タックルと釣り小物についての記事 (1/1)

AbuGarciaは私にとっては特別な憧れのブランド

過日歯医者通いが一区切りした嬉しさのあまり、近所にあるキャスティングに寄って釣具を購入したと書きましたが、ちぬころクローは単なる好奇心で、本命はこちらでした。


003_20160721232515207.jpg



長く探していた振り出し式のシーバスロッド



しかもAbuGarciaのロッドだったのです。


004_20160721232516d16.jpg

仕舞寸法も短く、造りとデザインが気に入り、その場で一目惚れして購入しました。


私がかれこれ30年ほど前に、転勤先の東京で一番最初に購入したシーバスロッドがダイワのアモルファスウィスカーの振り出し式のシーバスロッドで、一緒にダイワのトーナメントのリールを購入しました。


当時はそれほどソルトルアーフィッシングが確立されていなく、リールに巻いた3号の透明なナイロンをラパラに直結して釣っていたものです。


これでも、横浜の沖の防波堤からラパラのCD9センチでタチウオやシーバスをかなり釣りました。


さて、AbuGarciaのリールを一番最初に購入したのがこちらのアンバサダー5500C


001_20160721232518a4a.jpg
(クローゼットの中で船竿に付けたまま埃をかぶって眠っています) ^^;


能古島の裏にある象瀬付近で、生きたエビをエサに船からスズキを釣るために購入しました。


このAbuGarciaのアンバサダー5500Cは九十九島のカセ釣りでも大活躍し、このリールだけでマダイを数百枚は釣りました。


次に購入したAbuGarciaのアンバサダーはこちらの150plus


002_2016072123251991f.jpg


長浜の屋台があるところから左折して今現在セブンイレブンがある近くで、ほんの僅かの間開業していた「ポセイドン」と言う釣具屋さんで一目惚れして買ったリールです。


はっきりは覚えていませんが、荒津オイルセンターに釣りに行った帰りに立ち寄った記憶があります。


005_20160721232520430.jpg


小型の上に珍しいカラーリングで即購入しました。


今ではヤフオク等でレアなAbuGarciaのアンバサダーとして売られているようです。


このアンバサダー150plusは輝かしい戦歴はありませんが、チヌやスズキは何度も釣ってきました。


但し、落とし込み釣りには小さいワリに重いのが欠点ですが、巻き取りスピードが早く、ギアのブレは皆無で安心して使えます。


これまで、外国製のリールはペン、オクマ、シェイクスピア・・・なども使ってきましたが、AbuGarciaは私にとって別格のブランドなのです。


今を遡ることおよそ50年ほど前に、初めて自分の小遣いで買った本が釣りの本でした。(苦笑)


そのときにAbuGarciaのリールが載っていて、たしか日本円で当時30000円ぐらいだったと記憶しています。


1ドルが360円ぐらいの時代ですし、輸入品はすべて高嶺の花の時代です。


1日10円で1ヶ月のお小遣いが300円の私にとっては、絶対に手が届かぬ宝石のような存在でした。


こんなリールを竿に付けて釣りがしたい!!」と、子供心に思ったものです。  ^^;


高校生以降は芥川賞作家の開高健氏の本を読み漁り、ますますAbuGarciaに憧れた記憶があります。


でも、この当時も高嶺の花でした。 ^^;


時代は変わり、今ではすっかり国産メーカーのリールのほうが高くなっているような気もします。


今回購入したAbuGarciaのスピニングリールは替えスプール付きで何と4000円ちょい!!


006_20160722000101b9b.jpg


国産品でもあり得ない破格な値段です。


実はルアーで釣りたいサカナが何種類かいて、博多湾外なんですが、ルアーを着々と密かに揃えています。


でも、早起きが苦手で、約束するのが嫌いなグータラな安近短釣り師ですから、気が向かないと行かないかもしれません。


乞うご期待!!など100%申しません。


実際に行って・・・・悲惨な結果で記事を書く気にもなれないかもしれません。 ^^;


ソルトルアーはそのような危険性が隣り合わせです。


サカナがいそうにない海に、ルアーを投げ込んでは巻き取る時の空しさは、まさにStolen Momentsです。





大学生の頃良く聴いたオリバー・ネルソンの「ブルースの真実」と言うアルバムの中の1曲が「Stolen Moments」なんですが、今でもたまに聴く曲で、私にとっての名曲だと私は思っています。


大好きなエリック・ドルフィーのフルート、ロイ・へインズのドラム、ビル・エバンスのピアノ・・・と聴き所がある渋くてカッコイイ曲です。


ですが、ルアーを海原に投げては巻き取るだけのStolen Momentsはなるべく避けたい!!























スポンサードリンク

まとめ