクの魚貝類図鑑


しかし、久しぶりの小戸~姪浜釣行は激寒でした!!


「こんな寒い日に釣りに行かんでも・・・よかろうもん!!」という妻の言葉が心に沁みました。^^;


「家庭の暖かさ」を感じるために、男はあえてひどい環境に身を置くことってないですか?


そんなことがないほうが、良いですけど・・・。


スポンサードリンク

まとめ

マリナタウンの釣り場はファミリーフィッシングパラダイスでした!

今日は釣りはパスして姪浜界隈に向いました。


途中寄ったのはこちら。

001_20161015215507af8.jpg

糸島方面に釣りに行く方はお馴染みの釣具屋さんです。

002_2016101521550885d.jpg

なんか~いいもんあるかいな?と思ったら、私にはなかった・・・!!(涙)


私には、ないだけです。^^;


姪浜の漁港に行ったら、いつの間にか入るのに駐車料金が取られるようになっていました。^^;


004_20161015231617115.jpg


かなり、暫く、ここには来ませんでしたので、知らんかった!


マリナタウンの釣り場に行くと、ファミリーフィッシングの親子連れの方がたくさん。


046.jpg


釣り人口が減少していると言われているのに、ここは別天地ですバイ。(笑)


城南区や早良区・西区と糸島方面の釣り人も案外多いはず。


トイレや手洗いも完備しているので、ファミリーフィッシングにはピッタリです。


随分昔のことですが、私も妻と息子と職場の女性を連れてここによく行ったもんです。^^;


帰り際に99%の多くの釣り人とはオーラが違うアングラーに遭遇!!
065.jpg


たしかこのアングラーは、昨年私が知る限り58センチオーバーのチヌを釣り上げた方です。
(ここ10年では博多湾レコードのチヌで、ロクマルは私が知る限り釣れていません!)


私が昔良く探っていたポイントで竿を出していました。


このポイントはほぼ99%の釣り人が竿を出したりしません!!


流石でございます


動物的な嗅覚が私と似ていらっしやいます。
(私はヘボ釣り師ですけど・・・!)


姪浜漁港の駐車場は1時間100円なので、それに間に合うようにいろいろと散策しました。


今回は釣具は無しでです。


時間一杯アチコチ歩きまわって、その後も荒津オイルセンターを観てまわり、須崎埠頭を見てまわり、中央埠頭も見てまわりました。


で、結局昨日買ったアオムシが推定20グラムほどトランクに入れっぱなしでしたので、箱崎埠頭のポイントに行きました。


086.jpg
カッコイイ大型客船が停泊してました。


相変わらず釣り人が多く、限られた場所でしか竿を出せません。^^;


釣果はたいしたことはないです。
087.jpg


アオムシの尻尾の部分ばかり残っていたので、アジゴは何匹か釣れましたし、底まで落とすとハゼが良く釣れました。


メイタとセイゴはでませんでしたが、憶病なメバルを2匹釣る事が出来ました。
088.jpg

089.jpg


昨日も数は少ないのですが6匹釣りましたので、今日はリリース。
(連ちゃんで同じ魚を持って帰るのは我が家ではタブーとなっています!)


たったの20グラム程度のエサもなくなり、強制納竿していると、なぜかパトカーが数台、消防車が数台サイレンを鳴らして来ました。


場所を間違えたようで、カッコイイ豪華客船の方に向っていきました。


何が起きたのか?分らないままに釣り場を後にしました。^^;


帰り際にクルマの中で聴いたのはこの曲。





マッコ・イタイナーを知る人には信じられないぐらいオーソドックスで、軽やかです。


「バラードとブルースの夜」というインパルスレーベルからのアルバムの1曲目の「サテンドール」です。


若かりし頃のマッコイ・タイナーのピアノはシンプルです。


帰宅すると、昨夜釣った25センチ程度の小さなセイゴの刺身を造っていました。(驚!)


090.jpg


あんな小さなセイゴを刺身にするとは、私の妻ながら恐るべしです。


















スポンサードリンク

まとめ