箱崎バナナで敬愛すべき「鬼殺しのおっちゃん」ことKさんと久しぶりに再会!

前回のエサが余っていて、妻が「いつまでエサを冷蔵庫に入れとくと・・・!?」などと、若干ヒステリック気味になっていることもあり、気晴らしに箱崎埠頭のポートオブ博多に行きました。


妻を怒らせて良いことなど、30年以上一緒に住んで、一度もなかったことから、妻の逆鱗には触れないようにするべきです!^^;


GEDC2792.jpg

GEDC2791.jpg


フェリーが離れた時間帯以降に、フェリーが離岸するところがポイントとなります。



今日は、いつもの落とし込み釣り仕掛けではなく、メバルの胴付き仕掛けを短い竿とスピニングリールのタックルでセット。


ところが、前回のエサの余りは何と、アオムシ3匹ぐらいしかいませんでした!!^^;


GEDC2793.jpg

GEDC2794.jpg


フェリーが離岸してからポイントを探りましたが、いくらタナを変えても全くアタリがなく、30分ぐらいでこの場を諦めました。


エサも少ないし、とりあえずは、近くの箱崎バナナに行くことといたしました。


すると、後ろ姿ですぐに「鬼殺しのおっちゃん」ことKさんが竿受けを出して、磯竿を出していました。


今日は諦めて??、Kさんの肩に手を当てて「おひさしぶりです!」とご挨拶いたしました。


すると、案の定、30分以上は、「Kさんの一方的なお話」を聞く羽目となりました。^^;(苦笑)


「何を釣ってんですか?」と私が尋ねますと、隣に相席していた方がクーラーの中からこれを取り出して見せていただきました。
GEDC2796.jpg


22~23センチはありそうなアジです。


朝方の3時ぐらいからと、夕マズメから9時ぐらいにかけては、このサイズのアジが数は少ないものの釣れるそうなんです。


相席していた釣り人のお話では、2月後半から3月半ばにかけては、30センチオーバーのアジも釣れることがあるんだそうです!!


今日のKさんは、いつもの「鬼殺し」ではなく、こちらを嗜んでいたようです。


DSC_0718.jpg


話を聞きながら、やっと竿を出しますと、すぐに釣れたのがこちらです。


DSC_0720.jpg


超小さい15センチ程度のミニ・グチです。


小さいくせに、いっちょまえに「グ~、グ~!」と鳴いていましたけど!


更に、ハゼが2匹釣れて、凄い引きがあり、途中でバレてしまいました。


Kさんが「今の何やったと??」と尋ねてきますが、それを知りたいのは私の方です!


再び同じポイントを探りますと、またしても凄いアタリと引きが!!!


スピニングリールをぎこちなく巻き続けますと、竿が極限状態の様に曲がっていて、海面に浮かんできたのは、缶コーヒーぐらいの太さがあるアナゴ!!


タモを取り出すのも面倒だし、釣り上げたところで、どうせリリースなんで、ミチイトを持って抜き上げようとしたら、ハリスが切れて、自動リリース。


またしても、アナゴの話で、10分ぐらいKさんが能書きを語り続けて、私は側で完全な聞き役です。^^;


仕方なく、ハンドメイドの落とし込み竿で仕掛けを作り、ヘチを狙うこととしました。


すぐに、いつもチーバスが釣れ、エサは残りアオムシ1匹。


それをハリに付けますと、20センチ弱のクロが邪魔をします。
DSC_0722.jpg



クロの口から丁寧にアオムシを引っ張り出して、ハリを落としますと、17センチぐらいのプリプリのメバルが釣れましたが、リリース。



Kさんの相棒が帰ると言い出しまして、Kさんも帰ると言い始めました。


DSC_0721.jpg


やっと、ゆっくり釣りが出来るかと思いきや、今日はエサが既にないのです。(涙)


なので、トランクから適当なワームを探してハリに刺しました。


DSC_0723.jpg

DSC_0724.jpg


ですが、15分ぐらい探って釣れたのは、こちらのみ!


DSC_0725.jpg


エサのない私は、この時点で納竿。


やはり、ワームでは狙える魚も狙えません。


ですが、久しぶりにKさんとお会い出来て、楽しい時間を過ごせました。


やはり、箱崎バナナには「不動産の付加一体物」として、Kさんがいないとつまらない気も致しました。


今日はトレードマークの鬼殺しをストローで飲んでいなかったKさんは、いつもよりマトモでした。(笑)


なんだかんだと、釣り場で笑わせて下さるKさんに感謝です!!


Kさんには、いつまでも、元気で箱崎バナナで釣りをして頂きたいものです。


スポンサードリンク

まとめ