須崎埠頭のシーバスウキ釣りのコツ

例年4月ぐらいから玄界島などで産卵を終えたシーバスが湾内に入り始め、5月6月ぐらいからルアーでもエサ釣りでも良く釣れるようになります。


DSCN1802.jpg



シーバスがヘチで釣れるのは、メバルが良く釣れる3月後半から5月のGWにかけてぐらいで、それ以降はヘチからだんだん離れて竿2本先だとか、もっと遠投しないと夜のウキ釣りなどでも釣れなくなるパターンが多いのです。


ところが今年はいつもの年とは少し違い、早い時期からヘチにはあまり付いておらず、さりとて竿2~3本先などと言うところでも釣れにくく、いったいどこを狙えば良いのか絞りにくい状況だと思います。


もちろんヘチやルアーやウキ釣りなどでも散発的に釣れているのはいるのですが、私の釣り仲間の後輩がウキ釣りでおびただしい数のシーバスを釣りまくっているのです。(驚!)


1559478174734.jpg


1回目の釣行は68センチを筆頭に60センチオーバーが数匹と50センチオーバーが二桁。


1560654425030.jpg


2回目の釣行は55センチが最大でしたが、50センチオーバーが8匹でトータル24匹を短時間で釣り上げたとのこと。


シーバス名人後輩H君のシーバスのウキ釣りの仕方


多くのルアーマンやウキ釣りをしている方がほとんど釣れない中、彼だけが爆釣しているのには秘密があります。


タックルや仕掛けやエサが特別なわけでも何でもないのです。


H君に釣り方を聞いて私も少しビックリ!


ウキ下は2ヒロぐらいで竿1本先ぐらいに投げ込んで、仕掛けを際からかなり接近したところにリールを巻いて寄せて釣るとのことなのです。


ルアーを遠くに投げて広い範囲を狙っている方は釣れません。


ルアーをテクトロなどで釣っている方も釣れません。


ウキ釣りで竿2~3本先やと多くを釣っている方も釣れません。


ヘチ釣りで際を狙っている方も釣れません。




H君の釣り方だけにシーバスが入れ食い状態なのだそうです。


私もこの話を聞いて驚きました。 ^^;


但し、この釣り方がこれからも正解かどうかは疑問です。


ベイトフィッシュがドンドン入ってくれば、状況は一変するでしょうし、シーバスが付く場所も変わると思いますから。


スポンサードリンク