箱崎バナナでメバルハンターは九目釣りの小物釣り師と化した!

明日は台風21号が上陸するとのことで、小雨が降る中を箱崎バナナに向かいました。



案の定ワイパーがいらなくなるほどの天気となり、海はベタ凪です。



大潮夜の10時ぐらいが満潮だったと記憶していました。



潮はともかく、竿を出してみないと分からないのが釣りです。


GEDC0088.jpg
先客がいましたが、サヨリ釣りの仕掛けが見えました。



あんまり釣れていない様子。^^;



GEDC0087.jpg
おもむろに仕掛けを作りゆっくりと自分の釣りを開始。



すぐにアタリがあり釣れたのはこちら。
GEDC0089.jpg


さらに、いつものこちら。
GEDC0091.jpg


コチラもまだ、いやがった!!
GEDC0098.jpg



またこいつか!と思ったら、ちょいと違うウミタナゴ。
GEDC0095.jpg



ハリにエサのアオムシをつけて際に沈めると、必ず何かがアタるのですが、小物ばっか!!^^;



いつもの連中も健在です。
GEDC0090.jpg

GEDC0092.jpg


メイタと言ってもこれじゃ~!!??
GEDC0099.jpg


必ず何かが釣れるのですが、ウンザリするほどの小物ばっか!!



さらに、アジゴとハゼとウロハゼまで登場しましたが、カメラで撮ることさえしませんでした!



そうこうしているうちに、前方から千鳥足の怪しい老人が・・・!!



やっぱ、Kさんでした。



会うなりいきなり、「青年から『おい!鬼ごろしのおっさん、釣らんとね~!』と、挨拶されたんやけど、俺に向かって『おい!』は、ないよね~!?」と、ワケの分からない絡み・・・。^^;



相変わらず、紙パックのお●にストローを指して、酔っ払っていました。(涙)



それから、Kさんはしょ~もないダジャレを連発して、私に付き纏います。^^;



釣りに集中できないだけではなく、すぐそばまで接近してくるので、マジで海に落ちそうな気分になります。^^;



でも、今日はかなり飲んでいるようで、「帰って寝る!」と言い残して、再び千鳥足で暗闇の中に消えていきました。



メバルは釣れそうにもなく、箱崎漁港のこれまで竿を出したことがない船溜まりで竿を出すと、次々に25センチぐらいのセイゴが釣れます。



メバルだったら・・・!!と思っても、現実は違います。



五目どころか、九目釣りの小物釣り師と化しました。



肝心かなめのメバルはどこに行った??






スポンサードリンク

まとめ